ストレートパーマは女性の髪にダメージを与え、薄毛の原因となります

af9920062035l
ストレートパーマは、髪に薬剤を塗布して熱することによって髪をまっすぐにします。
こうした行為は、髪に対して大きな刺激となり、髪を痛める原因となってしまいます。

ストレートパーマをかけると一見髪がつややかに見えるようになることもありますが、これはあくまでも見た目の問題です。
お洒落のために安易なストレートパーマを繰り返していると、髪にとって大きなダメージとなってしまうこともあるので注意が必要です。

ストレートパーマとは、薬剤によって髪のカールを取る手法です

真っ直ぐのつややかな黒髪は、古くから日本人女性ならではの美しさだと言われています。平安時代の姫君を描いた絵画などでも、皆美しい黒髪をしていますよね。

しかし、実際には、日本人はストレートが多い民族ではありません。
ストレートの女性より、くせ毛の女性の方が多いのが現実なのです。

そこで、真っ直ぐな髪を手に入れたい女性は、ストレートパーマをかけるという選択をすることがあります。
しかし、このストレートパーマ、なぜ髪がまっすぐになるのでしょうか。

ストレートパーマには、通常のパーマと同じように、パーマ液を使います。髪に薬剤を塗布して時間を置き、浸透させることによって、髪の毛をまっすぐにするのです。

ただし、ストレートパーマは、そもそも「パーマで癖がついた髪を元に戻す」という技術です。
ですから、それほど強い効き目はなく、2~3か月経つと元に戻ってしまうというデメリットがあります。

そのため、ストレートパーマを持続させたい場合は定期的に施術を受ける必要があり、髪に繰り返し薬剤ダメージを与えることとなってしまうのです。

髪をまっすぐにする方法はストレートパーマだけではありません

imasia_15024150_M
癖のある髪の毛をまっすぐにする手法は、ストレートパーマ以外にもいくつかあります。
ストレートパーマに拘らず、他の方法についてもメリットとデメリットを知っておきましょう。

ブロー

髪が濡れている時はまっすぐになっているという人は、正しい方法でブローすることで癖を軽減させることも可能です。
お風呂上がりに、髪を下に引っ張るようにしながら時間をかけて丁寧にブローしましょう。

髪を掻きまわすように乾かしてしまったり、生乾きで終わりにしてしまったりすると癖が出やすくなってしまいます。

ヘアアイロン

ヘアアイロンは、手軽に真っ直ぐな髪を実現させることができる方法です。
高温で髪の毛をプレスするため、長い時間当てていると髪が焼けていたんでしまうため、注意が必要です。

髪を少し濡らすか、スチームアイロンを使うとより効果が高くなり、髪も傷みづらくなります。

縮毛矯正

縮毛矯正は、生まれつきの縮毛をまっすぐにする技術です。
効き目の持続性も高く、繰り返しダメージを受ける恐れは少ないものの、薬剤とアイロンで髪を伸ばすため、髪にかかる負担はかなり大きなものとなってしまいます。

ストレートにこだわらず、自分にあった方法でヘアセットをしましょう

ストレートパーマ以外にも、髪の毛をまっすぐにする方法はあります。また、昔とは違い、今は癖のない真っ直ぐな髪の毛だけがもてはやされる時代ではありません。
ストレートパーマに拘らず、自分の髪にあった方法を選びましょう。

くせを活かす

髪をストレートにすると、立ち上がりが少なくなるため、髪全体のボリュームがダウンしてしまいます。薄毛が気になる女性は、ストレートよりもくせのある髪の毛の方がカバーしやすいのでお勧めです。
特にショートカットの場合、くせをうまくブローすることで、パーマをかけたようなうねりを出すこともできます。

セットしやすい髪型にカットしてもらうというのも良いでしょう。

日によって変化をつける

ドライヤーやヘアアイロン、カーラーなどを使って、その日によって髪の毛に変化を付けるのもお勧めです。
ただし、ヘアアイロンでも熱によるダメージは受けるため、使い方と頻度には注意しましょう。

ストレートパーマをかけるなら

それでもストレートパーマをかけたいという場合は、なるべく継続してかけるのではなく、間をおいてかけるようにしましょう。
また、髪に負担の少ない薬剤を使っている美容院を探す、うまい美容師を探すといった方法も有効です。

顔周りや前髪だけストレートパーマをかけるということもできますから、美容院で相談してみてください。

(まとめ)ストレートパーマの女性は薄毛になりやすい?

1.ストレートパーマは女性の髪にダメージを与え、薄毛の原因となります

ストレートパーマを安易に繰り返すことで、髪は大きなダメージを受けてしまいます。一見きれいに見えるようになることもありますが、それはあくまでも見た目だけのことなのです。

2.ストレートパーマとは、薬剤によって髪のカールを取る手法です

ストレートパーマは、薬剤によって髪の癖を取る技術です。しかし、もともとパーマをかけた髪を元に戻す技術であるため、効き目の持続力が弱く、ストレートを維持したい場合は定期的に繰り返し施術を受けなければいけません。

3.髪をまっすぐにする方法はストレートパーマだけではありません

髪は、ストレートパーマだけでなく、ブローやヘアアイロン、縮毛矯正などでもまっすぐにすることができます。それぞれのメリットとデメリット、特徴について知っておきましょう。

4.ストレートにこだわらず、自分にあった方法でヘアセットをしましょう

くせを活かした方が薄毛が目立ちにくいため、ストレートに拘らないことも大切です。どうしてもストレートパーマをかけたい場合は、継続せずに間をあけたり、出来る限り丁寧な施術をしてくれる美容院を探すようにしてみましょう。

薄毛に悩む女性によく読まれている症状について

薄毛が気になる女性の頭皮が赤い場合の原因は?

健康で元気な髪を育てるためには、頭皮が健康でなくてはいけません。頭皮の状態は、普段は髪に隠れているため、気を付けてみないとわからないという難点があります。痒みや痛みが出てから見るのでは、対策が遅れてしまいます。

続きを読む