夏は温度湿度も高いため、頭皮の皮脂を多く分泌するからです


夏は、皆さんもご存知の通り温度・湿度が非常に高い季節。

ですから、頭皮の皮脂の分泌も増えます。

夏の季節は、頭皮の皮脂の分泌が増えることで頭皮に汚れが蓄積し、ベタつきや臭いも発生してしまうのです。

これらを防ぐためには、髪の毛のケアにどれほど気を配るかが重要です。

髪の毛の洗い方や髪の毛の乾かし方に気をつければ、ベタつきや臭いを防ぐことができます。

夏は特に紫外線が強く、頭皮は顔の2倍の紫外線を浴びますので、頭皮に直接紫外線が当たらないよう工夫をしましょう。

夏の強い紫外線を浴びることで頭皮環境が乱れます

初夏から夏にかけては紫外線が強い季節とも言われています。

直接頭皮に紫外線を浴びてしまうことで、髪の毛も痛みますが、それより頭皮自体がもろい状態になってしまうことで髪の毛が抜けてしまうことにつながるのです。

頭皮に紫外線を直接浴びると頭皮の皮脂が酸化します。

無防備に直接紫外線を浴び続けると、頭皮が炎症をし、皮脂が過剰分泌してしまいます。

すると、皮脂が好物であるマラセチア菌が異常繁殖し頭皮が脂っぽくなったり、頭皮にフケが発生したりなどの頭皮トラブルが発生する可能性があります。

これらの症状を脂漏性皮膚炎といいます。

頭皮が直接紫外線をあたらないようにこれらの工夫をしましょう。

  • 帽子を被る
  • 日傘をさす
  • 頭皮用の日焼け止めを塗る

これらの工夫をすることで紫外線からの頭皮の症状を和らげることや、軽減することができます。

また、脂漏性皮膚炎になってしまった場合は、これらの生活をするように心がけましょう。

  • 規則正しい生活をする
  • ビタミンB群の食材を取り入れてバランスの良い食事をする
  • 頭皮の皮脂を清潔に保つためにしっかり洗う

髪の毛ばかりケアをするのではなく、頭皮もしっかりとケアをするようにしましょう。

夏の頭皮は紫外線を浴びることで乾燥します


夏の紫外線を直接浴びた頭皮はダメージを受けて乾燥するので、頭皮用ローションを使って頭皮を保湿すると良いです。

頭皮用ローションで頭皮をケアする前に、髪の毛を洗うときは熱いお湯で濡らしたり、洗い流したりしないようにしましょう。

頭皮が乾燥してしまいます。

ぬるいお湯で髪の毛を濡らし、洗い流しましょう。

髪の毛を乾かしてブラシで梳かした後に、頭皮用ローションを頭皮につけて頭皮をマッサージしてケアをしましょう。

これらをすることで、紫外線で乾燥した頭皮が潤いを取り戻し、頭皮のバリア機能を正常に戻ると言われています。

また、頭皮をマッサージすることで頭皮の血行の流れを良くし、細胞分裂をして髪の毛を作ると言われている毛母細胞に活力を与えることができます。

正しく頭皮をケアすることで、健康な頭皮環境を保つことができるでしょう。

頭皮ローションを選ぶときは保湿成分が多いセラミドやヒアルロン酸が配合しているものがおすすめです。

夏だからやっていることが原因で抜け毛につながります

夏の季節にやっている習慣や生活が原因で、頭皮環境の乱れや抜け毛につながっているという可能性もあります。

エアコンの使用

夏の季節は気温が高く、エアコンが手放せない季節です。

毎日エアコンを利用することで、直接エアコンの風があたる機会が増え、頭皮が乾燥します。

頭皮が乾燥することでフケ、頭皮の痒に繋がり、抜け毛になる可能性があります。

夏バテによる栄養不足

夏は気温・湿度が高い日が続き、食欲がなくなり夏バテになる人も多いでしょう。

夏バテになると食べる量が減るので栄養摂取量も減ります。

頭皮は栄養の届く優先順位が比較的低いため、頭皮、毛髪まで栄養が届きにくく抜け毛につながる可能性があります。

食べられる量だけで構わないのでタンパク質、亜鉛、ビタミンB群、ビタミンCが入っている食材を食べましょう。

これらの栄養素が入った食材を摂ることで抜け毛を防ぐ働きがあると言われています。

エアコンの風向きを頭皮に直接に当てないようにしたり、暑いからと温度を下げすぎたりしないようにするなど、夏についやってしまう習慣や症状をカバーすることが大事です。

(まとめ)頭皮が夏の時期に脂っぽくなるのはなぜ?

1.夏は温度湿度も高いため、頭皮の皮脂を多く分泌するからです

皮脂は湿度や温度が高い夏ほど皮脂が分泌します。

皮脂が多い頭皮はだんだん汚れが溜まっていくようになります。

夏の季節は紫外線が強く、また、頭皮は顔の2倍紫外線を浴びるので、直接紫外線を浴びないように工夫をしましょう。

2.夏の強い紫外線を浴びることで頭皮環境が乱れます

夏の強い紫外線を浴び続けると、頭皮がもろくなり髪の毛が抜ける、脂漏性皮膚炎になるなどの頭皮環境が荒れることに繋がります。

紫外線を直接浴びないように、外出するときは日傘をさしたり、帽子をかぶったりして対策すると良いでしょう。

3.夏の頭皮は紫外線を浴びることで乾燥します

紫外線を浴びた頭皮は乾燥しがちでダメージを受けています。

頭皮用ローションで頭皮を保湿し頭皮をマッサージしましょう。

頭皮用ローションを使って頭皮マッサージをすることで頭皮がうるおい、頭皮のバリア機能を正常に戻すとも言われています。

4.夏だからやっていることが原因で抜け毛につながります

夏特有であるエアコンの使用や夏バテは、頭皮や毛髪に悪い影響を与えます。

エアコンの風は、直接当たることで頭皮の乾燥に繋がる可能性があります。

また、食欲が減る夏バテは、頭皮まで栄養が届きにくくなることで抜け毛につながる可能性があります。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む