頭皮のかゆみの主な原因は、頭皮の乾燥です


ムズムズとした頭皮のかゆみは、頭皮が何らかの刺激を受けて反応している状態です。

その刺激の一つが、頭皮の乾燥だといわれています。

また、頭皮の乾燥は、乾燥していること自体が刺激になるだけでなく、他の外部刺激を感じやすくするリスクが高まります。

これは、頭皮が乾燥すると、外部刺激から保護するためのバリア機能が損なわれるためです。

バリア機能が正常に働いているときは、何もトラブルのなかったパーマやカラーリング剤、シャンプーにかぶれてしまったり、頭皮の皮脂や汗、汚れにも敏感に反応したりして、かゆみが生じることもあります。

つまり、頭皮が乾燥している状態だと、さまざまな刺激によっていつかゆみが生じてもおかしくない、そんな頭皮環境になってしまうといっても過言ではないのです。

このように、頭皮の乾燥は、それ自体がかゆみを生じる要因です。

それとともに、さらに他の刺激を受けてかゆくなりやすい状態にしてしまうので、とても厄介な存在だといえるでしょう。

ヘアケアの間違いや空気の乾燥が頭皮の乾燥を招きます

頭皮の乾燥を引き起こす原因で多いのが、ヘアケアの間違いによるものです。

たとえば、1日に何度も洗髪をする、洗浄力の強いシャンプーの使用や熱いお湯での洗髪、ドライヤーでの乾かし過ぎなどです。

このような間違ったヘアケアの積み重ねによって皮脂や水分のバランスがとれなくなることで、頭皮が乾燥し、さらにかゆみも発生します。

また、ヘアケアの間違いや洗い過ぎによって乾燥しやすくなった頭皮をさらに乾燥させるのが、季節やエアコンによる空気の乾燥です。

湿度の低い冬になると、肌がカサカサと乾燥すると感じたことのある女性は多いのではないでしょうか。

外気が乾燥していると肌が乾燥するように、頭皮も乾燥しやすい状態なのです。

また、頭皮の乾燥を引き起こす原因は、体の内側に問題があるケースもあります。

生活習慣の乱れやホルモンバランスの崩れ、ストレスも、皮膚のターンオーバーを早めてしまい、バリア機能が働かなくなり乾燥を招く恐れがあるのです。

このように、頭皮が乾燥する要因は生活の中にたくさん潜んでいます。

頭皮がかゆいときは、刺激を与えないようにしましょう


頭皮にかゆみが生じているのであれば、なるべく刺激にならないよう丁寧に扱いましょう。

丁寧に優しく洗う、ブラッシングは刺激にならないよう優しくすることが大切です。

かゆいからといって、爪でひっかいたりするのも要注意です。

かくと余計に刺激されて、かゆみが増幅する可能性があります。

また、かきむしりによって出血し、雑菌が傷口に入ってさらに症状が悪化すると、そこから皮膚炎へと進行してしまうかもしれません。

いつも以上に優しく扱うように注意してください。

軽いかゆみであれば、頭皮を刺激しないように心がけるだけで症状が治まっていくでしょう。

ただし、しばらく様子を見ていても改善が見られない、かゆみがひどくなる場合には皮膚科で相談してください。

皮膚炎を発症していると、治療が必要な場合があるからです。

乾燥を防いで、かゆみのない健康な頭皮を目指しましょう

一度乾燥した頭皮は、改善するのに時間がかかってしまいます。

あらかじめ乾燥を防ぎ、健康な頭皮を保つように心がけたいものです。

そこで、頭皮の乾燥を予防する方法について紹介します

ヘアケアの見直し

シャンプーの回数は、1日1回だけにし、優しく丁寧に洗うことを心がけましょう。

また、アミノ酸系の保湿に優れたシャンプーを使用するのも効果的です。

ドライヤーの使用の際は、頭皮から30 cmほど離し、1か所に温風が集中しないように動かしながら乾かしましょう。

頭皮用保湿ローションの活用

保湿ローションなどで水分補給をしてあげましょう。

毎日顔のスキンケアをしているのと同じで、頭皮も、乾燥対策のケアを取り入れるのが効果的です。

生活習慣の見直し

生活習慣を整える、食生活の見直し、ストレスの発散といった体の内側からのケアも怠らないようにしましょう。

(まとめ)頭皮のかゆみは乾燥が原因って本当ですか?

1. 頭皮のかゆみの主な原因は、頭皮の乾燥です

頭皮がかゆくなる主な原因は、頭皮の乾燥だといわれています。

頭皮は、乾燥すると皮膚のバリア機能が正常に働かなくなるので、ヘアケア剤や皮脂汚れなどの外部刺激によってさらに刺激を受けやすく、かゆみを生じやすい状態です。

2. ヘアケアの間違いや空気の乾燥が頭皮の乾燥を招きます

頭皮が乾燥する原因は、洗い過ぎなどのヘアケアの間違いによるものが多いといわれています。

また、外気の乾燥も、頭皮の乾燥を招く要因です。

さらに生活習慣の乱れ、ホルモンバランスの崩れ、ストレスなど、体の内側の問題によって皮膚のターンオーバーが乱れて、乾燥しやすくなることもあるので注意しましょう。

3. 頭皮がかゆいときは、刺激を与えないようにしましょう

かゆみのある頭皮は、バリア機能が損なわれているので、刺激を与えないように注意しましょう。

爪でかいたり、強い力で洗ったりすると、余計にかゆみがひどくなる可能性があるからです。

刺激を与えないように注意していても、改善しない場合には皮膚科で相談しましょう。

4. 乾燥を防いで、かゆみのない健康な頭皮を目指しましょう

頭皮が乾燥しないように日頃からケアしていれば、かゆみを防ぐことができます。

ヘアケア方法を見直し、頭皮の乾燥を防ぎましょう。

頭皮用の保湿ローションを使えば、頭皮に潤いを補給できます。

規則正しい生活を送ることも健康な頭皮のためには重要です。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む