頭皮にダメージを与えないヘナは安全で女性の薄毛対策になります

9ce2cba29c4b9b6e3afa2e1a7a24f3f7_s
カラーリング剤は、頭皮や髪にダメージを与えて頭皮環境を悪くすることがあるため、薄毛や抜け毛につながってしまいます。
しかし、ヘナは天然成分からできているものなので、頭皮にダメージを与えることがありません。

頭皮環境を悪くすることなく、薄毛の原因にもならないと言われているのです。

ヘナが薄毛にならないと言われているのはハーブだからです

ヘナが薄毛や抜け毛の原因となることなく、安全性が高いと言われているのは、原料がハーブだからです。ハーブは天然素材で有害になる物質が含まれていません。
そのため、カラー剤のような頭皮へのかぶれや痛み、かゆみなどのリスクが低いのです。

ただし、ヘナは髪を黒くする効果はなく、皮膚や髪をオレンジ色に染めることができるものです。
中にはヘナを使ってはいても、カラー剤の成分を配合しているものもありますので、注意しなければなりません。

安全性を高めるには、原料そのもののパウダータイプのものを選ぶと良いでしょう。
黒髪にしたい人には、インディゴを混ぜて使うことをおすすめします。

インディゴは同じく植物染料なので、頭皮にも髪にも安全です。ただし、インディゴは染色力が弱いので、一度ヘナで染めた後、インディゴで染めた方がしっかりと染まります。
安全性の高いヘナを選ぶ際には、ブラックヘナのような黒く染まる染料や、短時間で染まるものにも注意しましょう。

そういった染料には、ヘナ以外の成分が配合されている可能性があります。

ヘナにはトリートメント効果もあると言われています

imasia_7890632_M
インドのアーユルヴェーダでハーブとしても使われているヘナには、毒素排出、新陳代謝の促進、炎症抑制などの効果もあると言われています。
アーユルヴェーダはインドで5,000年以上の歴史があり、日本でも浸透している治療方法です。

ヘナによる染色が安全だと言われているのは、ヘナに含まれるローソンというオレンジ色の色素が、髪のタンパク質に付着するだけなので、髪の脱色が行われることもなく、アルカリ剤を含んでいないので、髪や頭皮にダメージを与えることがないからです。

一般の染色剤は発色よく染まるのですが、アルカリ剤が含まれているため、髪の毛を傷めたり、頭皮にダメージを与えたりしてしまいます。
ただし、脱色作用がないヘナは、黒髪では明るく染まることがなく、染色するには1~2時間以上の時間が必要です。

ヘナに含まれるローソンという成分は、タンパク質に絡みつくという性質があります。
その性質は髪の表面をコートし、傷んだ髪にハリやコシを与える効果があると言われています。

また、ヘナはトリートメントの効果を得ることができるというメリットもあります。30分程度であれば、髪や頭皮が染まることもないので、オススメです。

カラーリングで薄毛にならないためには対策が必要です

ヘナは頭皮にダメージを与えることもなく、薄毛になりにくいと言われていますが、中にはヘナ以外の成分が配合され、それが頭皮にダメージを与えることもあります。
また植物アレルギーを持っている人は、注意が必要です。

自分に合っているかどうかは最初にパッチテストを行い、トラブルがないかどうかを確認してから使うようにした方がいいでしょう。
カラーリングをすると必ずしも薄毛になるというわけではありません。

しかし頭皮へのダメージは否めないものです。できるだけカラー剤の影響を頭皮に与えないようにするには、いくつかのポイントがあります。

大事なことは、カラーリングをした日は、頭皮や髪にダメージを与えないことです。
頭皮に刺激のある頭皮用のヘアケア製品やマッサージを避け、シャンプーを控えるとカラーの持ちもよくなります。

自宅でヘアマニキュアを行う際、前日のシャンプーを控えると、皮脂が頭皮や毛穴にカラー剤が付着するのを防いでくれます。
また、日常から頭皮マッサージなどで、頭皮環境をよくしておくことで、ダメージを受けにくくなるので、日頃のケアをしっかりするようにしましょう。

(まとめ)女性の薄毛対策としてヘナはオススメ?

1.頭皮にダメージを与えないヘナは安全で女性の薄毛対策になります

カラーリング剤は頭皮や髪にダメージを与え、頭皮環境を悪くすることがあります。しかし天然成分で作られたヘナは頭皮へのダメージがないため安心して使うことができます。

2.ヘナが薄毛にならないと言われているのはハーブだからです

ヘナはハーブが原料であり、天然素材のものなので頭皮へのダメージがないと言われています。ただし、中には他の成分が配合されているものがあるので、注意して選ぶことが大切です。

3.ヘナにはトリートメント効果もあると言われています

アルカリ剤を含む一般のカラー剤は頭皮にダメージを与えることがありますが、ヘナはローソンという成分が髪のタンパク質に絡むだけなので、頭皮にダメージを与えることなく、また、天然のトリートメントの効果も期待できます。

4.カラーリングで薄毛にならないためには対策が必要です

ヘナを使用する際にはパッチテストで安全性を確認することが大事です。またヘアカラーのダメージを少なくするためにも、当日は頭皮に刺激を与えないことや日頃から頭皮環境を整えることが大切です。

薄毛に悩む女性によく読まれている症状について

薄毛が気になる女性の頭皮が赤い場合の原因は?

健康で元気な髪を育てるためには、頭皮が健康でなくてはいけません。頭皮の状態は、普段は髪に隠れているため、気を付けてみないとわからないという難点があります。痒みや痛みが出てから見るのでは、対策が遅れてしまいます。

続きを読む