女性の薄毛は、甲状腺異常が原因というケースもあります

049e728619bcaa24721d858e5e8b99ff_s
甲状腺ホルモンは髪の成長にも関係があるため、症状の一つとして薄毛に悩まされる方がいます。甲状腺機能低下症・甲状腺機亢進症は、女性に多い免疫疾患と言われます。
病気が原因の薄毛なら、原因疾患の治療により改善する見込みがあります。

毛母細胞の働きが弱まって薄毛になります

甲状腺機能低下症とは、ホルモンを分泌する甲状腺の働きが弱くなる病気です。
はっきりとした発症メカニズムはわかっていませんが、甲状腺刺激ホルモンの不足・受容体遺伝子の変異・先天性の異常などが考えられます。

一定年齢以上の女性に多いと言われる疾患なので、成人女性が気をつけたい病気の一つと言えるでしょう。薄毛症状が起こるのは、毛母細胞や毛乳頭の働きが悪くなることが原因です。
甲状腺ホルモンには身体のあらゆる部分を活性化する働きがあり、上手に機能しない状態だと美しい髪も育ちません。

病院ではっきりと低下症と診断されていない状態でも、少しバランスが崩れるだけでボリューム不足・髪の毛にハリがなくなる・分け目がはっきりとしてきたなどの変化を感じることがあります。
低下症の逆で、過剰に甲状腺が働いてしまう甲状腺機能亢進症でも、薄毛症状がでることがあると言われます。

治療をはじめたばかりの段階で抜け毛が急に増えてきたら、薬の分量があっていない可能性もあります。
かかりつけの医師に相談しながら、慎重にケアにあたりましょう。

甲状腺ホルモン異常だと薄毛以外にも症状が出ます

af9920072435l
甲状腺ホルモンが多すぎたり少なすぎたりすると、薄毛以外にもさまざまな症状が出ます。
以下のような症状が気になるようなら、念のため検査を受けると安心です。

甲状腺ホルモンが多すぎることで起きる症状

甲状腺ホルモンが増えると、汗が多く出る、イライラして落ち着かない、食欲があるのにやせてしまう、体温が高くなる、手のふるえ、動悸や息切れなどの症状が出ます。全身の代謝が活発になり、過活動状態になることが原因です。

どれか一つだけ出ることは稀なので、複数の症状が同じ時期に気になり始めたら注意しましょう。自律神経失調症やパニック障害と混同しやすく、安易な自己判断は禁物です。

甲状腺ホルモンが不足することで起きる症状

甲状腺ホルモンが不足すると、むくみ・便秘・皮膚の乾燥・眠気・脈が遅くなる・無気力などの症状が出ます。代謝活動が衰えるため、さまざまな身体機能が弱まってしまいます。
低血圧など女性特有の悩みと混同しやすく、診断が遅れることもあります。

長引いて心配な症状があれば、専門医師がいる病院にかかってください。

ホルモンが働きすぎることも不足することも、健康な髪や身体を維持する上での弊害になります。
病気が分かったら、身体の負担が少ないように安静にして過ごしましょう。

毎日を楽しく過ごすためには、健康が第一です。無理をして、症状が悪化することがないようにしてください。

適切な治療で症状を軽減できる見込みがあります

甲状腺ホルモンの病気は、根本的な治療がないとも言われています。
どんな治療をしたらいいのか、専門家でも見解が分かれるほどです。

ただし、決して改善の見込みがないわけではありません。投薬治療や経過観察により、症状を軽くすることは可能です。
検査で異常が見つかった場合、専門医師と二人三脚で治療を行います。

投薬治療がメインになることが多いようですが、一度飲み始めると継続していく必要があります。

また、妊娠希望がある女性の場合は、将来的な影響を考慮して変則的な治療方針が出されることも考えられます。
治療に際するリスクや副作用をよく聞いた上、後悔のない選択をしましょう。

また、重症の場合は、手術で一部を取り除くなどの措置がなされることもあります。
一度症状が軽くなったとしても再発の危険があり、定期的な通院が必要です。一過性と判断される場合は、すぐに治療を開始しないで数値の変化を見ることもあります。

ホルモンに関する治療はデリケートなので、その道に精通した医師に相談すると安心でしょう。

(まとめ)女性の薄毛進行は甲状腺異常のサインって本当?

1.女性の薄毛は、甲状腺異常が原因というケースもあります

甲状腺異常で薄毛が起こるのは、髪の成長に不可欠な細胞の動きもコントロールしているためです。病気が原因の薄毛なら、適切なケアにより改善できる見込みがあります。

2.毛母細胞の働きが弱まって薄毛になります

甲状腺機能低下症になると、毛母細胞や毛乳頭の働きも悪くなってしまいます。少しバランスが崩れるだけで、ボリューム不足・髪の毛にハリがなくなる・分け目がはっきりとしてきたなどの変化を感じることがあります。

3.甲状腺ホルモン異常だと薄毛以外にも症状が出ます

甲状腺ホルモンが多すぎたり少なすぎたりすると、薄毛以外にもさまざまな症状が起こります。汗が多く出る、イライラして落ち着かない、皮膚が乾燥する、倦怠感など該当症状があれば、専門医師の診断を仰ぎましょう。

4.適切な治療で症状を軽減できる見込みがあります

専門医師のもとで適切な治療を受ければ、薄毛を含む症状を改善できる見込みがあります。投薬治療・手術など、状態によって治療方針が異なるので、かかりつけの医師と相談しながら、根気強く病気と向き合っていきましょう。

薄毛に悩む女性によく読まれている症状について

薄毛が気になる女性の頭皮が赤い場合の原因は?

健康で元気な髪を育てるためには、頭皮が健康でなくてはいけません。頭皮の状態は、普段は髪に隠れているため、気を付けてみないとわからないという難点があります。痒みや痛みが出てから見るのでは、対策が遅れてしまいます。

続きを読む