頭皮が脂っぽいと発生してしまうフケもあります

83974a793f4a1f1a3405a4e71ac36f9a_s
頭皮が脂っぽいこととフケが多いことは、一見別の悩みに見られてしまいがちですが、実際は関係がある場合もあります。

フケにも、頭皮が乾燥していて起こる乾性フケと、頭皮が脂っぽいことで起こる脂性フケがあるのです。

脂性フケは、生活習慣の乱れや間違った洗髪方法によって引き起こされやすく、ひどくなってしまうと、皮膚炎を起こして抜け毛に繋がります。

脂性フケ最大の原因は、髪の洗いすぎです

脂性フケを生じてしまう一番の原因は、髪の洗いすぎと言われています。

清潔にしようと、朝晩シャンプーをしている方も多いのではないでしょうか?
しかし、これがかえって頭皮に悪影響を及ぼしてしまっているのです。

そもそも、どんな人の頭皮にも皮脂というものは必ずあって、表面を保護しており、水分を保つなど様々な役割を果たしています。

生活習慣の乱れなどにより、皮脂が過剰に分泌されてしまうこともありますが、洗髪をすることによって過剰な分だけ流れ落ち、必要な皮脂だけは残ります。

しかし、1日に2回以上洗髪してしまうと、必要な皮脂も全て流れてしまうのです。

頭皮は、必要な皮脂を作ろうとしてどんどん皮脂を分泌し、そのせいでまた頭皮は脂っぽくなってしまいます。

皮脂が過剰に分泌されていると、マラセチア菌という菌がそれをエサにどんどん増殖していきます。

マラセチア菌は皮脂を食べる際に、皮脂を脂肪酸に分解するのですが、この脂肪酸のせいで頭皮に炎症が起こります。

すると、炎症を起こしてしまった頭皮から角質層が剥がれ落ち、フケを生じてしまうというわけです。

そのままにしておくと脂漏性皮膚炎になる恐れがあります

9ad2fda7da20ea18c266931bc3c8cb62_s
原因も分からないまま、脂っぽくてフケが出るからという理由だけで間違った洗髪方法を続けてしまうと、脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)を引き起こしてしまう場合があります。

脂漏性皮膚炎は、皮脂が過剰分泌されマラセチア菌が大量に増殖し、頭皮が赤くなったり痒みや硬化などの症状が出たりします。

もちろん、炎症によって剥がれ落ちた角質がフケとなってたくさん現れてしまうでしょう。

脂漏性皮膚炎になると、皮膚に炎症が起きているせいで、毛穴にダメージが加わり、抜け毛も自然と増えてしまいます。

また、頭皮が硬くなってしまうことで、弾力性が失われて血行不良になりやすく、毛に栄養が行き届かなくなり、さらに抜け毛が悪化し、薄毛も進行してしまうのです。

そのため、そのまま脂性フケが現れてしまった時には、放置せずきちんと正しい対処法で改善を目指さなくてはいけません。

正しい洗髪で脂性フケを防ぎましょう

もしも自分は脂性フケかもしれないと思われた方は、今一度自分の洗髪の頻度を見直してみてください。

1日に2回以上洗髪してはいませんか?
洗髪をしすぎている場合は、すぐに1回に戻すようにしましょう。

また、洗髪方法の見直しも大切です
お湯が熱すぎると皮脂が流れ落ちやすくなってしまい、皮脂の過剰分泌につながります。

ぬるめのお湯を用いて、頭皮を優しく丁寧に洗うことを心掛けてください。

さらに、シャンプーが残っている状態ですすぎを終えてしまうと、そのシャンプーの残りが原因でマラセチア菌が増殖してしまい、炎症が起きてしまう場合があります。

そのため、すすぎはシャンプーよりもしっかり行うようにしましょう。

シャンプーに関しても、あまり洗浄力が強いものを使っていると頭皮の乾燥につながり、余計フケを悪化させてしまいます。

なるべく、洗浄力がそこまで高くないアミノ酸系シャンプーを使い、あまりにも頭皮がスッキリするようなものは選ばないようにしましょう。

また、ノンシリコンタイプを使うことで、頭皮環境を悪化させずに洗髪することができます。

(まとめ)頭皮が脂っぽいせいでフケが発生するの?

1.頭皮が脂っぽいと発生してしまうフケもあります

頭皮のベタつきとフケは実際には大きく関わっていて、フケの種類の中には脂性フケというものもあります。

生活習慣の乱れや間違った洗髪で引き起こされやすく、皮膚炎を起こして抜け毛がひどくなってしまう場合があります。

2.脂性フケ最大の原因は、髪の洗いすぎです

脂性フケの原因として考えられるのは、髪の洗いすぎです。

洗いすぎてしまうことで、頭皮の必要な皮脂まで洗い流されてしまい、頭皮はそれを補うためにどんどん皮脂を作る状態になります。

皮脂が多いと、マラセチア菌により脂肪酸ができ、炎症を起こしてフケとなるのです。

3.そのままにしておくと脂漏性皮膚炎になる恐れがあります

間違った洗髪方法を続けていくと、脂漏性皮膚炎を引き起こしてしまうかもしれません。

脂漏性皮膚炎になると、フケや痒みがあるだけでなく、炎症を起こしているせいで抜け毛が増えてしまい、薄毛が進行してしまいます。

4.正しい洗髪で脂性フケを防ぎましょう

脂性フケを改善させるために、まず洗髪を1日に2回以上行っている人は、1回に減らすようにしましょう。

さらに、ぬるめのお湯でしっかりすすぎを行うことが大切です。

シャンプーも、アミノ酸系、かつノンシリコンタイプのものを選ぶようにしましょう。

薄毛に悩む女性によく読まれている症状について

薄毛が気になる女性の頭皮が赤い場合の原因は?

健康で元気な髪を育てるためには、頭皮が健康でなくてはいけません。頭皮の状態は、普段は髪に隠れているため、気を付けてみないとわからないという難点があります。痒みや痛みが出てから見るのでは、対策が遅れてしまいます。

続きを読む