ステロイドは女性の薄毛治療に有効ですが、安易な使用は危険です

8249d7ca0bed351b9e904a88ff684325_s
ステロイドには様々な効果がありますが、そのひとつに「多毛症」があげられます。そのため、円形脱毛症の治療には、ステロイドが使われることもあります。

しかし、ステロイドは非常に効き目の強い薬物であるため、安易に利用するのは危険です。副作用によって、薄毛どころではない深刻なダメージを負ってしまうこともあるからです。

決して自己判断で処方されたステロイドを頭皮に塗ったりすることがないようにしてください。

ステロイドは大変効き目が強く、様々なシーンで利用されている薬です

ステロイドは、副腎皮質で分泌されているホルモンの一種です。体内で作られるこのホルモンには、免疫抑制作用や抗炎症作用があります。

薬として利用されているステロイドも、これと同じ働きを持っているものです。
そのため、膠原病などの免疫疾患に対して内服薬として利用されているのです。

その他、アトピー性皮膚炎や脂漏性皮膚炎、ニキビなどの炎症を抑えるための外用薬としても処方されます。
また、多毛になるという特性を生かして円形脱毛症の治療に使われる場合もあります。

ステロイドの効果は非常に強力で、一時的に症状を抑えるためには非常に有効です。
ひどいニキビもステロイド薬を塗ることですぐに炎症が収まって痛みが引くなど、ステロイドは炎症に悩む人にとっては非常に魅力的な薬です。

また、免疫を鎮める効果があるため、アレルギー症状が起こってしまう人に対しても効果的です。
アレルギーは、抗体に対して免疫が過剰反応することで起こるものですから、ステロイドで免疫を抑えることで、アレルギー症状が緩和されるのです。

ステロイドを継続して使用することは大きな副作用に繋がる恐れがあります

e7fae3f24440323f09cec4f53d711966_s
薄薄毛の改善は1週間や2週間で効果が出るものではありません。
そもそも、元気な人の髪が伸びるスピードが1か月に1cm程度と言われていますから、効果が出たかどうかそれほど早くわかるはずがないのです。

数か月~半年程度かけて、髪の生え際や頭皮の状態、抜け毛の量などを見ていくのが一般的でしょう。

しかし、ステロイド剤を半年もの間無暗に使うことは、副作用に繋がる恐れのあることです。ステロイドの副作用には様々なものがあります。
顔の赤みやむくみ、皮膚炎、皮膚の乾燥、緑内障などの他、人によって多様な副作用が出る可能性があります。

中には、うつ病や糖尿病、肥満、便秘、睡眠障害、動悸などが起こることもあります。

こうした症状は、どれも薄毛にとって非常によくないものです。
また、ステロイドには多毛の作用があるとされていますが、ステロイドを利用したことで反対に髪が抜けてしまったという人もいます。

ステロイドは効果が強い分、副作用もかなり激しい可能性があるということを覚えておく必要があります。

自己判断でステロイドを発毛のために使うのはやめましょう

皮膚炎や出来物で皮膚科にかかると、ステロイド剤を処方されることがあります。
もちろん、こうしたステロイド薬も、用法・用量を守って利用する分にはとりたてて大きな危険はありません。

しかし、ステロイドが発毛に役立つと思って安易に頭皮に塗ったりすることは避けた方が良いでしょう。
ステロイドの中でも、顔に使うものは比較的効果の弱いものを処方した方が良いと言われています。

腕や足用に処方されたステロイドでは、頭に使うには強すぎる可能性もあるということです。

また、顔用に出されたものであっても、発毛効果があるかどうかは定かではありません。
発毛する前に副作用で頭皮が赤みを帯びたり、別の皮膚トラブルが起こったりして抜け毛に繋がってしまう恐れも十分あるのです。

もちろん、脱毛症のために皮膚科に行って処方された薬であれば問題はありません。
しかし、あまりにも強い薬を使い続けると副作用のリスクもあるため、使用に関しては十分な説明を受けるようにしましょう。

特に皮膚に関するトラブルが多く起こるステロイドは、女性の顔にとんでもないダメージを与えてしまう恐れもあるのです。

(まとめ)ステロイドと女性の薄毛の関係とは?

1.ステロイドは女性の薄毛治療に有効ですが、安易な使用は危険です

ステロイドは円形脱毛症の治療に使われることもあり、発毛効果が見込める薬です。しかし、効き目があまりに強いために副作用も多く、安易な利用は危険です。自己判断はしないようにしましょう。

2.ステロイドは大変効き目が強く、様々なシーンで利用されている薬です

ステロイドは体内でも分泌されている物質です。抗炎症作用や免疫抑制作用があるため、それを薬として利用しています。
効果は非常に高く、皮膚の炎症やアレルギー反応に対して強い改善効果が見込めます。

3.ステロイドを継続して使用することは大きな副作用に繋がる恐れがあります

ステロイドは継続して利用すると特に副作用が起こりやすくなってしまいます。赤身やむくみ、皮膚炎、乾燥などの他、人によって様々な問題が起こります。
効果が高い分、副作用も大きいのがステロイドなのです。

4.自己判断でステロイドを発毛のために使うのはやめましょう

皮膚科では、ステロイド薬が処方されることがよくあります。しかし、こうしたステロイドを薄毛対策として自己判断で利用するのは危険です。
顔に副作用が出てしまうこともあるので、安易に使用しないようにしましょう。

薄毛に悩む女性によく読まれている症状について

薄毛が気になる女性の頭皮が赤い場合の原因は?

健康で元気な髪を育てるためには、頭皮が健康でなくてはいけません。頭皮の状態は、普段は髪に隠れているため、気を付けてみないとわからないという難点があります。痒みや痛みが出てから見るのでは、対策が遅れてしまいます。

続きを読む