頭皮の生え際が脂っぽい原因は脂漏性皮膚炎の可能性があります


皮脂が過剰に分泌すると、皮脂を栄養にしているマラセチア菌も過剰に繁殖することで炎症をし脂漏性皮膚炎になりやすくなります。

そのため、皮脂が多く分泌されやすい頭皮の生え際で脂っぽくなるのです。

この症状の他に「生え際が赤くなる」「生え際に痒みを感じる」の症状があるとさらに脂漏性皮膚炎の可能性があります。

頭皮の生え際の脂っぽさが気になっている方は、重症化する前に病院に行って早期治療を心がけましょう。

そして髪の毛を優しく、しっかり洗って頭皮を清潔に保つ努力も必要です。

マラセチア菌は誰の皮膚にもいます

マラセチア菌はカビの一種です。

カビの一種と聞くといいイメージを持たない方もいますが、マラセチア菌は炎症を起こしていない健康的な皮膚に常にいる菌です。

マラセチア菌は実は、皮脂や汗の多い環境を好みます。

例えば、頭皮、鼻の周り、耳の後ろ、脇のした、太ももの付け根などです。

マラセチア菌が皮脂を分解したことで刺激の強い物質である遊離脂肪酸が原因で炎症が起きるのです。

皮脂や汗の多いところは、特に先ほど紹介した部位を清潔に保つように気をつけることが大事です。

炎症を起こして脂漏性皮膚炎になると脂でベトベトになる以外にも、頭皮が赤くカサカサしたり、頭皮が痒くなったりします。

ちなみに悪化すると、頭皮全体にフケやかさぶたが発生することや、頭皮から黄色い浸出液が出ることがあります。

さらに放置して重症化すると、頭皮の炎症部分のみ毛が抜けてしまうことがあります。

そのことを脂漏性脱毛と呼びます。

頭皮にフケやかさぶたがあると会った人に「清潔感がないな」という印象を与えてしまいますし、髪の毛が抜けると自分自身もショックを受けます。

くれぐれも放置することだけはないようにしましょう。

ホルモンバランスの乱れの影響で女性も脂漏性皮膚炎になります


脂漏性皮膚炎は男性ホルモンも関係があり男性が発症するイメージがありますが、ホルモンバランスの乱れで男性ホルモンが通常より多く発生し皮脂が過剰に分泌することがあります。

女性でも脂漏性皮膚炎になり、生え際が脂っぽくなる可能性があるのです。

なぜホルモンバランスが乱れるのかというと、原因は2つあります。

生活習慣が乱れている

例えば、寝る前にスマートフォンやパソコン、寝る前にタブレットの電子機器の使用による睡眠不足、昼夜逆転の生活などです。

ホルモンバランスが崩れにくい生活習慣にするには、寝る前に電子機器をなるべく使用しないようにして睡眠の質を高めたり、決まった時間に寝るようにしたりして心がけましょう。

ストレス

例えば、仕事や人間関係での心のストレスはもちろん、運動不足も身体のストレスになってしまいます。

精神的なストレスを溜めないためにも、なるべくストレスを感じる環境から距離を置いてみましょう。

また、運動不足な場合は、1日30分のウォーキングから始めて少しずつ運動不足を解消してみましょう。

運動不足解消だけでなく、気分転換にもなります。

ホルモンバランスは繊細なので、些細なことで乱れてしまいます。

日頃の生活に気をつけながら生活をしましょう。

脂漏性皮膚炎にならないように日常的に予防をすることが大切です

脂肪分、糖分が多い食べ物やコーヒー、アルコールなどの刺激が多い飲み物などは、皮脂の分泌を増やす働きがあります。

そのような食べ物、飲み物ばかり摂取していると、皮脂が過剰に分泌されてしまうので控えるようにしましょう。

皮膚の健康にいいビタミンBが含まれている食材を食べることを心がけることが大事です。

例えば、レバー、卵、ほうれん草などの食材です。

便秘も皮膚症状を悪化する原因にもなるので、便秘に効く食材であるイモ類、海藻、キノコ類を使った食べ物も摂取するようにしましょう。

また、自分たちが食べるものだけではなく、日常生活でも予防することができます。

それは、紫外線を避けることです。

紫外線は一年中降り注いでいますし、頭皮に直接浴びる状態になっています。

紫外線を浴びることが原因で頭皮が酸化し、頭皮の炎症をする可能性があります。

髪の毛を作る元になる毛母細胞が紫外線の影響で働かなくなり抜け毛や薄毛になる可能性もあります。

外出する際は帽子を被ったり、頭皮用の日焼け止めを塗ったりするなどの工夫が大切です。

(まとめ)頭皮の生え際が脂っぽくなるのはなぜ起こる?

1.頭皮の生え際が脂っぽい原因は脂漏性皮膚炎の可能性があります

皮脂が過剰に分泌されるほどマラセチア菌も過剰に繁殖し炎症を起こして脂漏性皮膚炎になりやすいです。

脂漏性皮膚炎が進行し悪化する前に病院に行き治療を受けることが大事です。

2.マラセチア菌は誰の皮膚にもいます

マラセチア菌は人間の皮膚に常にいます。

マラセチア菌が好む頭皮、鼻の周り、耳の後ろ、わきの下、ものの付け根は特に清潔にするように心がけることが大切です。

脂漏性皮膚炎が重症化すると炎症部分のみ髪の毛が抜けてしまうことがあります。

3.ホルモンバランスの乱れの影響で女性も脂漏性皮膚炎になります

ホルモンバランスの乱れで通常より男性ホルモンが多くなり皮脂が過剰に分泌され女性も脂漏性皮膚炎になる可能性があります。

ホルモンバランスが乱れないように、ストレスが溜まる環境から距離を置く工夫をしたり、ウォーキングしたりすると良いでしょう。

4.脂漏性皮膚炎にならないように日常的に予防をすることが大切です

脂肪分、糖分が多い食べ物、刺激が多い飲み物は皮脂の分泌を増やします。

皮膚の健康にいいビタミンBが含まれている食材を食べるように心がけましょう。

また、紫外線によって毛母細胞が働かなくなり、抜け毛、薄毛になる可能性があります。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む