頭皮の皮脂の酸化を予防するには適切なヘアケアで常在菌が減りすぎないよう注意することが大切です


頭皮の皮脂は酸化すると加齢臭と同じ臭いを発生させます。

女性も40代にさしかかると、女性ホルモンが減って相対的に男性ホルモンが増えることで臭いが出る場合もあるようです。

対策としては自分に合ったシャンプーを使う、優しくマッサージをするように髪を洗うことです。

ただ頭皮には常在菌が存在しています。

常在菌が減りすぎると皮脂や古い角質の分解が進みません。

ですから、髪の洗いすぎにも注意をする必要があります。

皮脂が酸化することで独特の臭いが発生します

皮脂は空気に触れて酸化すると、不快な臭いを発生させます。

この臭いが頭皮の臭いの正体です。

一般的に加齢臭と呼ばれるノネナールと同じ種類の臭いです。

加齢臭と聞くと男性特有のものと思い込んでいる女性も多いかもしれません。

しかし女性にも加齢臭はあるので油断は禁物です。

皮脂にはヘキデセン酸という脂肪酸の一種が含まれています。

このヘキデセン酸が常在菌などに分解されると独特の臭いが発生するのです。

頭皮で皮脂が過剰分泌されればされるほど、臭いは強くなっていきます。

脂っこい食べ物ばかりの食生活を送っている人も、臭いがきつくなるようです。

しかし女性の場合、比較的そこまで臭いが強くなるわけではありません。

年齢が若い女性は男性より女性ホルモンの分泌が多いので、皮脂の過剰分泌が抑えられているのです。

ただ、40代になると女性ホルモンが減少し、相対的に男性ホルモンが増加しますから注意は必要でしょう。

実は身体の中でも頭皮が一番、皮脂腺が多い部位です。

皮脂腺が多いために皮脂の分泌が多くなるわけですから、頭皮が臭うのも当然と言えるでしょう。

臭い対策をしたいなら適切なヘアケアが重要です


頭皮の臭いを解決するならヘアケアに意識を向けてください。

髪を洗う際、一般的に多くの人がシャンプーやリンスを使います。

しかしそのシャンプーが肌に合っていない、洗浄力が強すぎると少し注意が必要です。

刺激が強すぎると皮脂が過剰に流れる可能性があります。

頭皮から皮脂がなくなってしまうと、肌の乾燥につながるのです。

他にも洗髪時、頭皮を爪でかきむしるように洗う人も気をつけなければなりません。

頭皮はダメージを受けると、頭皮環境が悪くなります。

勢い良く激しく髪を洗う必要はありません。

優しくマッサージするように洗うだけでも汚れは十分に取れます。

スムーズに汚れを取りたいなら、シャンプー前にも準備をしておくと良いでしょう。

例えばシャンプー前にブラッシングを行えば、絡んだ髪をほどくことが可能です。

また、シャンプーは髪につける前に、きちんと泡立てましょう。

髪を洗った後もすすぎが甘いケースがあるので注意が必要です。

シャンプーやリンスが頭皮に残ったままですと、臭いを発生させる常在菌が過剰に増加する危険性があります。

残ったシャンプーやトリートメントが残っていれば、ニキビのような肌トラブルにもつながるので気をつけましょう。

そのためシャンプーやリンスやトリートメントは、しっかり洗い流さなければなりません。

常在菌が減りすぎないようにする必要があります

頭皮の臭いは、皮膚の常在菌が大きく関係しています。

常在菌は通常量であれば、肌トラブルを発生させません。

むしろ病気を引き起こす雑菌の侵入を防ぐなど、頭皮を守ってくれる存在でもあります。

しかし頭皮を不潔にしていれば、過剰に増加し、頭皮環境を悪化させることがあるようです。

常在菌として良く知られているのは、表皮ブドウ球菌や、黄色ブドウ球菌、マラセチア真菌やアクネ菌です。

表皮・黄色ブドウ球菌やアクネ菌はニキビの原因菌としても知られています。

常在菌が減ると、皮脂や古い角質が分解されづらくなるため臭いが発生するようです。

しかし過剰に増えると常在菌が皮脂を分解するので、頭皮の臭いが発生します。

頭皮環境は皮膚の常在菌のバランスが保たれていることが良い環境と言えるのです。

(まとめ)頭皮の皮脂が酸化することで起きる臭いの対策とは?

1.頭皮の皮脂の酸化を予防するには適切なヘアケアで常在菌が減りすぎないよう注意することが大切です

頭皮の皮脂が酸化すると加齢臭のような臭いが出ます。

自分に合ったシャンプーを使うことや、優しくマッサージをすることで対策ができるでしょう。

しかし、洗いすぎると常在菌が減るので臭いが発生しますから、適切なヘアケアをしなければなりません。

2.皮脂が酸化することで独特の臭いが発生します

頭皮が酸化すると不快な臭いが生じる場合もありますが、これは加齢臭と同じものです。

女性の場合、40代で女性ホルモンの分泌が減ることで臭う場合もあります。

頭皮は体の中で一番皮脂腺が多い部位ですから、頭皮が臭うのも当然と言えるでしょう。

3.臭い対策をしたいなら適切なヘアケアが重要です

頭皮の臭いが皮脂によるものでしたら、ヘアケアが大切です。

シャンプーやリンスが肌に合っていない場合、洗浄力が強すぎると、皮脂が流れすぎます。

シャンプーは自分に合っているものを使い、頭皮を優しくマッサージをするように行いましょう。

4.常在菌が減りすぎないようにする必要があります

頭皮にも皮膚の常在菌が存在していますが、皮脂の分泌が増えると頭皮環境が悪化するのです。

しかし髪を洗いすぎて常在菌が減りすぎると、皮脂や古い角質の分解が少なくなって酸化し頭皮が臭うこともあります。

常在菌は多くても少なくても問題があるのです。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む