ホルモンバランスが乱れるのは女性ホルモンのエストロゲンが薄毛に影響するからです

f4752f1bee00f7f09dfeeb79b1076862_s
女性の薄毛の原因として、ホルモンバランスの乱れが挙げられます。
それは女性ホルモンのエストロゲンには、毛髪を発達させ、毛髪の成長を持続させるという働きがあるからです。

40代後半からエストロゲンが減少することが髪の成長に影響し、薄毛になります。
薄毛対策としては、エストロゲンを減らさないようにすることが大切です。

エストロゲンが減少しホルモンバランスが乱れるのは加齢のせいだけではありません

女性ホルモンのエストロゲンが減少する原因としては、加齢があります。
日本人の平均閉経年齢は50歳と言われています。

閉経が近づくと、エストロゲンの量が急激に減少し、体にさまざまな症状が出てくるようになります。
閉経を迎える前後5年を更年期と呼び、頭痛や肩こり、ホットフラッシュ、めまいなどの症状のほか、薄毛や脱毛も起こります。

エストロゲンが減少することで、髪の成長期が短く、休止期が長くなります。
一つの毛穴から出る髪の本数が減る、髪の毛が細くなる、といった状態になり、薄毛になってしまうのです。

近年では若年層においても更年期のような症状が出るケースがあると言われています。

その原因はホルモンバランスの乱れです。
更年期障害は卵巣の機能が低下することでエストロゲンが減少し、起こる症状のことです。

20~30代などの若い年代は卵巣の機能が安定しているはずなので、更年期の症状が出ることはありません。
しかし、ストレスや不規則な生活、過労などが続くと自律神経のバランスが乱れて、ホルモンバランスも乱れます。

その結果、更年期のような症状が引き起こされるのです。

若い年齢で薄毛や抜け毛が増えているのも、そういった生活習慣が原因と考えられます。

出産後の薄毛や抜け毛もホルモンバランスが関係しています

imasia_11592970_M
女性の薄毛や抜け毛として産後脱毛があります。産後脱毛とは、出産後3カ月くらい経った頃から抜け毛が始まり、一時的に薄毛になってしまうことです。

原因はホルモンバランスの乱れです。
妊娠をすると女性ホルモンのエストロゲン、プロゲステロンの両方の分泌量が増加します。エストロゲンだけでなく、プロゲステロンの量も維持されることで、安全な出産ができるのです。

出産が終わるとエストロゲンやプロゲステロンの分泌量が急激に減り、通常のホルモン量よりも減ってしまうことがあります。

それも急激に減ってしまうので、体はその変化に対応できず体にはさまざまな症状が現れるのです。

その一つが薄毛や抜け毛です。妊娠中に大量に分泌されたエストロゲンが急激に減ってしまうため、髪が大量に抜けてしまうことがあります。
さらにプロゲステロンにも育毛を維持する働きがあり、出産後に分泌量が減ってしまうため、抜け毛が増えてしまうのです。

さらに出産後は育児によって睡眠不足やストレスがたまります。ストレスによって自律神経が乱れ、女性ホルモンのバランスも崩してしまうのです。

産後ダイエットも薄毛の原因になります。

早く元の体に戻したいと無理な食事制限などを行うことによって、ホルモンバランスが乱れてしまうのです。
出産後のダイエットは計画的に行うようにしましょう。

産後脱毛は一時的なもので、時間が経てば元に戻ることがほとんどです。あまり気にしないようにしましょう。

女性ホルモンのバランスを整える生活を心がけることが大切です

年齢によるエストロゲンの減少を引き留めることは難しいですが、減少を遅らせたり、急激に減ったりしないよう、努力することも必要です。

そのためには、生活習慣を見直しましょう。

食事においては栄養バランスの取れた食事を摂るとともに、エストロゲンと似た働きをすると言われている大豆イソフラボンを積極的に摂りましょう。
大豆イソフラボンは納豆や豆腐、ピーナッツなどに多く含まれています。

ストレスを溜めないよう、適度な運動をしたり、熱中できる趣味を見つけたりすることも大事です。
イライラしないように睡眠をしっかり取ること、過労になるまで仕事をせずに休息を取ること、疲れたらマッサージやエステなどに行ったり、旅行に出かけたりしてリフレッシュしましょう。

また、頭皮の血行をよくするためにも、頭皮マッサージやスカルプケアなどをすることも薄毛予防の一つです。
美容院などで頭皮マッサージをしてくれるので、お願いしてみましょう。ストレス解消にもつながります。

(まとめ)女性の薄毛の原因にもなるホルモンバランスとは?

1.ホルモンバランスが乱れるのは女性ホルモンのエストロゲンが薄毛に影響するからです

女性ホルモンのエストロゲンは毛髪の成長を促す働きがあります。そのため、エストロゲンが減少すると、女性は薄毛のリスクが高まります。女性ホルモンが減少しないよう、生活習慣などに注意することが大切です。

2.エストロゲンが減少しホルモンバランスが乱れるのは加齢のせいだけではありません

更年期が近づくと女性の体はエストロゲンの分泌量が急激に減ります。そのため髪の毛の成長期が短くなり、休止期が長くなることで薄毛になります。また、若い年代の女性も乱れた生活習慣によってホルモンバランスが乱れ、薄毛になることがあります。

3.出産後の薄毛や抜け毛もホルモンバランスが関係しています

出産後、抜け毛や薄毛になるのも、ホルモンバランスの乱れが原因です。妊娠中に分泌が増えた女性ホルモンが急に減ってしまうからです。さらに、出産後のダイエットや、育児による睡眠不足、ストレスなども薄毛の原因となります。

4.女性ホルモンのバランスを整える生活を心がけることが大切です

ホルモンバランスを整えるためには、規則正しい生活、栄養バランスのとれた食事、質の良い睡眠が大事です。食事では大豆イソフラボンを積極的に摂るようにしましょう。美容院で頭皮マッサージをしてもらうと、頭皮ケアとともにストレス解消にもなります。

薄毛に悩む女性によく読まれている症状について

薄毛が気になる女性の頭皮が赤い場合の原因は?

健康で元気な髪を育てるためには、頭皮が健康でなくてはいけません。頭皮の状態は、普段は髪に隠れているため、気を付けてみないとわからないという難点があります。痒みや痛みが出てから見るのでは、対策が遅れてしまいます。

続きを読む