髪のお洒落のしすぎは抜け毛・薄毛を招きます

gf2160257698l
ヘアカラー・ブリーチ・エクステなどを繰り返すと、頭皮に負担がかかります。ワックスやスプレーで固めたまま寝てしまい、汚れが詰まってしまうこともあります。

正しくシャンプーした後によく乾かして、髪が生えやすい素地を整えましょう。トリートメントやリンスの成分が合わないことも、抜け毛が増える原因です。
有効成分に目を通し、髪に優しいアイテムを選んでください。

ヘアカラーやブリーチは頭皮へのダメージを与えます

美容室でカラーをするときには、専用の保護材を使います。最初と最後にシャンプーをして、薬剤が残らないようにする配慮もあります。

ここまで念入りに行っても、頭皮に負担がかかってしまうのです。抜け毛が増えたと感じたときには、カラー・ブリーチはお休みしましょう。

エクステ・縮毛矯正などの髪のお洒落も、避けるのが無難です。どうしてもしないと気がすまないなら、頻度を調整してください。

カラーをするのは、2ヶ月から3ヶ月に一度が目安です。エクステ・縮毛矯正は、半年に1回にとどめましょう。

また、決まったお小遣いの中でやりくりするためとは言え、自宅で行うのは危険です。
毛質に合わせた液剤を使い、頭皮に汚れを残さないためには、できる限り美容師さんにお願いしましょう。

傷んだ状態の頭皮に負担がかかると、どんどんダメージは蓄積します。ひどく薄毛が進行してから気にしても、リカバリーが難しくなります。
取り返しがつかない状態になる前に意識して、抜け毛を減らしていきましょう。

薄毛を防ぐシャンプー方法を覚えましょう

gf2160257643l
ワックス・スプレーでスタイリングをした日には、髪を洗ってから就寝します。
地肌の清潔さを維持する、正しいシャンプー手順を見てみましょう。

ブラッシング

シャワーに入る前に、軽く髪をとかします。奥に入り込んだ汚れを浮き上がらせて、落としやすくする効果があります。

ぬるま湯で洗う

38度から40度のぬるま湯で、髪全体を濡らします。
お湯だけで汚れを落とすイメージで、地肌までしっかりと湿らせましょう。

頭皮を触ってべたつく感じがなければ、きちんと洗えている証拠です。

シャンプーで洗う

よく泡立てたシャンプーを地肌に乗せ、指の腹を使って洗います。
爪をたてると傷がついてしまうので、あくまで優しく洗うのがポイントです。

ぬるま湯できっちり泡を落とした後、タオルドライをしたら完了です。

シャワーからでたら、すぐに髪を乾かします。きれいなタオルで水気をとり、根元からドライヤーをあてましょう。

シャンプーの頻度は多いほど良いわけではなく、洗い過ぎも抜け毛を招きます。
どうしても汗やベタつきが気になって一日数回シャワーを浴びたいということなら、お湯だけで洗ってください。

表面だけをきれいにしても無意味です

市販のシャンプーには、髪と頭皮に負担が大きい成分が入っていることがあります。
とくに注意したいのは、シリコン系・ラウレス硫酸系の2種類です。

それぞれの具体的な表記と、どんなリスクが考えられるのかを見てみましょう。

シリコン系

市販のシャンプー、トリートメントによく使われるコーティング剤です。
ダメージを覆い隠すことで、一時的に髪がきれいになったかのように感じます。

継続的に使用すると頭皮の毛穴までコーティングしてしまって、抜け毛がひどくなるリスクがあります。
具体的には、ジメチコン・シクロメチコン・シリカ・シリル・ヒートケラチンなどが該当します。

ラウレス硫酸系

すっきりとした洗い上がりにする効果があり、ヘアトニック・頭皮洗浄を売りにした商品によく使われます。

ラウリル硫酸ナトリウム、ラウレス硫酸アンモニウムなどが該当します。
強い洗浄力ゆえに、頭皮を健康に保つ菌まで殺してしまうリスクがあります。

抜け毛が増えて頭皮が乾燥している状態なら、特に気をつけたい成分です。

表面だけをきれいにしても、薄毛トラブルは解決しません。
香りや使い心地に惑わされず、髪に優しいアイテムを選ぶことをおすすめします。

(まとめ)女性の薄毛が10代でも起こる原因はなに?

1.髪のお洒落のしすぎは抜け毛・薄毛を招きます

ヘアカラー・ブリーチ・エクステ・ヘアセットなど髪のお洒落が、10代の薄毛の引き金になります。頻度をおさえると同時にシャンプーでケアして、健康な髪を取り戻しましょう。

2.ヘアカラーやブリーチは頭皮へのダメージを与えます

抜け毛が増えたら、カラー・ブリーチはお休みしましょう。エクステ・縮毛矯正も、避けるのが無難です。取り返しがつかない状態になる前に意識することで、抜け毛を徐々に減らします。

3.薄毛を防ぐシャンプー方法を覚えましょう

髪をいたわる正しいシャンプー方法は、ブラッシングした後にぬるま湯を使って、しっかりと頭皮を洗います。きれいなタオルで水気をとって、ドライヤーで乾かしてから寝てください。

4.表面だけをきれいにしても無意味です

市販のシャンプーには、髪に負担が大きい成分が入っているものもあります。具体的には、シリコン・ラウレス系の表記に注意しましょう。香りや使い心地に惑わされずに髪に優しいアイテムを選ぶことが大切です。

薄毛に悩む女性によく読まれている症状について

薄毛が気になる女性の頭皮が赤い場合の原因は?

健康で元気な髪を育てるためには、頭皮が健康でなくてはいけません。頭皮の状態は、普段は髪に隠れているため、気を付けてみないとわからないという難点があります。痒みや痛みが出てから見るのでは、対策が遅れてしまいます。

続きを読む