女性ホルモンの減少が薄毛の原因となります

af9920070175l
更年期以降の女性の薄毛に見られる原因は、女性ホルモンの低下です。女性ホルモンは、40歳を過ぎたあたりから急激に減り始め、それ以降は下がる一方です。

エストロゲンの分泌を増やす生活を心掛け、髪の悩みを解消しましょう。

女性ホルモンは老化や生活習慣で減少します

女性ホルモン「エストロゲン」は、どんなことで減少してしまうのでしょう。いくつかの説がありますが、老化や生活習慣が大きく関係すると言われています。

老化による自然な減少

女性ホルモンは、卵巣機能の老化とともに減少します。
10代から20代にかけて増加、20代半ばでピーク、30代で減少していくサイクルが一般的です。

エストロゲンは髪を健康に維持する働きをするため、40代を過ぎると髪にハリ・コシがなくなっていきます。

乱れた食生活

栄養バランスの整っていない食生活は、女性ホルモンを減少させる原因となります。大豆・ざくろ・オリーブオイルなどの女性ホルモンに良い影響を与える食品を食べることも必要ですが、3食バランス良く食べることが重要です。
ジャンクフードの食べ過ぎや栄養不足に気をつけながら、規則正しい食生活を目指しましょう。

慢性的な睡眠不足

卵巣の働きが正常でも、脳が疲れていると女性ホルモンの分泌が悪くなります。脳の働きを大きく左右するのが、十分な睡眠です。
毎日決まった時間に寝て起きるリズムを心掛け、一定量の良質な睡眠を確保しましょう。

過度なストレス

女性ホルモンの分泌は、感情にも大きく左右されるものです。ストレスがたまってイライラした状態だと、脳がうまく働きません。
無理して何かしようとしないでゆったりとした気持ちで生活すると、ホルモンにも良い影響がでてきます。

自分に厳しい方ほど、ストレスを溜めこみがちになるので気をつけましょう。

深い呼吸を意識してホルモンバランスを改善します

5d1c36c8a84936793c2348e8debcc0a0_s
ホルモンバランスを整えるために今すぐできる対策として、ストレスが溜まった時に実践したい呼吸法を紹介します。
呼吸が浅くなるとイライラが強くなるので、腹式呼吸を意識して生活しましょう。

正しい腹式呼吸の手順は、まず、背筋を伸ばした状態で浅めに椅子に腰掛けます。

お腹がへこむように意識しながら、ゆっくりと息を吐いてください。
慣れないうちは、お腹に手をおいて息を吐くとうまくいきます。

お腹の中の空気が全てでていったところで、鼻からゆっくり息を吸いましょう。
息を吐く時間は、吸うときの2倍程度の時間をかけるといいとされます。

嫌な気持ちを全て外に出し切るようなイメージで、身体の中身を空っぽにするとすっきりします。普段から腹式呼吸ができるようになると、気の流れが整ってすっと心が楽になるはずです。

更年期症状からくるイライラ改善効果も期待できるので、ぜひ試してみてください。

セルフケアによる対策なら高額費用がかかりません

薄毛に悩む女性専門のクリニックやサプリメントはたくさんあります。
専門家のアドバイスを受けながら対策するので、安心感が強い方法です。

ただし、薄毛トラブルの解決までには一定の時間がかかるため、費用がかさむ問題があります。
数年かけて対策するとすると、数十万・数百万円という金額になることも考えられます。

OLや専業主婦の方だと、少し考えてしまう金額のはずです。
呼吸法によるセルフケアは、費用をかけずに挑戦できるメリットがあります。

同時に睡眠時間の確保・食生活の改善を進めて、女性ホルモンが減少しにくい生活習慣へと変えていきます。
セルフケアをないがしろにして対策しても、思うような効果は得られません。
せっかく費用をかけるなら、少しでも良い方向に進むようにしたいものです。

腹式呼吸をはじめることは、自分の身体について見つめ直す第一歩です。

これまでただひたすら、仕事やプライベートに邁進し続けてきた方こそ、ぜひ試してみてほしい方法です。
1日の中で空き時間を見つけて、ぜひ実践してみてはいかがでしょうか。

(まとめ)女性の薄毛の原因と今すぐできる対策とは?

1.女性ホルモンの減少が薄毛の原因となります

更年期以降の女性の薄毛は、女性ホルモンの低下が原因の一つだと考えられます。40歳を過ぎたあたりから急激に減り始めると言われているため、一定の年齢を過ぎたら注意する必要があります。

2.女性ホルモンは老化や生活習慣で減少します

女性ホルモン「エストロゲン」が減少してしまう原因として、老化・食生活の乱れ・睡眠不足・ストレスなどが考えられます。もう歳だからと諦めるのでなく、生活習慣を見直すことでホルモンの減少を食い止めましょう。

3.深い呼吸を意識してホルモンバランスを改善します

ホルモンバランスを整える対策として、呼吸法があります。ストレスを感じたときには、腹式呼吸で対応しましょう。更年期障害のイライラ改善にも役立つので、気になったときに試してみてください。

4.セルフケアによる対策なら高額費用がかかりません

薄毛対策として、クリニックやサプリメントを活用する方法もあります。専門家の意見を参考にして進めるので安心感が強い反面、コストがかさむところが心配です。いきなり高額な費用をかけなくとも、まず自分でできる対策を試してみてはいかがでしょうか。

薄毛に悩む女性によく読まれている症状について

薄毛が気になる女性の頭皮が赤い場合の原因は?

健康で元気な髪を育てるためには、頭皮が健康でなくてはいけません。頭皮の状態は、普段は髪に隠れているため、気を付けてみないとわからないという難点があります。痒みや痛みが出てから見るのでは、対策が遅れてしまいます。

続きを読む