女性の薄毛には頭頂部が薄くなるものもあります

imasia_13996717_M (1)
女性の薄毛で最も多いのが、「びまん性脱毛症」です。びまん性脱毛症は、髪の毛が全体的に薄くなる症状ですが、まずは頭頂部や髪の分け目から薄毛が目立ち始めます。
びまん性脱毛症は、髪の毛と頭皮のいわゆる老化現象で、加齢とともに表れますが、近頃では20代~30代の若い女性にもこの症状がみられることがあります。

「びまん性」という言葉が、「広範囲に広がる」という意味を持つことからもわかるように、全体的に髪の毛が薄くなり、その進行にはなかなか気づくことができないこともあるでしょう。

びまん性脱毛症が起こる原因には、女性ホルモンのバランスがあるとされています。
気づいた時には頭頂部がかなり薄くなっていた、ということがないよう、早めの対処が必要です。

びまん性脱毛症の症状は男性型脱毛症とは異なります

びまん性脱毛症は、中年以降の女性に多く起こります。その症状は、男性型脱毛症とメカニズムが同じで、成長がストップする休止期にある毛髪の割合が多くなって結果的に抜け毛が増え、地肌が目立つほど脱毛が進んでいきます。
頭皮の一つの毛穴から生えるのは通常3本程度ですが、女性ホルモン、エストロゲンとプロゲステロンのバランスが乱れて、この本数が減ったり、髪自体が細くなったり、色が薄くなったりします。

男性ホルモンや、遺伝の要素が原因に大きく関わっていると言われる男性型の脱毛症と違うのは、おでこの生え際部分の後退が起こらない点です。
男性の脱毛症のように頭皮が露出することもありません。

自分ではなかなか気づきにくいびまん性脱毛症ですが、自分の頭頂部を合わせ鏡やスマートフォンのカメラなどで確認すると、この脱毛症になっているかどうかがわかるでしょう。

頭頂部(つむじ部分)や分け目の地肌が目立ってきたと感じたら、要注意です。
女性のびまん性脱毛症では、頭全体の髪の毛が薄くなるため、脱毛部分とそうでない部分の境界ははっきりとはわかりません。

びまん性脱毛症の原因はさまざまです

imasia_12236849_M
加齢

男性ほどではありませんが、女性ならは特に60歳以降はこのような脱毛症状が多かれ少なかれ見られます。
加齢により細胞が老化したり動脈硬化で血流が悪くなったりして、毛包がだんだん消えていくことが影響しています。

ストレス

現代では昔と違い、男性並みに責任のある仕事をバリバリとこなす女性が珍しくありませんが、受けるストレスも男性並みとなっています。
仕事や育児、家庭内の問題などで精神的なストレスを受けると急激に薄毛が進行することもあります。

過度のダイエット

ダイエットで極端な食事制限をして栄養失調状態になると、毛根にも十分な栄養がいきわたりません。
成長期にある毛髪もその状態を維持できす、休止期の毛が増えて若い女性であっても脱毛へとつながります。

経口避妊薬の服用

経口避妊薬(ピル)は、女性ホルモンの一種プロゲステロンですが、これをある一定期間服用した後、中止すると休止期状態の髪の毛が増えて、びまん性脱毛症を起こすこともあります。

びまん性脱毛症の対策

女性に起こる脱毛症に対しては、男性同様に育毛剤も有効であると言われます。
ホルモン剤以外の薬剤が主に用いられ、栄養剤や血管拡張剤などが使われています。

女性の薄毛には、植物の多糖類が効果的であるとされています。ただ、とくに若い女性にも起こるこの脱毛症には、生活様式を改めるのがやはり大切です。

ストレスが多ければその原因となるものをできるだけ排除し、ダイエットでは無理な食事制限はやめ、適度な運動を毎日の習慣に取り入れてください。

また、女性によくありがちな、ヘアケアのしすぎにも注意が必要です。シャンプーは1日1回までにして、シャンプーは髪と地肌にやさしいものがおすすめです。

ドライヤーのかけすぎや、パーマ液や毛染め液の使用も、髪がやせる原因となりますからできるだけ避けてください。毛穴のつまりや炎症は薄毛を引き起こすので、頭皮を健康な状態に維持することが重要です。

健康な髪の毛を作るには、土壌となる頭皮をケアすることが大事ということを忘れないようにしましょう。

(まとめ)女性でも頭頂部が薄毛になることはあるの?

1.女性の薄毛には頭頂部が薄くなるものもあります

女性の薄毛で最も多いのが「びまん性脱毛症」で、全体的に髪の毛が薄くなっていきますが、まず頭頂部の薄毛から発覚することがあります。原因には女性ホルモンバランスの乱れにあるとされ、早めの対処が必要になります。

2.びまん性脱毛症の症状は男性型脱毛症とは異なります

びまん性脱毛症は通常、中年以降の女性に起こります。休止期の髪の毛の割合が増えて、髪の毛全体の量が減り、1本1本が細くなり、色が薄くなります。
自分の頭頂部や分け目をチェックすることは、この脱毛症かどうかの判断基準のひとつです。

3.びまん性脱毛症の原因はさまざまです

びまん性脱毛症になる原因にはさまざまなものがあります。年齢による老化現象や、ストレスや過度のダイエット、経口避妊薬の内服などはよく見られる要因となっています。

4.びまん性脱毛症の対策

びまん性脱毛症の対策には育毛剤が有効です。その他、生活習慣を改め、無理なダイエットや過度のヘアケアをやめることが大切といえます。健康な髪の毛には、健康な地肌づくりが必要です。

薄毛に悩む女性によく読まれている症状について

薄毛が気になる女性の頭皮が赤い場合の原因は?

健康で元気な髪を育てるためには、頭皮が健康でなくてはいけません。頭皮の状態は、普段は髪に隠れているため、気を付けてみないとわからないという難点があります。痒みや痛みが出てから見るのでは、対策が遅れてしまいます。

続きを読む