頭皮が脂詰まりすると薄毛・抜け毛になる可能性が高まるのです


頭皮の毛穴に脂詰まりすると、毛を作る役割になる毛乳頭の機能が弱くなり薄毛・抜け毛に繋がる可能性が高くなります。

あと、頭皮の脂詰まりをしっかり落としていないと、加齢臭の元であるノネナールが発生します。

頭皮の脂詰まりを解消するためにも、髪の毛を洗うときはシャンプーで頭皮をしっかり洗うようにすることが大事です。

頭皮の毛穴に脂詰まりすることでニキビができてしまいます

頭皮は皮脂線が多く頭皮が脂性肌の場合は、過剰に皮脂を分泌し、皮脂や汚れが混ざった脂が毛穴を詰まらせ頭皮ニキビになります。

また、ターンオーバーの乱れが原因で、本来だったら排出される皮脂が溜まってしまった毛穴にアクネ菌も繁殖すると、頭皮にニキビが発生してしまいます。

ターンオーバーが乱れてしまっているのは下記のことが原因でしょう。

  • 頭皮を何らかの刺激で知らないうちに傷つけていた
  • ストレスが原因のホルモンバランスの乱れ
  • 睡眠不足が原因で細胞生成の機能が低下している

頭皮のニキビは、顔の皮膚と同じぐらいデリケートです。

なぜならば、頭皮は顔より毛穴が多く、皮脂の量も分泌量も多いからです。

さらに毛穴が密集しているため、頭皮にはニキビができやすいとされています。

頭皮にニキビができた場合は、自分で頭皮ニキビを潰すのはやめましょう。

頭皮ニキビを指で触って確認したくなりますが、触ったことで手についていた菌が原因で炎症をしてしまい、さらに悪化する可能性もあります。

頭皮は清潔に保つように努力をしましょう。

例えば、頭皮や髪の毛につけるヘアケア剤は頭皮ニキビを刺激してしまいますから、なるべく控えた方が良いでしょう。

そして、寝るときに使う枕カバーも毎回洗って清潔を保つようにしましょう。

脂性フケは頭皮の毛穴に詰まりやすく抜け毛の原因にもなります


脂性フケは、頭皮に古い細胞と脂分が溜まっており、毛穴に詰まりやすく抜け毛につながる可能性があります。

頭皮の皮脂が過剰に分泌すればするほど、カビの一種であるマラセチア菌が好み、繁殖しやすい環境になります。

活発になったマラセチア菌は頭皮にダメージを与える脂肪酸を出し、その結果頭皮環境が乱れフケが発生します。

また、ストレスも頭皮環境の乱れの原因になります。

フケを予防し毛穴を詰まりにくくするためには、下記の正しい洗い方をすることが大事です。

脂分をしっかり落とす洗い方をする

脂性のフケは、皮脂が過剰に分泌しているのでしっかり脂分である皮脂を落として洗いましょう。

しかし、洗いすぎると必要な皮脂まで落としてしまい、頭皮のバリア機能が薄れてしまうのでくれぐれもやりすぎないよう気をつけることが大事です。

髪の毛を洗うときは、髪の毛を濡らしてからシャンプーを手でふっくらと泡立て、頭皮に乗せて指先の腹を使って優しくマッサージするように洗うことが大切です。

髪の毛を乾かす際、自然乾燥は避けましょう。

自然乾燥だと、菌が繁殖しせっかく頭皮を清潔にしたのに頭皮に雑菌が繁殖し、フケが再発をしたり頭皮が痒くなったりしてしまいます。

髪の毛を洗ったら速やかに乾かして、髪の毛を清潔に保ちましょう。

頭皮マッサージをして頭皮の毛穴の詰まりを改善しましょう

正しく頭皮のマッサージを行うことで、新陳代謝を改善し、古い角質と一緒に頭皮の毛穴の詰まりもとってくれるといった効果を期待することができます。

頭皮マッサージをすると血行が良くなり、頭皮から髪の根元までしっかりと栄養が行き渡るので、抜け毛・薄毛になりにくくなる頭皮環境に近づけることができるとされています。

毛を作る毛母細胞も新たに作られるようになりますから、頭皮環境を改善できる可能性は高いでしょう。

さらに頭皮の毛穴の汚れを取るときは、クレンジングオイルを使った頭皮マッサージをするとより良いでしょう。

クレンジングオイルはシャンプーより毛穴に入りやすいので、皮脂と混ざり合って汚れを浮かせて綺麗にしてくれます。

クレンジングオイルマッサージは家ですることも可能です。

ちなみにクレンジングオイルは、頭皮専用のものもありますが、メイクを落とす際に使用するクレンジングオイルを使ってマッサージしても効果があると言われています。

具体的な方法ですが、髪の毛が乾いた状態でヘアブラシを使ってマッサージをしながら髪をとかします。

そして、頭頂部を中心にして頭皮にクレンジングオイルをつけます。

次に、指の腹で頭頂部から下へ軽く指圧して毛根を刺激しながらマッサージをします。

最後に、お湯でしっかり洗い流して髪の毛を洗うことで完了です。

しっかりとマッサージを行うことができれば、毛穴の詰まり解消も期待することができるでしょう。

(まとめ)頭皮の脂つまりが起こるとどうなるの?

1.頭皮が脂つまりすると薄毛・抜け毛になる可能性が高まるのです

頭皮に脂つまりが発生すると毛乳頭の機能が弱くなり、薄毛・抜け毛になる可能性があります。

また、髪の毛を洗う際に頭皮にある脂つまりを落としていないと、加齢臭のような臭いが発生しまうこともあるのです。

2.頭皮の毛穴に脂つまりすることでニキビができてしまいます

皮脂と汚れが混ざった脂がつまると、それが原因で頭皮ニキビになります。

ターンオーバーで排出されなかった皮脂が溜まってアクネ菌を繁殖し、頭皮ニキビができます。

頭皮ニキビは指で触ったり、潰したりしないよう注意しましょう。

3.脂性フケは頭皮の毛穴につまりやすく抜け毛の原因にもなります

脂性のフケの場合は、頭皮に古い細胞と脂分が溜まることで毛穴に詰まりやすくなり抜け毛を引き起こす可能性があります。

髪の毛を洗う際は、ふっくらとシャンプーを泡立てて指の腹で洗い、余分な皮脂を取るように洗います。

4.頭皮マッサージをして頭皮の毛穴のつまりを改善しましょう

頭皮マッサージは頭皮の血行促進、環境改善などの効果を期待する事ができます。

また、クレンジングオイルを使えば、毛穴につまった汚れも綺麗にすることが可能です。

自宅でも簡単にできますから、一度試してみてはいかがでしょうか。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む