頭皮の乾燥には保湿が基本です


頭皮は普段、髪に隠れていますが、見えている部分のお肌と何ら変わりはありません。

乾燥すれば、突っ張ったりカサカサしたり、乾燥が進めば、かゆみやフケなどの症状が現れます。

かゆいからと掻いてしまうと頭皮を傷つけ、ダメージを受けた頭皮はバリア機能(頭皮を守る力)が落ち、ますます乾燥が進むということになりかねません。

カサカサの頭皮へは、通常のスキンケアと同じで、清潔を保ち保湿をすることが基本的な対応です。

汚れのひとつに皮脂がありますが、その皮脂は頭皮にありすぎても不足しても乾燥の原因となります。

また、皮膚表面の角質層の保湿機能を保つよう対処すると、ターンオーバー(新陳代謝のサイクル)の乱れが整い、乾燥に効果的です。

洗浄力の強いシャンプー剤を使い、洗うときにゴシゴシと力を入れていると、角質層を傷つけてしまいます。

シャンプー剤やシャンプーの仕方を見直しましょう。

食生活や入浴などの生活習慣にも注意が必要です。

外気の乾燥を感じるこの時期こそ、乾燥対策が大事です。

皮脂は洗い残しても洗い流しすぎても乾燥の原因になります

頭皮が乾燥すると、かゆくなったり、フケが出たりといった症状が現れます。

かゆいとつい掻きたくなってしまいますが、掻くと頭皮を傷つけてしまいます。

傷ついた頭皮は、バリア機能が低下し、保湿機能も弱くなります。

そうすると、乾燥して肌の状態が悪化する悪循環を生んでしまうのです。

頭皮も他のお肌と同じですので、乾燥といえば、水分の問題ではないかと思うでしょう。

しかし、皮脂も関係しています。

皮脂は、洗い残すと、汚れとして頭皮に留まり酸化します。

古くなって酸化した皮脂は、頭皮を酸性にします。

反対に、洗い流しすぎてしまうと、油分不足で頭皮はアルカリ性に傾きます。

どちらに傾きすぎても頭皮には良くありません。

良いのは、弱酸性を保つことです。

そうすると常在菌のバランスが整い、保湿機能を保つのに必要なアミノ酸が細胞に届きやすくなります。

頭皮の乾燥対策のポイントは、保湿機能を維持することです


頭皮のすぐ上には、皮脂膜と呼ばれる皮脂と汗で作られる膜があります。

皮脂が不足すると乾燥するのは、皮脂膜に影響し水分が蒸発しやすくなるためです。

頭皮の表面には、角質層と呼ばれる0.02 mmという薄さの細胞の層があります。

その角質層は、角質細胞と細胞間脂質からなり、角質細胞の中に天然保湿因子(NMF)という水分を保持する働きをする成分があります。

タンパク質のひとつであるアミノ酸が不足すると、天然保湿因子が少なくなるといわれています。

脂肪間脂質はセラミドやコレステロールなどからなり、角質細胞の間を埋めて水分を保持しています。

この角質層の状態が良いと保湿機能が正常に働き、頭皮が乾燥することはありません。

しかし、角質層のバランスが崩れると、シャンプーや食生活をはじめとする生活習慣によりターンオーバー(肌の生まれ変わりのサイクル)が乱れて、乾燥などのトラブルを引き起こすことになります。

シャンプーや食生活などの生活習慣を見直しましょう

どのようなシャンプー剤を使っているか、そして、どのようにシャンプーしているかを思い出してみましょう。

洗浄力が高いシャンプーは、皮脂を洗い落としすぎてしまう可能性があります。

シャンプーのときにゴシゴシと力を入れて頭皮を擦ると、角質層を傷つけてしまう可能性があります。

そうすると角質層にダメージを与え、保湿機能が低下しかねませんので、注意が必要です。

また、食生活では、体を作る材料となるタンパク質はもちろんのこと、良質な脂質を積極的に摂るようにしましょう。

良質な脂質は、魚介類や食用油に多く含まれています。

そして、皮膚の働きを正常に保つビタミン類は、緑黄色野菜や果物、ナッツ類などから摂取することができます。

入浴時は、熱いお湯に浸かりすぎないように気をつけましょう。

汚れや古い角質が落ちやすくなる一方で、皮脂膜が溶けやすくなり保湿機能が下がるといわれています。

ここに挙げた乾燥対策で角質層の保湿機能を整え、カサカサから回復、頭皮の潤いを保ちましょう。

(まとめ)頭皮が乾燥してカサカサに!どうしたらいいですか?

1. 頭皮の乾燥には保湿が基本です

乾燥するとかゆみやフケなどの症状が現れます。

乾燥対策の基本は清潔と保湿です。

頭皮表面の角質層が肌の水分をコントロールしているので、そこに働きかけることで、肌が本来持っている保湿機能を引き出しましょう。

2. 皮脂は洗い残しても洗い流しすぎても乾燥の原因になります

皮脂は、皮脂膜を作り、頭皮の水分が蒸発することを防ぐ働きをしていますが、皮脂が多すぎても少なすぎても乾燥に繋がります。

皮脂過剰なら酸性に、皮脂不足ならアルカリ性に傾きやすいので、肌を弱酸性に保つことが大切です。

3. 頭皮の乾燥対策のポイントは、保湿機能を維持することです

頭皮の保湿で重要な働きをしているのは、皮脂膜とその下の角質層です。

皮脂膜は、水分の蒸発を防ぎ、角質層の細胞間脂質と角質細胞の中の天然保湿因子(NMF)が水分をコントロールしています。

角質層を整えることで、保湿機能が働きやすくなります。

4. シャンプーや食生活などの生活習慣を見直しましょう

シャンプーをするときには、角質層を傷つけないよう、力加減が大切です。

食生活では、タンパク質、脂質、ビタミン類をバランス良く摂るようにしましょう。

入浴では、熱いお湯に浸かりすぎないように注意が必要です。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む