髪の量が多いロングヘアは頭皮が臭いやすくなります


ロングヘアは、女性を魅力的にみせてくれるヘアスタイルです。

そんなロングヘアですが、しっかりとケアをしないと頭皮の臭いが発生しやすくなってしまいます。

なぜなら、ロングヘアは髪の量が多いために通気性が悪く、頭皮が蒸れやすくなるからです。

通気性が良くないと汗をかきやすいですし、かいた汗によって頭皮が蒸れてしまいます。

汗をかいた頭皮が蒸れると雑菌が繁殖し、臭いの元になります。

ですから、頭皮に汗をかいたら、早めに洗髪して頭皮を清潔にしたいものです。

また、ロングヘアで髪の量が多いと、髪の毛の重さが頭皮に負担となります。

負担を受けた頭皮は皮脂を多く分泌することになるため、ロングヘアは頭皮の皮脂量が多くなりがちです。

皮脂量が多いと古い皮脂が取り除かれにくくなり、残った皮脂が酸化して臭いを発してしまいます。

なかには、ロングヘアだけれども、自分の頭皮が臭っているのかわからないという人もいるでしょう。

そのような方は、自分が使用している枕の臭いをチェックしてください。

枕が臭くなっていたら、頭皮が臭っているサインですので要注意です。

頭皮の汚れをしっかりと洗い流して臭いを防ぎましょう

頭皮の汚れを洗い流す

それでは、頭皮の臭いを防ぐためには、どのようにしたら良いのでしょうか。

まずは、日々の洗髪をしっかりと行いたいものです。

臭いの予防には、頭皮についた皮脂や汚れを洗い流す必要があります。

指の腹で優しく揉み洗いを

頭皮の汚れを洗い流すには、予洗いが効果的です。

予洗いとは、シャンプー剤を使う前にお湯だけで汚れを洗い流すことです。

予洗いは2~3分続けてください。

髪をかきあげながら、お湯で頭皮を洗い流しましょう。

そして、シャンプー剤は頭につける前に手のひらで泡立てておきましょう。

シャンプー剤を頭皮につけたら、生え際から頭頂部に向かって指の腹で優しく揉みながら、全体を洗ってください。

また、シャンプー剤やコンディショナー等は、しっかりと洗い流しましょう。

洗い流しがあると、臭いの元になってしまいます。

洗髪後のヘアドライはドライヤーを使用しましょう

洗髪後は速やかにヘアドライ

洗髪後のヘアドライにも注意が必要です。

洗髪が終わったら、髪を速やかに乾かしましょう。

ぬれたまま長い時間そのままでいると雑菌が繁殖して、頭皮が臭ってしまうことになります。

ですから、髪がぬれている状態が長く続く自然乾燥も避けてください。

ドライヤーを使用して、しっかりと乾かすことが大切です。

頭皮を傷つけないように注意を

ヘアドライをする際に、髪や頭皮をしっかり乾かそうとして、ドライヤーの熱風をあて続けてしまうのは逆効果です。

同じ箇所に長い時間ドライヤーの熱風をあて続けたり、至近からドライヤーを使用したりすると、髪や頭皮が熱せられて傷んでしまいます。

また、シャンプー時にも、きれいに洗おうとして擦りすぎるのは、頭皮を傷つけるので禁物です。

頭皮が傷つくと頭皮環境が悪くなり、臭いの元になるので注意をしましょう。

生活習慣の工夫で頭皮の臭いを抑えることができます

加齢は頭皮を臭いやすくする

頭皮は加齢とともに臭いやすくなります。

年齢を重ねると新陳代謝が弱まっていきますので、古い皮脂が頭皮に残りやすくなります。

残った古い皮脂が酸化すると、臭いを発してしまいます。

ですから、年齢を重ねた方がロングヘアを愉しみたいというときには、特に念入りなヘアケアが必要です。

生活習慣で頭皮の臭いを予防

毎日の食事に気を配ることで、頭皮の臭いを抑えることができます。

皮脂量が過剰だと頭皮が臭いやすくなるので、皮脂分泌を促す食品をとりすぎないようにしましょう。

例えば、肉類や脂っこい料理、砂糖を使用したお菓子などです。

逆に皮脂を抑えてくれる食品もあります。

納豆、アボカド、サンマやサバなどの青魚等です。

また、睡眠不足や運動不足、ストレスなどは血行を妨げ新陳代謝を悪くし頭皮臭いの元となるので避けたいものです。

正しいヘアケアに加えて、食事や生活習慣に気を配り、美しいロングヘアを保つようにしましょう。

(まとめ)ロングヘアは頭皮が臭いやすいって本当ですか?

1. 髪の量が多いロングヘアは頭皮が臭いやすくなります

ロングヘアは髪の量が多くなるため、頭皮の通気性が良くありません。

そのために汗をかきやすく、頭皮が蒸れやすくもなるのです。

汗で蒸れた頭皮で雑菌が繁殖すると、臭いを発してしまいます。

また、髪の毛の量が多いと頭皮に負担がかかり、皮脂の分泌が活発になります。

そうなると、過剰な皮脂が臭ってしまうことになるのです。

2. 頭皮の汚れをしっかりと洗い流して臭いを防ぎましょう

頭皮の臭いを防ぐには、汚れをしっかりと取り除くことが大切です。

洗髪時には予洗いをし、シャンプー剤は頭につける前に泡立てておくと効果的です。

また、頭皮は優しく揉むように全体を洗い、シャンプー剤などはしっかりと洗い流しましょう。

3. 洗髪後のヘアドライはドライヤーを使用しましょう

髪がぬれた状態ですと雑菌が繁殖しやすくなるので、洗髪後はドライヤーを使って速やかに乾かしてください。

ぬれたままの状態が長く続く自然乾燥は、頭皮が臭いやすくなるので避けましょう。

また、ドライヤーを使用するときは、同じ箇所に熱風をあて続けたり、頭の至近でドライヤーを使用したりすると、髪が傷むので気をつけてください。

4. 生活習慣の工夫で頭皮の臭いを抑えることができます

頭皮の皮脂が過剰だと臭いの元になってしまうので、肉類や脂っこい料理など皮脂分泌を活発にする食品のとりすぎに注意しましょう。

一方、納豆、アボカド、青魚等は、皮脂分泌を抑えてくれる効果があるので、積極的にとりたいものです。

また、睡眠不足や運動不足、ストレスは、新陳代謝を悪くして頭皮臭いの元になるので避けるよう工夫をしましょう。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む