頭皮にある脂の粒の正体は角栓です


頭皮にある脂の粒は、頭皮から皮脂が過剰に分泌されることで皮脂の塊である角栓が発生します。

頭皮の角栓が発生する原因は、揚げ物、チーズなどの脂質やラーメン、お菓子など糖質の多い食事だとされています。

もし一緒にいる相手に角栓や頭の臭いが伝わってしまえば、マイナスな印象を与えてしまう原因にもなります。

バランスの良い食事を心がけるように気をつけましょう。

髪の毛を洗うときや自分の環境を変える工夫も必要です。

角栓をそのままにすると抜け毛の原因につながります

脂の粒である角栓を放っておくと、頭皮に毛根が詰まってしまい毛根が圧迫され、毛根が育ちにくくなる環境になってしまう可能性があります。

その影響で髪の毛も細くなってしまい、健康的な太くて丈夫な髪の毛が減少したり少しずつ生えにくくなったりする可能性があります。

また、抜け毛が増えるようになるとも言われています。

頭皮環境を改善するために以下の工夫をしてみましょう。

髪の毛に良い影響を与える食材を摂取する

健康的な髪の毛になるように、バランスの良い食事以外にも髪の毛にとって良いと言われている食材を自ら取り込む工夫もしてみましょう。

髪の毛をすすぎ残しのないようにする

髪の毛の洗い方を誤ると角栓が残ったままになってしまう可能性があります。

例えば、髪の毛を洗うときに使うシャンプーとコンディショナーをしっかりすすがないと、毛穴が詰まり炎症を起こす可能性があります。

炎症を起こすと角栓が発生しやすくなるきっかけになる可能性があるので洗い流しましょう。

頭皮に配慮した生活を心がけることが大事です


髪の毛の成分でもあるタンパク質、髪の毛に効果的とされるミネラル、ビタミン類含む食材を取り込む工夫もしてみましょう。

例えば、タンパク質では、納豆、豆腐、サンマなどの食材です。

ミネラルでは、ごま、わかめ、牡蠣などの食材です。

ビタミン類では、レモン、レバー、のりなどの食材に含まれています。

なぜ頭皮改善にこれらの食材がいいのでしょう。

タンパク質は、髪の毛の99%がケラチン(タンパク質)とされているからです。

ミネラルは、髪の毛の主な成分であるタンパク質の合成を働きかける効果があるとされています。

ビタミン類の中で、ビタミンC、ビタミンA、ビタミンB6は頭皮環境を整えるのに有効だと言われています。

これらの栄養は1日1品でも構いません。

例えば、納豆や味噌汁を食べたりして髪の毛に気をつかう食生活をするだけでも、あなたにとっていい方向へと向かう効果が期待できるでしょう。

先ほど髪の毛をしっかり洗い流すことを紹介しました。

しかし、髪の毛をすすぎ過ぎないようにする注意も必要です。

頭皮がさっぱりし過ぎて乾燥を防ぐために過剰に皮脂が出てしまい、角栓が発生しやすい環境になる可能性があると言われています。

角栓が発生しやすい頭皮の場合は皮脂の分泌が多いので毎日洗うと清潔感のある頭皮に近づく効果があるとされています。

頭皮や自分自身のストレスを溜めないようにする工夫が必要です

頭皮もストレスが溜まると悪影響を受けます。

例えば、炎症が起きやすくなり角栓にもつながる可能性があると言われています。

頭皮のストレスを溜めないために、ぬるいお湯で髪の毛を濡らし、シャンプーをふんわり泡立てます。

髪の毛を洗うときは爪を立てないで指の腹を使って優しく頭皮をマッサージしながら洗いましょう。

頭皮は顔と同じぐらいデリケートです。

爪を立てて強い力で洗うと頭皮を傷つけてしまったり刺激してしまったりするので気をつけて洗いましょう。

頭皮のストレスの他に、人間関係、仕事のプレッシャーが続いて精神的なストレスを溜め続けるのも自律神経が緊張し頭皮の血流が良くなくなり頭皮にも影響が出てきます。

髪の毛の洗い方と日頃のストレスを上手く発散する工夫をして、健康的な頭皮を目指してみると良いでしょう。

(まとめ)頭皮に付いている脂の粒の正体とは?

1.頭皮にある脂の粒の正体は角栓です

頭皮から皮脂が過剰に分泌され角栓ができます。

角栓が発生する揚げ物、肉類を食べることが多い生活は控えましょう。

バランスのよい食事をする意識をすることで効果があるとされています。

2.角栓をそのままにすると抜け毛の原因につながります

角栓が残ったままにすると頭皮に毛穴がつまり毛根が育ちにくくなったり、髪の毛が細くなったりしてしまう可能性があります。

髪に良い成分が多い食材を食べ、髪を洗った時はしっかりすすぎましょう。

皮脂が炎症をし角栓が発生しやすくなる可能性があります。

3.頭皮に配慮した生活を心がけることが大事です

タンパク質、ミネラル、ビタミン類は髪の毛に良い影響を与える効果があるとされます。

これらが含まれている料理を意識して食べると角栓ができにくくなる環境に近づける可能性があります。

髪の毛を洗う時はすすぎ過ぎないように気をつけてすすぎましょう。

4.頭皮や自分自身のストレスを溜めないようにする工夫が必要です

髪の毛を洗う時は、爪を立てずに優しく汚れを落とすことで頭皮を傷つけにくいです。

精神的なストレスが続くと自律神経の影響で頭皮にダメージが来ることがあります。

ストレスを解消する工夫を自分なりにして、リフレッシュできることが大切です。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む