整髪料に含まれる合成界面活性剤が女性の薄毛の原因になります

8d820066ad1e29d5f18595ecb807f782_s
通常、整髪料には合成界面活性剤が含まれています。
この成分は、髪の毛を柔らかくし、髪をまとめやすくなるというメリットがあるのですが、選び方や使用方法によっては、女性の薄毛の原因となることがあります。

とはいえ、整髪料は必要なものです。
薄毛にならないために、頭皮にはつけない、よく洗い流すなどの対処をして薄毛にならない配慮をしながら使うことが大事です。

合成界面活性剤は髪の成長を止めてしまう危険性があります

整髪料に含まれる合成界面活性剤は、なぜ薄毛の原因になるのか説明しましょう。

一つは、合成界面活性剤は髪の毛のタンパク質を変性させてしまう性質があるためです。髪の構成成分として重要なタンパク質を奪ってしまうため、切れ毛や薄毛、抜け毛などの原因となるのです。

また、皮膚に付着した合成界面活性剤は、頭皮にゴミなど不純物を蓄積させてしまい、それが皮脂を混ざり合い、毛穴を塞いでしまうことがあります。
フケやかゆみの原因ともなり、爪でひっかいてしまい、頭皮を傷めてしまう可能性もあり、その結果頭皮環境が悪くなってしまうのです。

浸透力の高い合成界面活性剤は、皮膚から体内に入り込み、毛母細胞にダメージを与えたり、さらに肝臓にも悪い影響を与えたりする危険性もあります。

さらに、整髪料が頭皮に付着すると、肌がストレスを感じてホルモンバランスを乱してしまうことがあります。ホルモンバランスが乱れれば、髪の成長の妨げになるばかりか、皮脂が過剰に分泌され毛穴を詰まらせてしまうことがあります。

このようなことが原因となり、薄毛になる危険性があるのです。

整髪料の使い方や選び方によって薄毛の原因を防ぐこともできます

9ca3bb50175ed254624bb2e9e0374ccc_s
ワックスやクリーム、スプレーなどの整髪料を、毎日使っている人も多いでしょう。しかし、そういった整髪料は薄毛の原因になるものです。
できれば整髪料を使わないことが薄毛の対策になるのですが、そうもいかないという人もいるでしょう。そのような場合は次のような対策をしましょう。

まずは、整髪料を髪につけている時間を短くすることです。

時間が短ければ、頭皮へのダメージも少なくて済みますし、ゴミなどの不純物が付着する時間も短くなります。外出する直前につけ、外出先から帰ったらできるだけ早く洗い流すようにしましょう。
もちろん、整髪料をつけたまま寝てはいけません。

また、整髪料を使う際には、頭皮にはつけないよう注意し、髪にだけつけるようにすることも大事です。
スプレータイプの整髪料を使う際には、なるべく頭皮に付着しないよう、距離をはなしてスプレーをするようにしましょう。

さらに、頭皮に刺激のない、負担の軽い整髪料を選ぶことも重要です。天然素材の成分を使用するなど、髪や頭皮に優しい整髪料を選ぶことで、頭皮へのダメージを軽減することができます。

シャンプーのしすぎは薄毛の原因になるので注意しましょう

薄毛対策としては頭皮や髪に付着した整髪料は、シャンプーでしっかり洗い流すことが必要です。整髪料を付けたまま寝てしまうと、頭皮が乾燥し皮脂が過剰に分泌され、毛穴を塞いでしまうなど頭皮環境を悪くさせてしまいます。
シャンプーで整髪料をしっかり落とすことが大事です。

しかし、シャンプーのし過ぎはかえって薄毛の原因になります。整髪料によってはなかなかスッキリ洗い流すことができず、長い時間洗っていたり、力を入れてゴシゴシと擦ってしまったりすることがあるでしょう。
そのような洗い方をすると、必要な皮脂まで洗い流してしまうことになります。

必要な皮脂を洗い流してしまうと、頭皮が乾燥し頭皮環境の悪化を招きます。

また力を入れて擦ると、頭皮を傷つけてしまうことがあります。それも頭皮環境の悪化につながり、結果、薄毛を招くことになります。

シャンプーで整髪料をしっかり落とすことが大事ですが、長時間洗っていたり、力を入れて頭皮を傷めたりしないように、配慮をしながら洗髪をするようにしましょう。

(まとめ)整髪料も女性の薄毛の原因になる?

1.整髪料に含まれる合成界面活性剤が女性の薄毛の原因になります

整髪料には合成界面活性剤が含まれており、これが女性の薄毛の原因となります。合成界面活性剤の入った整髪料は、頭皮にはつかないようにしたり、よく洗い流したりすることで頭皮へのダメージを防ぎましょう。

2.合成界面活性剤は髪の成長を止めてしまう危険性があります

整髪料に含まれる合成界面活性剤は、髪の毛のタンパク質を変性させてしまう、不純物を蓄積させ毛穴を塞いでしまうといった影響があります。さらに整髪料が肌に付くことで、肌がストレスを感じることも薄毛の原因です。

3.整髪料の使い方や選び方によって薄毛の原因を防ぐこともできます

整髪料を髪につけている時間を短くすること、頭皮にはつけないよう注意して髪にだけつけるようにすること、天然素材など頭皮への刺激が少ない整髪料を選ぶなどの対策をすることで薄毛の原因をある程度防ぐことができます。

4.シャンプーのしすぎは薄毛の原因になるので注意しましょう

整髪料を落とすためといってシャンプーをし過ぎてしまうと、かえって薄毛の原因になります。シャンプーで整髪料をしっかり落とすことが大事ですが、長時間洗っていたり、力を入れて頭皮を傷めたりしないように、注意をしながらシャンプーをしましょう。

薄毛に悩む女性によく読まれている症状について

薄毛が気になる女性の頭皮が赤い場合の原因は?

健康で元気な髪を育てるためには、頭皮が健康でなくてはいけません。頭皮の状態は、普段は髪に隠れているため、気を付けてみないとわからないという難点があります。痒みや痛みが出てから見るのでは、対策が遅れてしまいます。

続きを読む