頭皮が臭うそもそもの原因は皮脂の「分解」と「酸化」です


頭皮が臭う理由は人によってさまざまです。

しばらく頭を洗えていないという単純なものから、加齢臭、シャンプーの洗い残し、肉類ばかり食べている……それこそ千差万別。

色々ありすぎて、何を改善すればいいのかわからなくなります。

しかし、実はどの理由であってもニオイが生み出される原因は「皮脂」なのです。

頭皮から分泌された皮脂は、これをエサとする肌の常在菌によって分解されます。

その分解過程で「ノネナール」という体臭物質が生み出されます。

このノネナールこそ、あの嫌なニオイの正体です。

さらに、皮脂は時間がたつと酸化していきますが、その酸化過程でもニオイの原因となる「過酸化脂質」が発生します。

要するに頭皮のニオイは、皮脂が分解されたり酸化されたりすることで発生するのです。

男性の頭皮が臭いやすいのは、男性ホルモンによって皮脂分泌が活発になるからです。

同様に、女性も何らかの理由で女性ホルモンの分泌が低下すると、皮脂が過剰に分泌され、臭うようになります。

洗髪のやりすぎやシャンプー剤の洗い残し、脂質の多い食生活がニオイの原因とされるのも、やはり皮脂が過剰分泌されてしまうためなのです。

頭皮のニオイを予防・改善するためには、まずは根本の原因である皮脂を対処する必要があります。

皮脂がニオイを生み出す2つのメカニズム

本来、人間の皮脂は無色無臭です。

それがなぜニオイを発するのかというと、理由は2つあります。

理由その1 脂肪酸の分解

人間の毛穴には常在菌が存在しています。

この常在菌は皮脂を食べて分解し、分解された皮脂は汗と混ざって天然の保湿クリームとなって皮膚を守ってくれます。

ところが、皮脂に含まれる9-ヘキサデセン酸(脂肪酸の一種)は、分解される過程でニオイの元となるノネナールを生み出してしまうのです。

理由その2 皮脂の酸化

もうひとつの原因として挙げられる理由は「酸化」です。

古くなった油をしばらく放っておくと酸化して「油くさい」嫌なニオイがしてきますね。

皮脂のニオイもこれと同じ仕組みで発生するのです。

体内から排出された皮脂はちょうどバターのようで、多すぎると毛穴につまってしまいます。

そして時間がたつと、空気中の酸素や体内の活性酸素と結びつき、過酸化脂質に変化します。

これがいわゆる「酸化」と呼ばれる現象です。

過酸化脂質には特有のニオイがあり、これが増殖した雑菌や常在菌と結びつくことで、人に嫌悪感をもたらすほどの悪臭に変わります。

皮脂の過剰分泌がニオイを増大させる


皮脂に含まれる脂肪酸が常在菌によって分解されたり、酸化して過酸化脂質となったりすることで発生するノネナールは、俗にいう「加齢臭」のモトです。

若く健康な状態であれば、日ごろのシャンプーなどで余分な皮脂は落とされ、ニオイが気になることもありません。

しかし、何らかの理由で皮脂の量が増えると、当然ニオイの原因となる物質の量も増えてしまいます。

通常、頭皮が臭う原因というと、

  • 加齢による肌の水分量低下
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 肉中心の食生活
  • 間違ったシャンプー方法
  • ドライヤーの乾燥不足

などといった要素が挙げられます。

なぜこれらがニオイの原因になるかというと、それは皮脂の分泌を活性化させているからなのです。

頭皮のニオイを抑えるためには、まず皮脂の増えすぎを抑える必要がある、ということです。

皮脂分泌のコントロールに有効なのは生活習慣の改善です

皮脂がニオイの根本原因なら、手っ取り早く洗浄力の強いシャンプーで皮脂を一掃してしまえばよいのでは? と、思うかもしれません。

しかし、それは大きな間違いです。

常在菌に分解された皮脂には、保湿や外部刺激から頭皮を守る役割があります。

また酸化された皮脂にも、肌の弱酸性を保ち、常在菌や雑菌が増えすぎないように頭皮環境を整える役割があるのです。

その皮脂を取りすぎてしまうことは、皮脂のバリヤーを奪って地肌を乾燥させ、その挙げ句、さらに多くの皮脂を分泌させることになってしまいます。

皮脂の分泌を適度な量にコントロールするために有効な対策は、

  • 肉中心でないバランスのよい食生活
  • 質のよい睡眠を取る
  • アルコールや煙草は控える
  • 適度な運動で血行を良くする
  • 紫外線の刺激を避ける

といった、生活習慣の改善です。

地道なようですが、こうしたことで頭皮環境は変わり、皮脂の過剰な分泌と頭皮のニオイを防ぐことができます。

(まとめ)女性の頭皮のニオイ、すべての原因は皮脂にある?

1. 頭皮が臭うそもそもの原因は皮脂の「分解」と「酸化」です

頭皮が臭う原因はさまざまですが、根本的な原因は「皮脂」の存在です。

頭皮から分泌された皮脂が常在菌によって分解されたり、酸化したりする過程でニオイの原因物質が発生します。

頭皮のニオイを改善するには、根本の原因である皮脂への対処が必要です。

2. 皮脂がニオイを生み出す2つのメカニズム

皮脂がニオイの発生源となる2つの経路があります。

【理由その1 脂肪酸の分解】皮脂に含まれる脂肪酸が皮膚の常在菌によって分解される

【理由その2 皮脂の酸化】活性酸素が皮脂を酸化させる

これによりニオイの元となるノネナールや過酸化脂質が生み出され、頭皮のニオイとなります。

3. 皮脂の過剰分泌がニオイを増大させる

通常は毎日の洗髪で余分な皮脂は落とされ、ニオイも気になりません。

しかし、

  • 加齢による肌の水分量低下
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 肉中心の食生活
  • 間違ったシャンプー方法
  • ドライヤーの乾燥不足

などの理由で皮脂が過剰に分泌されると、結果としてニオイが増えてしまいます。

4. 皮脂分泌のコントロールに有効なのは生活習慣の改善です

ニオイをなくすためと過剰な洗髪で皮脂を排除すれば、余計に皮脂分泌をもたらすことになります。

  • バランスのよい食事
  • 良質な睡眠
  • アルコールや煙草を避ける
  • 適度な運動
  • 紫外線対策

生活習慣の改善こそが、皮脂の過剰分泌を防ぐ一番の方法です。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む