頭皮がヒリヒリするのは、乾燥によるダメージと考えられます


頭皮が乾燥する原因には、夏の紫外線、生活環境や年齢による肌質変化、また皮膚の病気が考えられます。

ヒリヒリとした不快感や痛みがある場合、頭皮はかなり乾燥しており、状態は悪化していると推測できます。

頭皮は肌の一部です。

肌の乾燥は、女性なら一番に気にしてケアしたいところですよね。

肌の乾燥は、ほうっておくと一気に肌の老化に結びつくイメージがあります。

実は、頭皮の乾燥も、美しい髪を育てる土壌である頭皮の老化を加速させ、ひいては抜け毛・薄毛など、髪のトラブルにつながる可能性があります。

頭皮がヒリヒリする、フケ・かゆみが以前より増した、といった違和感が収まらない場合は、皮膚科を受診するなどして適切な治療を受けましょう。

自宅でも、シャンプーのしかたに気をつける、ヘアケア剤を症状に合わせたものに替える、健康な頭皮を生む生活習慣を心がける、といった方法で、頭皮を健康な状態に近づけることができるでしょう。

頭皮が乾燥する原因は大きく3つ

紫外線による頭皮のダメージ

あまり気づかれないことですが、肌と同じように頭皮も、紫外線からダメージを受けています。

日焼けなどから生じる頭皮のダメージは、肌や頭皮の乾燥を引き起こし、皮膚の規則正しいターンオーバーが崩れるきっかけとなってしまいます。

生活環境や年齢による肌質の変化

ストレスや不規則な生活が、頭皮トラブルにつながることもあります。

また、年齢を重ねることによる肌質の変化は、頭皮の乾燥にも通じていると考えてよさそうです。

年齢に応じて化粧品を変えるように、ヘアケア剤の選択やヘアケアの方法などを替えていく必要があるかもしれません。

皮膚の病気による乾燥

炎症がひどくなっている場合、皮膚炎などを発症している可能性もあります。

皮膚科を受診して適切な診断を受け、塗り薬などで対処し、頭皮の健康な状態を取り戻すのが先決です。

その後、肌質に合わせた薬用などのヘアケア剤を選び、頭皮の健康を維持できるようにしていくとよいでしょう。

自宅でできる乾燥した頭皮のケア


乾燥した頭皮を健康な状態に近づける方法を紹介します。

シャンプーは1日に1回

頭皮を清潔にするのはもちろん大切ですが、頭皮から分泌される皮脂も、頭皮の保湿には欠かせない存在です。

シャンプーは1日1回、できれば夜におこない、頭皮を清潔にした状態でしっかり睡眠をとれば、頭皮のターンオーバーのリズム回復につながります。

肌質に合わせたヘアケア剤を選ぶ

頭皮の変化に合わせてシャンプーを選んでみるのもよいでしょう。

頭皮の保湿を目的とした薬用シャンプー・コンディショナーもあります。

また、一般的なアルコール系のシャンプーではなく、地肌への刺激の少ないアミノ酸系シャンプーを選ぶのもよいでしょう。

これらで頭皮の保湿力が高まり、頭皮の乾燥やヒリヒリ感が改善されるとよいですね。

頭皮の潤いを保つ生活習慣

難しいかもしれませんが、できるだけストレスをためない規則正しい生活を、日々、心がけたいものです。

睡眠をしっかりとる

睡眠は、肌や頭皮環境にも大きな影響を与えるといわれています。

美肌のためによくいわれている「22時から2時のゴールデンタイム」は、頭皮にも当てはまります。

そこまでは無理でも、毎日6時間以上の睡眠がとれるよう、生活リズムを整えていきましょう。

頭皮マッサージをしてみる

頭皮の乾燥は、頭皮の血流を促進することで改善することがあります。

シャンプーの時、また頭皮にも塗布する薬用コンディショナーをつけた時などに、頭皮マッサージをする習慣をつけてはいかがでしょう。

後頭部、側頭部、前頭部と、両手の指の腹を使い、頭皮を頭頂部に向かってずらすようにマッサージします。

強い日差しの下では帽子や日傘を

頭皮や髪の分け目が、直射日光に長時間さらされないよう帽子や日傘を活用し、紫外線によるダメージを防いでいきましょう。

(まとめ)頭皮がヒリヒリするのは乾燥しているから?

1. 頭皮がヒリヒリするのは、乾燥によるダメージと考えられます

頭皮が乾燥する原因には、夏の紫外線、生活環境や年齢による肌質変化、また皮膚の病気が考えられます。

頭皮の違和感が収まらない場合は、皮膚科を受診するなどして適切な治療を受けましょう。

自宅でも、シャンプーのしかた、ヘアケア剤の選択、健康な頭皮を生む生活習慣などに気をつけるとよいですね。

2. 頭皮が乾燥する原因は大きく3つ

紫外線による日焼けから生じる頭皮のダメージが、肌や頭皮の乾燥を引き起こします。

また、ストレスや不規則な生活、年齢を重ねることによる肌質の変化が、乾燥などの頭皮トラブルにつながることもあるようです。

炎症がひどくなっている場合は、皮膚炎などを発症している可能性もあります。

3. 自宅でできる乾燥した頭皮のケア

シャンプーは1日1回、できれば夜におこない、頭皮を清潔にした状態でしっかり睡眠をとれば、頭皮のターンオーバーのリズム回復につながります。

頭皮の保湿を目的とした薬用シャンプー・コンディショナー、あるいは、アルコール系ではなく地肌への刺激の少ないアミノ酸系シャンプーを選ぶのもよいでしょう。

4. 頭皮の潤いを保つ生活習慣

できるだけストレスをためない規則正しい生活を心がけ、22時から2時の睡眠、あるいは毎日6時間以上の睡眠がとれるよう、生活リズムを整えていきましょう。

頭皮の血流を促進するために、シャンプー時に頭皮マッサージをする習慣をつけるのもよさそうです。

また、帽子や日傘を活用し、紫外線によるダメージを防いでいきましょう。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む