女性はパーマをすると、頭皮への刺激により薄毛を引き起こします

78092d2658181f8ee80ac606abbe2fc9_s
パーマに使う液は髪や頭皮にダメージを与えるため、薄毛の原因となります。またパーマは髪を引っ張ることも多く、毛根にダメージを与えることもあります。
さらに、パーマ液を浸透させるため熱風をかけたり、温めたりすることも頭皮へのダメージとなり、薄毛を進行させてしまうのです。

対処法としては、パーマをかける頻度を少なくすることでしょう。

アルカリ性のパーマ液が薄毛の原因です

パーマをかける時に使うパーマ液はアルカリ性です。頭皮のPHは弱酸性ですが、パーマ液は強いアルカリ性で、これを使うことで化学反応を起こしていることになります。

パーマ液には1液、2液といった2種類の液を使います。
1液はチオグリコール酸アンモニウム塩などのアルカリ成分で、髪の中にあるタンパク質の束を切る作用があります。
次に2液の臭素酸ナトリウムや臭素酸カリウムなどの酸性成分で再度束をつけるのです。

こうして直線がズレて結合されることで、ウェーブができるのです。これがパーマのメカニズムです。

1液を付けると頭皮がピリピリとした感じを受けることがあるでしょう。
それは、アルカリ性が強いため、皮膚が反応しているのです。

それがかゆみや湿疹、フケなどの原因にもなることもあります。

さらにパーマのウェーブがよくかかるように加湿式といって、髪を温める方法がとられます。時間が短縮され、パーマ液を頭皮に付けている時間が少なくて済むのですが、温めることで毛穴が開き、パーマ液が頭皮の奥に浸透しやすくなるというデメリットがあります。

パーマから頭皮を守るためにはパーマをかける前と後のケアが大切です

4b72d97f1a9614d8544ac8ebf9b54bb5_s
パーマはスタイリングをしやすくしたり、イメージチェンジをしたりするためにも必要と感じている人も多いでしょう。
そこでパーマをかけて起こるダメージから、頭皮や髪を守るために注意したいことを紹介しましょう。

まずは、パーマをかける前日はシャンプーをしないことです。シャンプーで髪を洗うと皮脂を洗い流してしまいます。
それは必要なことなのですが、パーマをかける前に皮脂をキレイに洗い流してしまうと、パーマ液が直接頭皮に付着してしまうのです。それを防ぐためにも、ある程度の皮脂が必要になります。

また、パーマをかけた当日は髪を洗わないようにしましょう。

パーマをかけた時というのは、頭皮や髪が傷んでいる状態です。
その状態でシャンプーをしたり、頭皮マッサージなどをしたりして刺激を与えると、頭皮の負担になってしまうからです。

どうしても洗いたい場合は、シャンプーを使わず、ぬるま湯でサッと洗い流す程度にとどめておきましょう。

パーマ液を浸透させない頭皮にするためにはシャンプー選びが大切です

パーマをかけることで頭皮にダメージを与えないためには、パーマをかける前や後の配慮も必要ですが、日常のヘアケアも大切です。
毎日のケアによって、パーマ液を浸透させにくい頭皮にすることができるのです。

そのポイントを紹介しましょう。

大事なことの一つはシャンプー選びです。
洗浄力の強いシャンプーは汚れをキレイに洗い流してくれるのですが、頭皮に必要な皮脂も洗い流してしまいます。

皮脂がキレイに洗い流されてしまうと頭皮が乾燥しやすくなり、その乾燥によって皮脂が過剰に分泌され、フケやかゆみの原因となります。
そして、これらのフケやかゆみが毛穴をふさぐ原因となり、薄毛を引き起こすのです。

パーマをかけることが多く薄毛が気になるという方は、頭皮への負担が少ない、髪に優しいシャンプーを選ぶようにしましょう。

また、パーマ液を浸透させない頭皮にするためには、頭皮が健康な状態であることも大切です。そのためにも頭皮マッサージなどで、血行をよくする必要があります。

さらに、紫外線も頭皮を乾燥させる原因の一つです。日傘や帽子などで、紫外線対策を行うようにしましょう。

(まとめ)女性のパーマは薄毛を悪化させる?

1.女性はパーマをすると、頭皮への刺激により薄毛を引き起こします

パーマを掛ける時には、パーマ液そのものが刺激になるだけでなく、髪を引っ張ったり、熱風で温めたりすることも、頭皮や髪へダメージを与える要因になります。パーマをかける頻度を少なくすることで頭皮へのダメージを減らしましょう。

2.アルカリ性のパーマ液が薄毛の原因です

パーマをかける時に使うパーマ液は強いアルカリ性で、これを使うことによって化学反応を起こしていることになります。そのため、かゆみや湿疹、フケなどの原因にもなり、結果、薄毛の原因にもなります。

3.パーマから頭皮を守るためにはパーマをかける前と後のケアが大切です

パーマによって薄毛にならないためには、その前後の配慮も大切です。パーマをかける前日は、必要な皮脂を洗い流さないためにも、シャンプーをしないようにしましょう。
また、パーマをかけた当日は髪を洗わないことも、薄毛を防ぐための対策です。

4.パーマ液を浸透させない頭皮にするためにはシャンプー選びが大切です

洗浄力の強いシャンプーを使わず、頭皮マッサージなどを行い頭皮を健康に保つことが、パーマ液を浸透させない頭皮になるポイントです。また紫外線も頭皮を乾燥させることの一つなので、日傘や帽子などで紫外線対策も怠らないようにしましょう。

薄毛に悩む女性によく読まれている症状について

薄毛が気になる女性の頭皮が赤い場合の原因は?

健康で元気な髪を育てるためには、頭皮が健康でなくてはいけません。頭皮の状態は、普段は髪に隠れているため、気を付けてみないとわからないという難点があります。痒みや痛みが出てから見るのでは、対策が遅れてしまいます。

続きを読む