生活習慣が悪いと自律神経やホルモンバランスが乱れて頭皮の皮脂の過剰分泌などに繋がるからです


自律神経が乱れ、副交感神経が優位にならないと成長ホルモンが分泌されなくなり、頭皮環境も修復されません。

さらに血流やリンパの流れも悪くなり、頭皮は栄養不足になるとされているのです。

また、ホルモンバランスが乱れると皮脂の過剰分泌に繋がるため、頭皮環境も悪化するといわれています。

ストレス解消をし、自律神経やホルモンバランスの乱れを正常にすることが薄毛対策にも繋がるでしょう。

不規則な生活習慣が自律神経などを乱して頭皮環境を悪化させます

頭皮の薄毛に大きな悪影響があるのは生活習慣の乱れです。

規則正しい生活をしなければ、身体のさまざまなところに不調が出て来ます。

代表的なものが、自律神経やホルモンバランスの乱れです。

ホルモンバランスが乱れることで、皮脂の過剰分泌が促進されてしまい、薄毛につながる可能性が考えられます。

例えば髪の細さや毛量が少なくなることが挙げられるでしょう。

頭皮が脂っぽい、フケが多く出る、痒い人はストレスが溜まっていないかどうか、睡眠不足になっていないかチェックしてみてください。

他にも偏った食事、暴飲暴食も挙げられます。

毎日、大量に脂っこいものばかりを食べて、野菜は全く口にしていない、お酒をがぶ飲みしているなら問題です。

また、過度なダイエットも頭皮に悪影響が出て来ます。

栄養分は食べ物から摂取しますが、髪の毛に届く栄養の優先度はそこまで高くありません。

ダイエットでも過剰な食事制限を行うと、栄養は生命を維持するために必要な心臓や脳へ優先的に運ばれます。

結果、頭皮が栄養不足となって薄毛につながるのです。

自律神経の乱れは育毛サイクルの乱れにつながります


不規則な生活習慣で自律神経が乱れると、頭髪にも悪影響が出て来ます。

自律神経は活動時に優位となる交感神経と、リラックスしているときや休んでいるときに優位となる副交感神経の2つにより成り立っています。

自律神経は自分の意思でコントロールできるものではなく、独自でさまざまな器官をコントロールしている神経です。

自律神経が乱れて交感神経が優位になり続けると、体調がおかしくなるのは当然と言えます。

眠ろうと思っても交感神経が優位になり続けているので眠れない状態になることも出てきます。

この自律神経の乱れが、頭髪の成長サイクルにも悪影響を与えるのです。

例えば毛細血管の血流やリンパの流れが悪化することにもつながります。

毛髪の元になる毛母細胞に、必要な栄養分が十分に供給されなくなると、毛母細胞は毛髪を作るエネルギー不足となり、薄毛や抜け毛につながると考えられています。

自律神経の乱れで睡眠不足となると、副交感神経が優位になる時間が短くなり、結果、成長ホルモンが十分に分泌されません。

成長ホルモンは細胞の修復や再生に関連する重要なホルモンですが、毛髪を作るためにも必要です。

成長ホルモンが十分に分泌されなければ、毛髪にも悪影響が出て薄毛につながるのです。

自律神経が乱れる原因の多くは過度のストレスです。

このストレス自体も問題であり、男性ホルモンやコルチゾールの分泌を促進し皮脂の分泌を促してしまいます。

休養が自律神経やホルモンバランスの乱れを修正してくれます

自律神経やホルモンバランスの乱れは自ら整えることができます。

一番良いのはきちんと休み、しっかりと眠ることです。

自律神経とホルモンバランスの乱れは、ストレス要因であることが多いからです。

湯船に浸かってゆっくりするだけでも身体の芯から温まり、スムーズな血流を保て、自律神経にも良い影響を与えてくれます。

他にも簡単な運動をするとリフレッシュできます。

運動をすることで、ストレスを解消しつつ血行も促すことができます。

血行が良くなれば、頭皮にも栄養が行き渡るようになりますから、一石二鳥とも言えるでしょう。

また、身体を動かすことで、頭皮以外にも健康効果を期待することができます。

また、無理なダイエットも禁物です。

過度な食事制限を行うと栄養不足になってしまいます。

栄養不足になると頭皮にまで栄養が行き届かなくなってしまい、薄毛や髪が細くなることに繋がってしまいます。

そもそもダイエットがストレスとなり、頭皮環境の悪化につながっている可能性も否定できません。

睡眠不足やストレス、偏った食事といった不規則な生活習慣の影響は計り知れません。

しっかり休養を取って過ごしやすい生活を手に入れることが、解決への一番の近道かもしれません。

(まとめ)どうして生活習慣が頭皮の皮脂と関係があるの?

1.生活習慣が悪いと自律神経やホルモンバランスが乱れて頭皮の皮脂の過剰分泌などにつながるからです

自律神経が乱れると副交感神経が優位にならず、成長ホルモンが分泌されないので頭皮環境が悪くてもなかなか回復しません。

頭皮も栄養不足になるので、まずは自律神経やホルモンバランスの乱れを正すことが大切です。

2.不規則な生活習慣が自律神経などを乱して頭皮環境を悪化させます

規則正しい生活をしなければ自律神経やホルモンバランスの乱れを生じさせるだけではなく、体の不調を生じさせます。

皮脂の過剰分泌だけではなく血流やリンパの流れが悪くなり、皮脂の過剰分泌を促進させて薄毛につながるのです。

3.自律神経の乱れは育毛サイクルの乱れにつながります

自律神経の副交感神経が優位にならなければ血流やリンパの流れを悪くします。

そうすると頭皮に十分な栄養が届かないだけではなく、毛髪の育毛サイクルにも悪影響が出てしまうのです。

そのため薄毛にもつながってしまいます

4.休養が自律神経やホルモンバランスの乱れを修正してくれます

自律神経やホルモンバランスの乱れは、しっかりと眠ってストレスを解消することなどで修復することができます。

お風呂でリラックスすることや運動をすることで、血流や自律神経にも良い影響を与え健康的な頭皮環境を保つことができるのです。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む