日光は女性の薄毛に悪い影響を与えています

紫外線は皮膚だけでなく、頭皮や髪の毛に悪影響を与えています。

紫外線を浴びた頭皮は日焼けし、炎症を起こした状態となりますし、日焼けした部分の毛母細胞も、確実にダメージを受けています。

これらが、抜け毛や薄毛の原因となりえるのです。

また、髪の毛は角化細胞でできているので、一度日焼けすると元の状態に修復することは不可能です。
日光による薄毛や毛髪へのダメージを防ぐには、頭皮のUVケアが欠かせません。

紫外線は目に見えませんが、実は夏が始まる前に紫外線量は増えてきているので、早めの対策が必要です。
紫外線対策にはさまざまなものがありますので、正しい方法で予防やケアしていくことが大切でしょう。

紫外線は夏前に強くなる

紫外線対策は夏にするもの、と思っている方がいるかもしれません。
しかし、夏前の紫外線量は既にとても多いのです。

例えば関東地方では、4月になると日射量が急激に増え、5月には最大量となって、梅雨のある6月は低くなるものの、7~8月にはまた増えていくということを気象庁のデータは示しています。
ただ、この日射量は、紫外線量とイコールではありません。

地上で測定される紫外線量は、オゾン層や太陽、大気中の不純物などにより変わってくるためです。
関東地方においては、「UVインデックス」という紫外線による影響の強さの指標が、5月以降増えてきてピークは8月となっています。

夏はまだまだ先だから、と無防備な頭皮や肌のままでいると、気が付いたときは手遅れ、ということもあります。

特に頭皮のケアは忘れがちで後回しにされる方も多いので、注意が必要です。
早めの対策が、女性の薄毛や抜け毛の防止につながります。

紫外線対策は、5月くらいから始めるのがおすすめです。

紫外線が髪と頭皮に及ぼす悪影響

af9920043828l (1)
紫外線による日焼けやシミなどを恐れる女性は多いと思いますが、頭皮や毛髪への影響は後回しにされることが多いようです。
しかし、紫外線はヘアにダメージを与えるだけでなく、薄毛や抜け毛、さらには白髪の原因にもなります。

紫外線を浴び続けると、老化が起こります。
肌の日焼けも紫外線による老化を招きますが、髪の毛が浴びる紫外線の量は皮膚よりも多いのです。

紫外線は、UV-A波、UV-B波、そしてUV-C波に分けられます。このうちUV-A波とB波は日焼けの原因となります。

紫外線によりダメージを受けた毛母細胞は、働きがにぶり、薄毛や抜け毛が引き起こされるのです。

つむじの部分や頭頂部、分け目から薄毛になることが多いのは、紫外線によるものではないかとの見方もあります。
さらには、紫外線によって毛根を包む毛包に存在する色素幹細胞がダメージを受ければ、DNAが損傷し、白髪となる可能性も危惧されます。

紫外線を長時間浴びた髪の毛は日焼けし、毛髪内部のメラニンが分解されたので髪の色が赤茶けてきます。
また、毛髪のたんぱく質を構成するシステインの結合を切断するために、ケラチンとよばれるたんぱく質からできている髪の毛は、切れ毛や枝毛などのダメージを受けます。

こうして防ぐ頭髪の紫外線ダメージ

では、どのようにして紫外線による悪影響を防げばよいのでしょうか。

UVカット成分でヘアケア

UVカット効果があるとされるトリートメントがいろいろと出回っていますので、これらを試すのがおすすめです。
スプレータイプであれば、時間がない外出前でもさっと使用でき、しっかりと紫外線を防ぎながらも髪にうるおいツヤが与えられ、頭皮の日焼け防止にもなります。

日傘や帽子は積極的に

日側と帽子はファッション小物の一部として、通勤やふだんの外出時にどんどん取り入れましょう。
UVカット機能があるものがおすすめです。
日傘は、黒色のものが紫外線をほとんど通過させないとされています。

お昼前の外出は要注意

1日のなかで、最も紫外線量が多いのは11:00~12:00であるといわれます。この時間帯と、その前後を含めた10:00~14:00は要注意時間帯です。
上記の時間帯を避けられるのであれば、できるだけ別の時間に外を歩くようにしてみてください。

(まとめ)女性の薄毛に日光は影響を与える?

1.日光は女性の薄毛に悪い影響を与えています

紫外線は頭皮や髪に悪影響を及ぼし、薄毛の原因にもなります。対策としては、早い段階でのUVケアを行う必要がありますが、さまざまな方法があるのできちんと選択することが大切です。

2.紫外線は夏前に強くなる

紫外線量が増えるのは、夏になってからではなく5月くらいには既にとても多くなっています。薄毛や抜け毛を防ぐには、5月の段階で頭皮のUVケアをするのがおすすめです。

3.紫外線が髪と頭皮に及ぼす悪影響

毛髪や頭皮は、肌以上に紫外線のダメージを受けやすい部分です。紫外線を浴びた毛母細胞はそのダメージにより働きがにぶくなって抜け毛や薄毛を引き起こし、毛髪は色の赤茶けや切れ毛などを引き起こします。

4.こうして防ぐ頭髪の紫外線ダメージ

紫外線による頭皮と髪へのダメージを防ぐために、UVカット効果のあるヘアトリートメントを使うのはおすすめです。また、日傘や帽子を活用したり、紫外線量が多い11:00~12:00の外出には十分に注意したりしましょう。

薄毛に悩む女性によく読まれている症状について

薄毛が気になる女性の頭皮が赤い場合の原因は?

健康で元気な髪を育てるためには、頭皮が健康でなくてはいけません。頭皮の状態は、普段は髪に隠れているため、気を付けてみないとわからないという難点があります。痒みや痛みが出てから見るのでは、対策が遅れてしまいます。

続きを読む