女性の薄毛は、男性に比べて遺伝との関係性が低いようです

af9940090782l
男性の場合、遺伝によって薄毛になる可能性があると言われており、祖父母や叔父・叔母などに薄毛の人がいると、遺伝によって薄毛になる可能性が高いです。

一方、女性の場合も遺伝が関係しているケースがありますが、男性よりも遺伝が原因で薄毛になることは少ないようです。祖父母が薄毛だったとしても、女性の場合は過度に心配する必要はありません。

女性の薄毛は男性と比べると遺伝のリスクは少ないです

薄毛は遺伝によって引き起こされるとも言われています。人間は受精後、2~3ヵ月ごろに毛包ができ、遺伝子が受け継がれて最初の毛母細胞ができるという仕組みになっています。

このとき、男性型脱毛症の遺伝因子によって薄毛になる可能性が出てくると考えられているのですが、父と母から遺伝子を受け継ぐ場合、男性型の遺伝因子がなければ薄毛にはなりません。
父、母、両方から受け継いだ場合は、男性も女性の薄毛の可能性が出てきますが、どちらか一方から受け継いだ場合、男性の場合は薄毛の可能性が高まり、女性の場合は薄毛にならないと言われています。

遺伝の確率としては、男性は71~75%、女性は25~29%の割合だそうです。
女性の薄毛の原因はいろいろ考えられるのですが、はっきりとした直接原因はわかっていません。

同じ遺伝子を受け継いだ方でも、女性の場合は薄毛の症状が全く違うこともあるようで、女性の薄毛と遺伝に関しては、はっきりと解明されていないのが現状のようです。

女性も男性型脱毛症になることがあります

異常毛根の原因
女性でも男性型脱毛症になることがあります。男性型脱毛症は、男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼという酵素によってジヒドロテストステロンに変換され、この男性ホルモンが毛母細胞に入ることで、毛母細胞の細胞分裂が妨げられるのです。

男性ホルモンが毛母細胞に入る原因は、受容体を持っているかどうかによるもので、これは遺伝によるものと考えられています。女性であっても男性ホルモンの受容体を受け継いでいれば、男性型脱毛症のリスクがあると考えられます。

それは、女性の体の中にも男性ホルモンが存在しているからです。しかし、女性は男性のような大きな影響は受けません。

女性ホルモンの分泌が活発であれば、女性の中の男性ホルモン濃度は男性の1/20程度なので、影響が少ないのです。

さらに女性ホルモンのエストロゲンの働きで、ヘアサイクルが長くなるため、薄毛の進行もゆるやかで急に薄くなる、部分的に髪が抜けるということはありません。

ただし、加齢や生活習慣などによって女性ホルモンが減少すると、男性ホルモンの影響によって、男性型脱毛症が起こりやすくなると考えられています。

遺伝を気にするよりも女性ホルモンのバランスに注意することが大事です

女性の場合、遺伝によって薄毛になる可能性は少なく、そこまで心配する必要はありません。もっと注意しなければならないのは、女性ホルモンのバランスが崩れて男性ホルモンの影響を受けることです。

遺伝による女性の薄毛対策としては、女性ホルモンのバランスを整えることが大事です。

まずはホルモンバランスを崩すような生活習慣を改めましょう。
夜はできるだけその日のうちに寝るようにして、早寝早起きを心がけ、成長ホルモンの分泌を妨げないこと、1日3食の食事をきちんととり、偏食をしないこと、冷たいものを食べたり、飲んだりしすぎず、体を冷やさないようにすることなどです。

また、無理なダイエットも禁物です。
栄養不足は女性ホルモンのバランスが乱れるだけでなく、薄毛の原因にもなります。

適度な運動をして血行をよくし、筋肉をつけ、大豆イソフラボンなど女性ホルモンと似た働きをする栄養素を積極的に摂ることも必要です。さらに、ストレスを溜めないことが重要です。
ストレスを感じたら無理をせず、自分なりのストレス発散法を見つけストレスを解消しましょう。

(まとめ)遺伝と女性の薄毛の関係とは?

1.女性の薄毛は、男性に比べて遺伝との関係性が低いようです

女性の薄毛の原因において遺伝は男性よりも可能性が低いようです。祖父母や叔父・叔母からの遺伝においては、ほとんど心配ないと言われていますので、日常生活のケアに注意しましょう。

2.女性の薄毛は男性と比べると遺伝のリスクは少ないです

女性の場合は遺伝によって薄毛が起こるという可能性は、男性に比べると格段に低いです。同じ遺伝子を受け継いだとしても、症状が異なることもあり、女性の薄毛と遺伝に関してははっきりと解明されていません。

3.女性も男性型脱毛症になることがあります

女性の体内にも男性ホルモンがあるため、男性型脱毛症になるリスクがあります。症状は男性と比べると軽いですが、女性ホルモンが減少すると男性型脱毛症になりやすくなります。

4.遺伝を気にするよりも女性ホルモンのバランスに注意することが大事です

遺伝による薄毛を気にするより、男性ホルモンの影響を受けないよう女性ホルモンのバランスを乱さない生活を心がけることが大事です。規則正しい生活、栄養バランスの取れた食事、運動、などを心がけ、ストレスのない生活をしましょう。

薄毛に悩む女性によく読まれている症状について

薄毛が気になる女性の頭皮が赤い場合の原因は?

健康で元気な髪を育てるためには、頭皮が健康でなくてはいけません。頭皮の状態は、普段は髪に隠れているため、気を付けてみないとわからないという難点があります。痒みや痛みが出てから見るのでは、対策が遅れてしまいます。

続きを読む