後天的にくせ毛になった女性は薄毛にも注意が必要です

af9940078593l
日本人には、生まれつきくせ毛の人が多くいます。
こういう人に関しては、特に薄毛との因果関係は見つかっていません。
しかし、昔はそれほど薄毛ではなかったのに、気が付いたら薄毛になっていたという人や、くせ毛が最近ひどくなってきたという人は髪が傷んでいる可能性があります。

髪の傷みは薄毛の原因となってしまうため、こういう人は薄毛になってしまう可能性が高い人と言えるでしょう。

先天的な薄毛ではなく後天的な薄毛に注意しましょう

日本人は、約70%がくせ毛だとも言われています。長いストレートの黒髪というのは、日本人女性の美の象徴のように言われることもありますが、実はストレートの女性はそれほど多くないのです。
こうした日本人女性のくせ毛には、ふたつの種類があります。

遺伝的なくせ毛

生まれた時からくせ毛で、子どもの時も髪の毛がくるくるしていたり、うねっていたりというタイプです。
この場合、特に髪の健康が損なわれてくせ毛になっているわけでもなく、それが自然な状態ですから問題はありません。

後天的なくせ毛

ところが、生まれた後でくせ毛になってしまうというケースもあります。これは、髪の毛が傷んでねじれが出てしまったり、うねってまとまらなくなってしまったりしているケースです。
また、毛穴が詰まって真っ直ぐに髪が出てこられなくなっているという可能性もあります。

このような後天的なくせ毛は、頭皮環境が髪にとって良くない状況になっているということですから注意が必要です。

生まれつきのくせ毛の人のすべてが心配なしというわけではありません

af9960012119l
遺伝的なくせ毛が直接薄毛に繋がるということはありませんが、もともとくせ毛だった人は薄毛になる可能性が低いというわけではありません。遺伝的なくせ毛は薄毛リスクが低いということではなく、薄毛要因にはならないだけだということを覚えておきましょう。

縮毛矯正やストレートパーマ

生まれつきくせ毛の人の中には、まっすぐのさらさらした髪の毛に憧れて、縮毛矯正やストレートパーマをかける人がたくさんいます。
しかし、こうした行為を繰り返していくと、髪にどんどんダメージが蓄積されてしまいます。

刺激の強いパーマ液を使ったり、高温でパーマをかけたりすると、髪が傷んでしまうのです。
もちろん、ヘアアイロンも同様です。コテやカーラーで髪の毛をセットしている人は、日常的に行うのではなく、特別なおでかけの時だけにするなど、髪をいたわるようにしましょう。

生活習慣

髪に悪い生活習慣を送っていれば、もともとくせ毛であったかどうかに関わらず髪の健康は損なわれていきます。
最近、昔よりも髪がまとまらなくなったと感じたり、逆に髪が細くなって扱いやすくなった、などといった髪の変化に気付いたりしたら、薄毛に繋がるような生活を送ってしまっていないか考えてみましょう。

最近髪の毛がまとまらないと思ったら、髪のケアに力を入れるようにしましょう

自分がくせ毛になってきたかもしれないというのは、毎日の髪のセットの時に気付きやすくなります。髪に触れた時の手触りや、髪のまとまり具合が変化しているように感じたら、髪のケアに力を入れ始める必要があります。
もっとも、こうした変化はほんの少しずつ起こることですから、ある日突然劇的な変化があるということはありません。

昨日と比べてどうかということではなく、「そういえば、前はもう少し髪のセットが楽だったような……」といった、ちょっとした違和感を大切にキャッチするようにしてください。

また、髪の毛を1本手にとって触ってみると、その髪の状態がはっきりわかります。
でこぼこしていたり、ざらつきを感じたりするような場合はくせ毛になっている可能性が高いでしょう。

くせ毛になってしまったら、髪の洗い方や普段食べている食事の栄養内容を見直してみましょう。また、頭用の保湿剤などを使うのもお勧めです。

最近疲れていると感じる人は、毎日日付が変わる前にベッドに入ってまとまった睡眠をとるだけでも、頭皮を含めた心身の健康を高めることができます。

(まとめ)くせ毛の女性は薄毛になりやすい?なりにくい?

1.後天的にくせ毛になった女性は薄毛にも注意が必要です

生まれつきくせ毛の人はそれほど気にする必要はありません。しかし、後天的にくせ毛になったという人は、髪がダメージを受けている可能性があり、薄毛に繋がってしまうことがあります。

2.先天的な薄毛ではなく後天的な薄毛に注意しましょう

くせ毛には、遺伝的と後天的のふたつの種類があります。遺伝的なくせ毛の場合は特に心配はいりませんが、後天的にくせ毛になった場合は頭皮環境に問題があるかもしれません。

3.生まれつきのくせ毛の人のすべてが心配なしというわけではありません

生まれつきのくせ毛の人でも、ストレートパーマなどで髪に強い刺激を与えたり、髪のためにならない生活環境を続けていたりすると薄毛になってしまう可能性があります。髪の変化を感じたら、くせ毛だから大丈夫と思ってしまわずに気を付けるようにしましょう。

4.最近髪の毛がまとまらないと思ったら、髪のケアに力を入れるようにしましょう

くせ毛になってきたかもしれないと感じたら、毎日の髪の洗い方や、食事の栄養内容を見直してみましょう。また、疲れがたまっている人は日付けが変わる前にベッドに入ってまとまった睡眠をとってみてください。

薄毛に悩む女性によく読まれている症状について

薄毛が気になる女性の頭皮が赤い場合の原因は?

健康で元気な髪を育てるためには、頭皮が健康でなくてはいけません。頭皮の状態は、普段は髪に隠れているため、気を付けてみないとわからないという難点があります。痒みや痛みが出てから見るのでは、対策が遅れてしまいます。

続きを読む