薄毛予防に効果的な頭皮の洗い方はもみ洗いです


頭皮を動かすイメージで軽く指圧しながら地肌を洗っていく方法が薄毛予防に役立ちます。

頭皮を揉みほぐすように動かすことで血行促進効果が期待されて、健康な髪が育ちやすい環境になると言われているからです。

後頭部から頭頂部、前頭部からフェイスラインと、部位ごとの順番を意識して頭皮をやわらかくほぐすことにより、女性の抜け毛防止を期待することができます。

頭皮をケアする洗い方のポイントは3つです

抜け毛や薄毛を防止する洗い方では、以下に挙げる3つのポイントを意識しましょう。

頭皮の汚れをすっきり落とすことで皮脂バランスを整えて、健康な髪の毛が育ちやすい環境にしていくことが大事です。

空気を含ませるようにして泡立てます

シャンプーの泡立ちが足りないと汚れがしっかり落ちないため、手の平のくぼみ部分と髪の毛の間に空気を含ませるようになじませて、円を描くように動かしましょう。

指をたてずに手の平をくぼませたまま動かして、モコモコのシャンプーフォームを作ってください。

指を大きく広げてマッサージします

後頭部から頭頂部を洗うときは、5本指を大きく広げて頭部を包み込むように動かします。

頭頂部は皮脂汚れが集中しやすい部分なので、念入りにお手入れしましょう。

親指にやや力を入れてぐっと指圧するようにマッサージすると、血行促進効果が高まるはずです。

額の部分は指をそろえて洗いましょう

もみあげから額の中央に頭皮を寄せ集めるようなイメージで、指をそろえてもみ洗いします。

頭皮をしっかり動かすことでリフトアップ効果も期待されるでしょう。

アンチエイジングに役立つシャンプーの基本と言えます。

シャンプー前の予洗いを習慣化します


シャンプーをつける前にぬるま湯ですすぐだけでも、汚れの7割程度は落ちるという話があります。

根元までしっかりお湯を通して汚れを落とすことにより、少ないシャンプーで効率的に洗えるように準備することが大切でしょう。

予洗いする時のお湯の温度は37度から38度くらいに調整して、皮脂汚れや髪の毛についたほこりを落としてください。

寒い時期なら40度くらいでも大丈夫ですが、それ以上に熱い温度は控えた方が良いでしょう。

熱すぎるお湯は乾燥トラブルの引き金になりやすく、薄毛やかゆみを招くリスクがあると言われています。

そのため、適温に合わせてからすすぐことをおすすめします。

お湯の温度と同じくらい重要なポイントとして、シャワーの勢いも意識します。

頭皮が痛いくらいの水流はキューティクルを傷めてしまうことがあるため、優しめの水流にしてみてください。

すすぐ時には、シャンプーの時と同じように頭皮をもみながらすすぎましょう。

地肌の汚れをすすぎで丁寧に流すことで、頭皮環境を整えるヘアケアの下準備に活用することができます。

また、毛が絡まってしまうと思うように汚れが落ちないため、シャワー前のブラッシングで毛流れを整えるひと手間も、正しいヘアケアに役立ちます。

頭皮クレンジングもおすすめです

薄毛予防のためには皮脂バランスを安定させる必要がありますから、定期的なクレンジング習慣をつけることもおすすめです。

植物オイルを使った頭皮クレンジング専用アイテムは、普段のシャンプーでは落としきれない皮脂汚れまですっきり落として、健康な髪が育ちやすい環境を作ってくれます。

毛穴に入り込んだ皮脂汚れは正しい洗い方をしてもオフできないことがありますし、ダメージが蓄積することにより、臭いやかゆさ、抜け毛トラブルの引き金になりがちです。

また、老廃物で毛穴が塞がってしまうと頭皮のターンオーバーが不安定になって、雑菌が繁殖しやすい環境に傾くとも言われています。

だからといって、洗浄力が強いクレンジングを頻繁に行うのも間違った洗い方になってしまいます。

商品記載の頻度は守るようにしましょう。

このようなヘアケアの場合、美容室のヘッドスパに通うという方法もありますが、自宅でケアする習慣をつけるのがもっとも手軽でしょう。

毛穴汚れを根こそぎ落とした後の頭皮は無防備な状態になりやすいので、普段以上に丁寧な保湿ケアを意識します。

正しい洗い方を守ることにプラスしたさらなる髪のアンチエイジング習慣として、日々のお手入れに取り入れてみましょう。

(まとめ)薄毛予防に役立つ頭皮の洗い方とは?

1.薄毛予防に効果的な頭皮の洗い方はもみ洗いです

薄毛予防を考えるなら、頭皮を指圧しながら動かして血行促進する洗い方が適しています。

マッサージするように頭皮の毛穴汚れを落としていくことで、健康な髪が育ちやすい状態へと導きましょう。

2.頭皮をケアする洗い方のポイントは3つです

洗い方のポイントとしては、十分なシャンプーの泡立てやパーツごとの正しいもみ洗いを意識すると良いでしょう。

指をたててゴシゴシと洗うのではなく、頭皮を包み込むように優しく洗うテクニックをマスターしましょう。

3.シャンプー前の予洗いを習慣化します

シャンプーをする前に37度から38度くらいのお湯で予洗いをして、表面の汚れや皮脂を落としましょう。

予洗いするだけでも汚れの7割程は落ちるため、少ない量のシャンプーで頭皮をすっきり洗い上げるための事前準備に役立ちます。

4.頭皮クレンジングもおすすめです

正しい洗い方でシャンプーしても残ってしまう毛穴汚れを落とすため、頭皮クレンジングをおすすめします。

植物オイルを使ったクレンジングアイテムを活用すると奥深くにこびりついた皮脂汚れもすっきり落とせて、ターンオーバーリズムが整うはずです。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む