40代からの薄毛は、主に女性ホルモンの減少が影響しています


鏡を見た時、つむじや髪の分け目の地肌が見えて、薄毛が気になるようになったという女性が増えています。

局所的に薄くなる男性型脱毛症とは異なり、このような薄毛は「びまん性脱毛症」と言います。

また40代になると、髪のハリやコシがなくなったり、髪が細くなってボリュームがダウンしたりと、若い時とは違うと実感すると思います。

実は、40代からの女性の薄毛は女性ホルモンの減少に起因することが多いです。
髪の毛の成長には、女性ホルモンの「エストロゲン」が大きく関係しています。

エストロゲンは毛根にある細胞を活性化し、頭皮のコラーゲンを増加させて、髪を太く長く成長させます。
それと同時に、髪の成長期を持続させる作用もあります。

しかし女性ホルモンの分泌は、20代後半がピークで、その後徐々に減少し、40代になると急激に減少していく傾向にあります。

そのためホルモンバランスが崩れ、髪の成長期が短くなり、毛髪の量が減ったと感じるわけです。

また最近では晩婚化によって40代での妊娠・出産も少なくありません。
出産によって、一時的にエストロゲンは減少します。

その他にも40代女性の薄毛の原因になるものがあります

ストレス

過剰なストレスも薄毛の原因となります。

ストレスは年齢に関係なく感じますが、40代になると、家庭や職場の問題などによるストレスに加え、体力の衰えもあり、疲労がたまりやすくなるため、若い時にはストレスと感じなかった要因もストレスになってしまうことがあります。

過度なストレスが続くと、血管が収縮されるため、血行不良に陥りやすくなります。
すると髪をつくる毛母細胞へ栄養が届きにくくなり、髪の毛の成長を妨げることになります。

自分に合ったストレス解消方法を見つけ、慢性的に強いストレスを受ける状態は避けるようにしましょう。

髪の毛や頭皮へのダメージの蓄積

ヘアカラーやパーマを繰り返すと、髪の毛や頭皮がどうしても傷みやすくなります。

若い頃は新陳代謝も活発で、多少のダメージなら修復可能だったかもしれませんが、40代以降になると、長年のダメージが積み重なり、かつ修復するスピードも遅くなるため、傷んだ状態が続くことになります。

すると毛根へ栄養が行き届かなくなって薄毛につながっていきます。

またポニーテールやアップなど髪の毛をひっぱる髪型を長期間行うと、頭皮に負担がかかり、牽引性脱毛症を引き起こす可能性があります。

自分でできる薄毛対策を知りましょう


加齢を止めることはできませんが、自分自身でできる薄毛対策はあります。
正しい知識と対処で、薄毛のリスクを減らすことは可能です。

食事

エストロゲンと似た働きをする「イソフラボン」を含む大豆製品を摂取することによって、減少するエストロゲンを補う手助けをします。

また髪の主成分である「たんぱく質」や血行を促進する「ビタミンE」などを含む食品も、元気な髪をつくるサポートをしてくれます。
バランスのよい食生活を心がけることが大切です。

健康的な生活

成長ホルモンの分泌は睡眠中に活発になり、髪の成長を促すので、十分な睡眠をとるようにしましょう。
また適度な運動は新陳代謝を促進し、ストレス解消にもなります。

毛髪と頭皮のケア

40代の女性は頭皮の乾燥や血行不良を引き起こしやすいので、シャンプー選びや回数に注意が必要です。

刺激の少ないシャンプーで地肌を傷つけないように適切な方法で洗い、健康的な髪を育てるために頭皮環境を整えましょう。

薄毛対策の注意点

薄毛対策のためだからといって、行き過ぎた行為は逆効果になることもあるので気をつけましょう。

たとえばイソフラボンを過剰に摂取することにより、女性ホルモンのバランスが乱れることがあります。
また1度に摂取しても体外に排出される栄養成分もあります。

さらにストレス発散のために暴飲暴食や激しすぎる運動はやめましょう。
栄養が偏ったり、余計に疲労が蓄積したりと、髪や頭皮にとってマイナスに作用するので、注意しなければなりません。

それから洗浄力の強すぎるシャンプーは皮脂を落とし過ぎるので、頭皮を守ろうとして逆に過剰に油分を分泌させてしまう可能性があります。

髪と頭皮を守り、いつまでも健やかで美しい、豊かな髪をキープするために、適切な対策を行いましょう。

(まとめ)40代特有の薄毛の原因はありますか?

1.40代からの薄毛は、主に女性ホルモンの減少が影響しています

女性ホルモンの「エストロゲン」は髪を太く長く成長させる働きがあり、かつ髪の成長期を持続させます。

しかし女性ホルモンの分泌は40代になると急激に減少するので、髪の成長が鈍り、ボリュームもなくなります。

2.その他にも40代女性の薄毛の原因になるものがあります

過度なストレスが続くと、血管が収縮されるため、血行不良に陥り、髪の毛の成長を妨げます。

また長年にわたるヘアカラーやパーマによる髪や頭皮へのダメージや、髪の毛をひっぱる髪型も薄毛の原因となります。

3.自分でできる薄毛対策を知りましょう

エストロゲンと似た働きの「イソフラボン」を含む大豆製品や、たんぱく質やビタミンEなどを含む食品の摂取が有効です。

また頭皮の乾燥や血行不良を招かないように、健康的な生活と正しいヘアケアを心がけましょう。

4.薄毛対策の注意点

イソフラボンの過剰摂取は女性ホルモンのバランスを崩します。

またストレス発散のための暴飲暴食や激しすぎる運動は逆効果です。
洗浄力の強すぎるシャンプーの使用も皮脂を落とし過ぎるので、やめましょう。

薄毛に悩む女性によく読まれている症状について

薄毛が気になる女性の頭皮が赤い場合の原因は?

健康で元気な髪を育てるためには、頭皮が健康でなくてはいけません。頭皮の状態は、普段は髪に隠れているため、気を付けてみないとわからないという難点があります。痒みや痛みが出てから見るのでは、対策が遅れてしまいます。

続きを読む