女性の薄毛のメカニズムとしてヘアサイクルの休止期が長くなることで薄毛になります

34e4731ba409c5df2fdac696ce9df877_s
毛髪にはヘアサイクルがあり、髪が生える、伸びる、抜ける、休む、生える、というサイクルを生涯繰り返しています。
その際、通常、髪の伸びる期間である成長期は4~6年ですが、それが数ヵ月という短い期間になることがあります。

そのため、毛髪が細くなり、毛の隙間から地肌が透けて見えるようになり、毛髪は産毛が目立ち、薄毛となるのです。

成長期が短くなる原因はホルモンバランス、ダイエット、ストレスなどさまざまです

女性の場合、ヘアサイクルの成長期が短くなることで薄毛になる、というメカニズムになっています。

成長期が短くなる原因の一つは、過度なダイエットです。
近年では若い女性でも薄毛になる人が増えていますが、その原因がダイエットであるケースは少なくありません。

ダイエットによって栄養不足になることで女性ホルモンのバランスが乱れ、自律神経のバランスが乱れ、ストレスを招くこともあります。
また、ヘアカラーやパーマなどによる頭皮や髪へのダメージも、ヘアサイクルが乱れる原因となります。

日常において使用するスタイリング剤なども、頭皮への負担になるので、使い過ぎには注意しましょう。さらに、シャンプーの仕方、ドライヤーのかけ方が間違っていることも原因のひとつです。

正しい方法で行わないと、頭皮や髪に負担となり、ヘアサイクルを乱すことになります。
頭皮や髪に悪い影響を与えるので髪は乾かしてから寝るようにしましょう。

男性の薄毛と女性の薄毛ではメカニズムが異なります

gf1420623827l
男性ホルモンの影響で起こる男性型脱毛症は、女性でも発症する可能性があります。
男性と女性では発症する原因は同じですが、メカニズムが異なるため症状に違いが見られます。

男性型脱毛症の特徴として、前頭部や頭頂部の毛が薄くなったり、抜け毛が起こったりします。後頭部にはそれほど影響がありません。
これは、前頭部や頭頂部の毛根には、男性型脱毛症の原因となる5αリダクターゼ酵素があるのですが、後頭部や側頭部の毛根は、5αリダクターゼの活性が弱いためです。

そのため、男性型脱毛症は額や頭頂部が薄くなってしまうのです。
女性の場合は、そこまで顕著に薄毛になったり毛が抜けたりすることはありません。

女性の中にある男性ホルモンはそれほど多くなく、女性ホルモンは一定の量は分泌されるため、男性のように局所的に薄くなることはないのです。
生え際などは薄毛になりにくく、生え際の後ろから頭頂部にかけ、全体的に薄毛になるのです。女性の頭皮は酵素の活性や分布が男性とは異なるため、このような違いが生じると言われています。

また、男性型脱毛症は進行性なので、放置しておくと髪は抜けていく一方ですが、女性の場合は男性ほど抜けている心配はほとんどないと言われています。

女性でも注意しなければならない薄毛もあります

女性の薄毛は男性のように、一気に抜け毛が増えたり、薄毛になったりして二度と毛が生えこない、薄毛が顕著に分かるということはほとんどないと言われています。
しかし、女性も薄毛には注意しなければなりません。

近年では、女性の男性型脱毛症が増えていると言われているのです。
女性の薄毛は、髪全体が細くなり、コシがなくなってボリュームがなくなるという症状が一般的でしたが、最近では男性のように、頭頂部や生え際などの毛が抜けてしまうということもあるようです。

原因としては、女性ホルモンのバランスが崩れ、男性ホルモンの影響を受けやすくなっていることと言われています。
それも若い年代の女性に増えているため、注意が必要です。

女性の薄毛には男性型脱毛症のほかに、円形脱毛症や牽引性脱毛症、分娩後脱毛症、粃糠性脱毛症、脂漏性脱毛症などがあります。
牽引性脱毛症は髪型に注意することで改善され、分娩後脱毛症は時間が経てば元に戻ることが多いので、あまり心配はないでしょう。

粃糠性脱毛症はパーマやカラーリング、シャンプーなどを見直すことが大事です。
脂漏性になると、皮膚炎などになることもあるので病院に行くことをおすすめします。

注意したいのは円形脱毛症です。原因ははっきりとは分かっていないのですが、ストレスが引き金となることが多いと言われています。
繰り返し起こったり、長期にわたって改善されなかったりすると、それがストレスとなることがあるので、医療機関に行き、きちんと治すことが大事です。

(まとめ)女性の薄毛のメカニズムとは?

1.女性の薄毛のメカニズムとしてヘアサイクルの休止期が長くなることで薄毛になります

ヘアサイクルの成長期の期間が短くなると、毛髪が細くなり薄毛になります。成長期が短くなることで、地肌が透ける、細い毛が抜ける、髪のボリュームが減る、などといった変化が見られるようになります。

2.成長期が短くなる原因はホルモンバランス、ダイエット、ストレスなどさまざまです

ヘアサイクルの成長期が短くなる原因には、過度なダイエット、女性ホルモンのバランスの乱れなどほか、パーマやカラーリング、スタイリング剤などによる頭皮や髪へのダメージ、間違った方法でのシャンプーなども考えられます。

3.男性の薄毛と女性の薄毛ではメカニズムが異なります

男性型脱毛症は女性でも引き起こされる脱毛症ですが、男性ほど局所的に薄毛になることはなく、進行性でもありません。女性の場合は髪が細くなり、全体的に薄くなっていくのが特徴です。

4.女性でも注意しなければならない薄毛もあります

近年では女性でも男性のような局所的な抜け毛や薄毛になることもあると言われています。また円形脱毛症などは繰り返すこともあるので、原因を見つけ、早目の改善をすることが大事です。

薄毛に悩む女性によく読まれている症状について

薄毛が気になる女性の頭皮が赤い場合の原因は?

健康で元気な髪を育てるためには、頭皮が健康でなくてはいけません。頭皮の状態は、普段は髪に隠れているため、気を付けてみないとわからないという難点があります。痒みや痛みが出てから見るのでは、対策が遅れてしまいます。

続きを読む