女性でも、40代に入ると加齢臭が発生しやすくなります


年齢が上がるにつれて、頭皮のニオイが気になってきたと悩んでいませんか?

若い頃には感じなかったニオイに戸惑うことがあるかもしれません。

加齢臭というと、男性特有のものだと思われがちですが、実は女性でも発生します。

自分自身のニオイは、普段はなかなか気づきませんが、枕や服などのニオイでなんとなく気になるようになってきたら要注意です。

加齢臭が発生しているかもしれません。

そこで今回は、女性の加齢臭について原因と対策について紹介します。

加齢臭について知り、しっかりと対策をとることで嫌なニオイを軽減できますので、ぜひ参考にしてみてください。

加齢臭の原因はノネナールというニオイ成分です

そもそも加齢臭とは、何なのでしょうか。

加齢臭という言葉が誕生したのは、1999年資生堂の研究で発見された「ノネナール」という成分がきっかけでした。

ノネナールとは

ノネナールは、加齢臭の原因物質です。

中高年層に多く見られるニオイ物質で、油臭い、青臭いようなニオイがします。

ただし、加齢臭は人によってさまざまなニオイがあります。

加齢臭というのは、ノネナール単体のニオイではなく、体臭も合わさったニオイなので
人によってさまざまなニオイになるのです。

加齢臭が発生するメカニズム

資生堂によると、ノネナールは、皮脂に含まれる脂肪酸が過酸化脂質によって酸化が促進されることによって発生するとしています。

皮脂の成分は年齢によって変わるのですが、40歳を過ぎたあたりあら徐々に脂肪酸の量が増えるため、ノネナールが発生しやすくなるのです。

つまり、男女問わずノネナールは発生するので、女性でも加齢臭が発生する可能性があります。

女性ホルモンの減少により、加齢臭が発生しやすくなります


女性でも男性と同じように加齢臭が発生する要因はあるのに、なぜあまり目立たないのでしょうか。

加齢臭と女性とは、あまり結びつかない感覚があるかもしれませんが、それは女性ホルモンの存在が関係しています。

女性ホルモンには皮脂を抑制する働きがあるため、男性に比べて皮脂量が少なく、ノネナールが発生する量も少ないのです。

また、女性はヘアケアやボディケアを入念に行っている場合が多く、ニオイが顕著に表れていない可能性もあります。

しかし、女性でも更年期にさしかかってくると、徐々に女性ホルモンは減少していきます。

すると、ホルモンバランスの変化によって、皮脂の過剰分泌が起こり、女性でもノネナールが発生してしまうのです。

頭皮は、体の中でも皮脂腺が密集しているという条件も相まって、特に頭皮のニオイに悩む女性が多くいます。

このように、女性ホルモンが低下してくる時期は、女性でも加齢臭の心配をしなければなりません。

では、頭皮のニオイが気になってきたら、どうすればよいのでしょうか。

そこで、次に加齢臭の対策について紹介します。

加齢臭の対策は、頭皮を清潔に保つことです

女性の場合、加齢臭が出ても、適切な対策をすればニオイを軽減できます。

そこで、具体的な対策について紹介します。

食生活の改善

和食中心の食生活に切り替えるのがおすすめです。

脂っこいものや甘いものなどを食べすぎると、皮脂の過剰分泌を引き起こしやすくなります。

また、肉中心の生活を送っていると、体臭がきつくなるともいわれています。

和食にすることで栄養バランスをとりやすくなる上、味噌や豆腐などの大豆製品を取り入れることで、大豆イソフラボンを積極的に摂取しやすいのも、和食をとるメリットです。

スカルプシャンプーで頭皮ケア

加齢臭のもととなるノネナールは皮脂によって発生します。

そのため、頭皮の皮脂をきちんと洗い流すことが重要です。

毎日のシャンプーで丁寧に洗いましょう。

使用するシャンプーは、頭皮環境の改善に特化しているスカルプシャンプーや育毛シャンプーがおすすめです。

皮脂汚れを落としながら、頭皮の乾燥を防いでくれる効果も期待できます。

(まとめ)頭皮のニオイは加齢によって起こるの?

1. 女性でも、40代に入ると加齢臭が発生しやすくなります

加齢臭は、男性特有のものだと思われがちです。

しかし、加齢臭は男女問わず発生するため、40代以降は注意が必要です。

加齢に伴い、枕などのニオイが気になるようになったら要注意です。

加齢臭のメカニズムを知り、適切な加齢臭対策を始めましょう。

2. 加齢臭の原因はノネナールというニオイ成分です

資生堂の研究により発見されたノネナールが、加齢臭の原因です。

ノネナールは、男女問わず中高年に多く発生するニオイの原因物質で、40歳を過ぎたあたりから皮脂に含まれる脂肪酸が過酸化脂質によって酸化することで加齢臭が発生します。

3. 女性ホルモンの減少により、加齢臭が発生しやすくなります

女性ホルモンは、皮脂の過剰分泌を抑える働きがあります。

そのため、女性ホルモンが正常に分泌されているときは、加齢臭が発生しにくくなります。

反対に、更年期やホルモンバランスの崩れによって、女性ホルモンの分泌量が減少すると、女性でも加齢臭が発生しやすくなります。

4. 加齢臭の対策は、頭皮を清潔に保つことです

加齢による頭皮のニオイを改善するには、頭皮の皮脂汚れをきちんと落とすことが大切です。

スカルプシャンプーなどを活用して、皮脂汚れを丁寧に洗い流し、清潔な頭皮を保つようにしましょう。

和食を取り入れるなどの食生活の改善も、体臭の緩和に効果が期待できます。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む