頭皮の皮脂量が多いと夕方に髪がべたつきやすくなります


頭皮の毛穴から分泌される皮脂の量が多すぎると、朝にはサラサラだった髪や頭皮がべたついて脂っぽくなってしまうことがあります。

それに時間が経ってくるとニオイも気になってしまうでしょう。

適度な皮脂であれば、夜まで比較的に髪の状態を保ちやすくなるため、皮脂が過剰にならないための生活習慣を心がけることがポイントです。

過剰な皮脂分泌は夕方になると頭皮を脂っぽくさせます

適度な皮脂は頭皮の保護や汚れを落とすときに必要ですが、過剰な皮脂は頭皮や髪をべたつかせたり、汚れと結びついてニオイの原因になったりします。

そのため、適度な皮脂分泌量を維持することが正常な頭皮環境を保ち、べたつきやニオイで悩むことのない頭皮や髪の持続に役立つのです。

また、皮脂分泌過剰がひどくなると寝る前にシャンプーをしたにも関わらず、翌朝すでにべたついているというケースもあります。

この場合の原因としてあげられることは、下記のことがあります。

・洗浄成分の強すぎるシャンプーの使用
・ストレスを抱えすぎている
・食事内容の偏り

そして、年齢と共に皮脂分泌量が増えることや、ホルモンバランスの乱れによりべたつきやニオイを招くこともあるのです。

こういった理由が1つだけで頭皮のべたつきを招いていることはあまりなく、たいていはいくつかの原因が重なって脂っぽい頭皮を招いています。

脂っぽくなった頭皮を食品でケアする方法があります


皮脂と汚れが結びついて臭いを発生させることから、それなら汚れに含まれる雑菌の繁殖を止めれば良いと思うかもしれません。

しかしそのために、エタノールなどで殺菌しながら頭皮を拭いてしまうと、有用な常在菌まで殺すことになり、健康な頭皮環境を目指すには好ましくない状態になるでしょう。

そこで頭皮を優しくケアする方法に、ウーロン茶、緑茶、柿の渋、甜茶を軽く含ませたコットンで頭皮をふくというものがあります。

このときも強くゴシゴシこするのではなく、優しくふき取るように行うことがポイントです。

これらのお茶の成分には、ニオイの元を作り出すノネナールを吸着する働きがあるといわれているため、ニオイ対策に適しており、食品を使っていることから安全性の高さにも安心できる方法でしょう。

また、飲み物を使ったケアであれば、仕事中の休憩時間や家事の合間等にも行いやすいといえます。

そのほかに、毎日口にする食事も頭皮の皮脂量には関係があるとされています。

毎日脂っこいものばかりとっていると、その分毛穴から分泌される皮脂量も増えるため、夕方には髪や頭皮が脂っぽくなってきます。

そのため、普段の食事では脂っこいものを控えめにしたヘルシーな食事を心がけることもポイントです。

頭皮環境を正常化して一日中気持ちよい頭皮で過ごしましょう

頭皮環境を正常化するために日常生活のなかで行えることを紹介します。

まず、毎日のヘアケアではシャンプーは自分の頭皮に合ったタイプを使うことです。

過剰な皮脂分泌を改善する目的、乾燥する頭皮を優しくケアする目的など、それぞれに合わせたヘアケア製品を正しく使って頭皮や髪のべたつきを改善、予防しましょう。

そして頭皮に十分な栄養を行き渡らせることも頭皮環境の正常化には必要なため、優しく頭皮マッサージをすることもおすすめです。

指の腹を使って爪を立てないようにして優しくほぐすようにマッサージをしましょう。

それからストレスがたまるとホルモンバランスの乱れも招きやすくなり、その影響で過剰な皮脂分泌が起こりやすくなります。

そこで適度にストレス発散をして、ためこまないように気を付けましょう。

健康的なストレス解消法としておすすめは体を動かすことで、もし運動が苦手であれば気分転換もかねて近所を歩いてみましょう。

緑のある公園まで出かけて歩いたり、休憩時間に少し外出して外の空気を吸ったりしてみてはいかがでしょうか。

(まとめ)夕方になると頭皮が脂でべたつくのはなぜ?

1.頭皮の皮脂量が多いと夕方に髪がベタつきやすくなります

頭皮の皮脂量が過剰だと、夕方になる頃には髪や頭皮にべたつきが生じてしまいます。

さらに時間がたった皮脂からはニオイもするため、そちらも気になるものです。

適度な皮脂量を保つためにも、生活習慣の改善を心がけましょう。

2.過剰な皮脂分泌は夕方になると頭皮を脂っぽくさせます

適度な量の皮脂は、頭皮の保護などの役割があるため必要ですが、過剰な皮脂は頭皮や髪のべたつき、ニオイの原因になります。

過剰な皮脂分泌を招く原因としては、シャンプーの洗浄力が強すぎる、ストレス過多、年齢、ホルモンバランスの乱れなどがあります。

3.脂っぽくなった頭皮を食品でケアする方法があります

夕方になるにつれて脂で頭皮や髪がべたついてきたときは、ウーロン茶、緑茶、柿の渋、甜茶などをコットンに含ませ優しくふき取る方法があります。

また、普段の食事も脂っこいものを控えめにすると毛穴から分泌される皮脂量を過剰にさせないことに役立ちます。

4.頭皮環境を正常化して一日中気持ち良い頭皮で過ごしましょう

日常生活で頭皮環境の正常化に役立つことには、頭皮タイプにあったヘアケア製品を使う、頭皮マッサージをする、体を気持ち良く動かして適度にストレス解消をするといったものがあります。

健康な頭皮の状態を保つことで夕方に脂っぽくなることを防ぐのです。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む