女性の薄毛の原因には女性ホルモンが関わっていることが多いです

d88edf5d12cb9c854af30edfe535f939_s
一口に女性の薄毛といっても、その種類は多岐にわたります。たとえば、生え際の髪の毛が少なくなったり、頭頂部が薄くなったりするのは男性型脱毛症、ストレスや免疫機能の異常により円形に脱毛が起こるのが円形脱毛症であり、そのメカニズムもさまざまです。

しかし、女性の薄毛の多くは、女性ホルモンが原因に挙げられます。
髪の毛全体のボリュームが少なくなって、ぺっちゃんこになってしまったり、髪の分け目の頭皮が目立ったりしてきたら、その薄毛は女性ホルモンのバランスの乱れに原因があるかもしれません。
女性は、中年以降になると全体的に髪の毛が薄くなってきます。
これは、女性ホルモンの分泌量から考えれば自然なことですが、最近では20~30代の女性にもこのような症状が見られることがあります。

女性ホルモンが原因で起こる脱毛症は少なくない

上記の通り、女性に起こる脱毛症の中でもよく見られるのが、女性ホルモンの低下によるものです。
髪の毛と女性ホルモンと聞いても、その関連性がすぐに思い浮かばない方もいるかもしれませんが、髪の成長と女性ホルモンのひとつであるエストロゲンには、大きな関わりがあります。

30代後半になると、加齢に伴って女性ホルモンの分泌量は減っていき、40歳を過ぎたころからさらに減少は加速します。
更年期を迎えると、相対的に男性ホルモンが優位になりがちになり、薄毛が進んでしまうのです。

ただ、更年期とは無関係な年齢でも、女性ホルモンのバランスが崩れれば薄毛になることがあります。
出産後に抜け毛や薄毛が気になるのも、妊娠中に減少していたエストロゲンが急激に増える、女性ホルモンによるものです。
また、甲状腺の機能低下による脱毛症も、40歳すぎの女性によく起こるといわれています。

若くても女性ホルモンのバランスは崩れる

af9940073845l
薄毛というと、更年期の女性や40代以降に起こるもの、と思われがちですが、最近では20代や30代の女性でも薄毛症状がみられます。
これには、さまざまな原因が考えられますが、女性の社会進出にも関わりがあると言えるでしょう。
男性のような仕事量を、男性同様の責任でこなさなければならない女性は、常に強いストレスにさらされています。
その上、生活も不規則になりがちで食生活も乱れやすいです。
こうした女性は20代や30代前半であっても薄毛に注意が必要です。

薄毛だけでなく、女性なのにヒゲや体毛が濃くなったり、吹き出物が出やすくなったり、加齢臭が気になったりと、このような現象は女性ホルモンが低下して男性ホルモンが相対的に強く働いているサインなのです。
男性ホルモンは女性の中にもあるもので、問題は2つのホルモンのバランスです。

ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンの一種であり、髪の毛の成長を妨害し薄毛や抜け毛の要因となります。
さらに、頭皮の皮脂の分泌を促進させるため、毛穴に汚れが詰まりがちになって頭皮環境も悪くなるのです。

薄毛が気になった時は早急に対策を講じよう

女性ホルモンが原因の薄毛や抜け毛が気になったら、まずは生活習慣を改めて、できるだけストレスの原因となるものを日常から排除することが大切です。
ストレスは、自律神経やホルモンバランスを崩し、毛母細胞や頭皮へ行きわたるべき栄養がきちんと供給されなくなるのです。

また、ヘアサイクルを正常な状態に保つために、食事のバランスに注意しましょう。
髪の毛の健康に特に欠かせないのは、ビタミンやミネラルです。
さらに、自律神経を安定させるために、睡眠時間をしっかりと確保してください。
生活習慣を改めるだけでも、薄毛が改善することもあります。

ただ、こういった努力だけでは症状に変化がないという場合には、育毛剤や育毛シャンプーを試すのもよいでしょう。
女性用育毛剤の種類は豊富ですし、サプリメントもあるので、自分に合ったものを選ぶようにしてください。

(まとめ)女性の薄毛と女性ホルモンとの関係は?

1.女性の薄毛の原因には女性ホルモンが関わっていることが多いです

女性の薄毛にもさまざまなものがありますが、女性ホルモンのバランスの乱れが原因となることが多いです。
髪全体のボリュームが薄くなり、分け目が目立つが特徴で、最近では若い女性にも起こることがあります。

2.女性ホルモンが原因で起こる脱毛症は少なくない

女性ホルモンの低下により脱毛症になる女性は少なくありません。
原因としては、エストロゲンが深く関わっており、女性ホルモンの分泌量が減る更年期や出産後にその症状が見られるケースが多いです。

3.若くても女性ホルモンのバランスは崩れる

最近では、20~30代の女性にも薄毛症状がみられることが増えています。
これは、女性の社会進出などにより、過度のストレスや不規則な生活が増え、男性ホルモンが優位になりやすくなっていることが原因のひとつです。

4.薄毛が気になった時は早急に対策を講じよう

薄毛が気になったら、まずは生活習慣を見直してストレスをなくす努力をすることが大切です。
ストレスはホルモンバランスを崩しますし、頭皮への栄養の運搬を阻害します。
それでも症状が改善しなければ、女性用育毛剤を使うのもよいでしょう。

薄毛に悩む女性によく読まれている症状について

薄毛が気になる女性の頭皮が赤い場合の原因は?

健康で元気な髪を育てるためには、頭皮が健康でなくてはいけません。頭皮の状態は、普段は髪に隠れているため、気を付けてみないとわからないという難点があります。痒みや痛みが出てから見るのでは、対策が遅れてしまいます。

続きを読む