女性が薄毛にならないためには、栄養不足にならないよう食事をとることが大切です

fc22f2f1d202144a5476d0bc2b5cf267_s
ダイエットなどで食事制限をすると、頭皮に必要な栄養素が不足してしまうことがあります。

髪が成長するためにはケラチンが必要です。
ケラチンはアミノ酸からできているため、良質なタンパク質の摂取が必要となります。

さらに髪が正常に育つためには細胞分裂が正しく行われることが大切なので、そのためにはビタミン、ミネラルも必要となるのです。

ダイエットなどでお肉を食べない、油ものを控えるといった食生活は栄養不足につながり、薄毛の原因となります。
薄毛にならないためには、髪の成長に必要な栄養素をバランスよく摂ることが大切です。

栄養不足になると薄毛になるのは毛乳頭に栄養が行かなくなるからです

髪は毛母細胞において細胞分裂を繰り返すことで成長しています。毛母細胞が正常に分裂を繰り返すには、毛乳頭にしっかりと栄養が届いていることが大事です。
毛乳頭の根の部分は血管とつながり、そこを流れる血液から栄養を取り入れています。

髪の栄養は血液がしっかりと頭皮に届くことと、髪の成長を流す栄養素が血液中に十分にあることが大事なのです。
ダイエットなどで栄養が取れなくなると、血液もきちんと作られなくなります。

油抜きダイエットなどをすると頭皮が乾燥し、頭皮環境が悪くなるものです。頭皮環境が悪くなれば、髪の成長が妨げられてしまいます。

さらにカロリーの摂取を控えすぎると体力も低下します。特にエネルギーのもととなる炭水化物の摂取を制限すると、体を動かしにくくなります。

その結果、代謝が悪くなる、血流が悪くなる、ストレスが溜まるなどといった弊害が生まれ、頭皮環境が悪化してしまうのです。

栄養不足は女性ホルモンのバランスも崩します

imasia_9983761_M
女性ホルモンのエストロゲンには、髪の成長を持続させる働きがあります。
またコラーゲンの生成を促す働きがあり、ホルモンバランス乱れてエストロゲンが不足すると、髪が細くなり、ツヤやハリも失われてしまいます。

女性ホルモンが乱れると、薄毛のほかにも、生理不順、肩こり、腰痛、頭痛、貧血、冷えなど、さまざまなトラブルが出てきます。
また、太りやすくなり痩せにくくなるといった体質になることもあります。

この女性ホルモンが乱れる原因の一つは栄養不足です。
過度なダイエットなどにより、タンパク質や鉄分、ビタミンなどが不足すると女性ホルモンのバランスが乱れてしまいます。

血液や筋肉、内臓、骨、女性ホルモンの材料になるタンパク質、血液の材料になる鉄分はしっかり摂ることが必要です。
またストレスによって女性ホルモンが乱れることがあり、それが薄毛の原因になることも考えられます。

対策の一つとしては、精神を安定させるセロトニンを増やすことです。
そのためには、玄米やバナナなどビタミンB群を積極的に取り入れるといいでしょう。

髪を成長させる栄養素や抗酸化作用のある栄養素を摂りましょう

女性の薄毛を予防・改善するには、栄養不足にならないよう注意が必要です。

そのためには、肉や魚、卵、乳製品、大豆、納豆、豆腐などのタンパク質、緑黄色野菜やレバー、カツオ、マグロ、イワシ、サバ、バナナなどのビタミン類、あさりや菜の花、ホウレンソウ、牡蠣、ブロッコリーなどの鉄分を積極的に摂るようにしましょう。

血行をよくするブリやサバ、コラーゲンを含む鶏の手羽、長いも、レンコンなどもオススメの食材です。
また、活性酸素が過剰に発生すると細胞が酸化してしまうので、それを中和するために、抗酸化作用のある食べ物を摂ることも大事です。

緑黄色野菜やレバー、うなぎ、柑橘類やイチゴ、ナッツ類や魚介類などのビタミン類を毎日摂るようにしましょう。

ただし、栄養不足が薄毛によくないからといって、食べ過ぎはよくありません。
脂肪分の多い食事をすると、皮脂の分泌が過剰になり頭皮環境が悪化し、薄毛につながります。

また注意したいのは、甘いものの食べ過ぎです。糖分を摂りすぎると、ビタミンやミネラルを消費し、必要な栄養素が失われてしまいます。
分解される際に代謝機能も低下するので、皮脂に分泌が増えてしまうというデメリットが出てきます。

糖分の過剰摂取にも注意しましょう。

(まとめ)栄養不足が女性の薄毛の原因になる?その解消法とは?

1.女性が薄毛にならないためには、栄養不足にならないよう食事をとることが大切です

栄養不足で薄毛にならないためには、髪の成長に必要なタンパク質やビタミン、ミネラルといった栄養素をバランスよく摂ることが必要です。過度な食事制限のダイエットは控えるようにしましょう。

2.栄養不足になると薄毛になるのは毛乳頭に栄養が行かなくなるからです

ダイエットなどで栄養が取れないと、毛母細胞での細胞分裂が妨げられてしまい、髪は成長しなくなります。エネルギーのもととなる炭水化物を控えた際に、代謝が悪くなったり血流が悪くなったりするのも、薄毛の原因です。

3.栄養不足は女性ホルモンのバランスも崩します

栄養不足によってタンパク質や鉄分などが不足すると、女性ホルモンのバランスも乱れます。女性ホルモンのバランスが乱れれば、薄毛だけでなく、貧血や冷え性、生理不順、肩こり、腰痛などのトラブルを起こすリスクがあります。

4.髪を成長させる栄養素や抗酸化作用のある栄養素を摂りましょう

女性の薄毛を予防・改善するには、髪の成長を促すタンパク質やビタミン類、血液を作る鉄分、血行をよくするDHAやEPA、さらに抗酸化作用のある食べ物を摂るようにしましょう。

薄毛に悩む女性によく読まれている症状について

薄毛が気になる女性の頭皮が赤い場合の原因は?

健康で元気な髪を育てるためには、頭皮が健康でなくてはいけません。頭皮の状態は、普段は髪に隠れているため、気を付けてみないとわからないという難点があります。痒みや痛みが出てから見るのでは、対策が遅れてしまいます。

続きを読む