頭皮の脂は湯シャンだけでも十分落とすことが可能といえます


洗髪はシャンプーを使うのが当たり前という認識がありますが、頭皮の脂はお湯だけでも十分に落とすことが可能だと考えられています。

また、お湯の温度が高くなるにつれて洗浄力も上がるといわれています。

とはいえ、40℃以上のお湯は頭皮に負担をかけてしまう恐れがあるため、湯シャンをするときの温度は、40℃以下が望ましいとされています。

湯シャンをすることにより頭皮の脂分が適度に残った状態にできます

シャンプーを使っていて肌が荒れた、シャンプーを変えたら抜け毛が増えた……という経験はありませんか?
洗髪はシャンプーを使うのが当たり前という認識を持っている方が多いものですが、それは、恐らく「頭皮の皮脂を落とす」という目的があるからではないでしょうか?

実は、皮脂を落とすのに、必ずしもシャンプーを使わなければならないというわけではありません。

というのも、水自体に洗浄力が備わっていると考えられているからです。

ですから、合わないシャンプーや洗浄力の強すぎるシャンプーを毎日使っているよりも、むしろ湯シャンの方が頭皮に与えるダメージが少なくて済むと考えることもできます。

洗浄力の強すぎるシャンプーは、頭皮や髪の毛に必要な脂分まで取り除かれてしまう恐れがあるため、頭皮や髪の毛のバリア機能を低下させてしまい、抜け毛に繋がる可能性があります。

また、洗浄成分の種類によっては、頭皮に刺激を与えてしまいがちです。

一方、湯シャンでの洗髪は頭皮や髪の毛に必要な脂分や保湿成分が適度に残った状態にできます。

このことからも、湯シャンでの洗髪は抜け毛予防や薄毛改善に効果が期待できるとされています。

湯シャンを効果的に行うにはいくつかポイントが挙げられます


湯シャンは適度に頭皮や髪の毛の脂分を洗浄できることがお分かりいただけだと思います。

しかし、湯シャンならどんな方法でも構わないというわけではなく、抜け毛や薄毛改善の効果を出すためにはいくつかポイントがあります。

湯シャンは徐々に取り入れていくこと

「今日から湯シャンに切り替えるぞ!」と意気込むのはいいですが、突然、洗髪を湯シャンのみにしてしまうのは良くないとされています。

まずは1日置き程度に通常通りシャンプーを行うこと、そして、徐々にシャンプーの回数を減らしていき、頭皮を慣れさせることが大切です。

温度は40℃以下のぬるま湯で

お湯の洗浄力は意外と高く、40℃以上になるとシャンプーと同じくらいになるといわれています。

しかし、40℃以上の温度では頭皮に負担をかけてしまいます。

湯シャンを行う場合は、40℃以下(36℃~38℃)のお湯が望ましいとされています。

皮脂の分泌が多い人には向かない

湯シャンを推奨されているのは、乾燥肌や敏感肌の人です。

一方、脂性肌と呼ばれる皮脂の分泌量が多い人は、湯シャンだけでは不要な皮脂が落としきれない可能性があります。

また、整髪料を付ける習慣のある人にも、湯シャンは向かないと考えられています。

湯シャンでの洗髪は丁寧に行い、必ずドライヤーで乾かすようにしましょう

実際に湯シャンを行うときの手順についてご説明していきたいと思います。

1.まず、ブラシで髪の毛をとかします。

頭皮を洗浄しやすくするために、髪の毛の埃やゴミなどを取り除きましょう。

2.40℃以下のお湯で髪の毛、頭皮全体を洗います。

このとき、爪を立ててゴシゴシと擦るのは絶対に止めましょう。

指の腹でやさしく洗うことがポイントです。

初めのうちは10~15分程度丁寧に洗髪してください。

3.湯シャンが終わったら、タオルドライをします。

このとき、タオルでゴシゴシと髪の毛や頭皮を擦るのはNGです。

タオルに髪の毛を挟み込むようにして軽く上から抑えるだけでOKです。

4.最後に、ドライヤーでしっかりと乾かします。

自然乾燥は頭皮に細菌を繁殖させてしまう原因になりかねないので、必ずドライヤーを使うようにしてください。

また、冬場の寒い時期は、濡れた髪の毛で体が冷えてしまうため、タオルドライの後、早めに乾かすのがおすすめです。

(まとめ)頭皮の脂は湯シャンで落とせる?

1.頭皮の脂は湯シャンだけでも十分落とすことが可能といえます

頭皮の余分な脂を落とすのに、必ずしもシャンプーを使用しなければならないということはなく、湯シャンだけでも洗浄力はあるといわれています。

頭皮に負担をかけないためにも、40℃以下のお湯が良いとされています。

2.湯シャンをすることにより頭皮の脂分が適度に残った状態にできます

洗髪にシャンプーを使用しなくとも、水自体に洗浄力があるため、湯シャンで充分頭皮の脂分は洗浄できると考えられています。

むしろ、洗浄力の強すぎるシャンプーで皮脂を落としすぎてしまうよりも、抜け毛予防に効果が期待できるでしょう。

3.湯シャンを効果的に行うにはいくつかポイントが挙げられます

湯シャンを頭皮に慣らしていくためにも、初めのうちは一日置き程度にシャンプーをし、徐々に回数を減らしていくことをおすすめします。

また、お湯の温度は40℃以下が望ましいでしょう。

湯シャンは皮脂の分泌量が多い人には向かない場合があります。

4.湯シャンでの洗髪は丁寧に行い、必ずドライヤーで乾かすようにしましょう

湯シャンを行うときは、事前に髪の毛をとかして埃やゴミを取り除いておくことで頭皮を洗浄しやすくしておきましょう。

また、洗髪の際やタオルドライの際は髪の毛や頭皮をゴシゴシと擦らないようにしてください。

最後に、ドライヤーでしっかりと乾かします。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む