朝から頭皮が脂っぽい原因はシャンプーのしすぎが考えられます


朝から頭皮が脂っぽくべたついてしまう要因として、シャンプーのしすぎが考えられます。

シャンプーをたくさんすることは一見すると頭皮を清潔に保てて良いように見えますが、必要な皮脂まで奪っている可能性があります。

また、頭皮を傷つけているかもしれません。

その結果、頭皮から出る皮脂の分泌量が増えてしまい、朝から頭皮がべたついてしまうと考えられます。

過剰なシャンプーは皮脂の分泌量を増やすといえます

頭皮の皮脂分泌量が多いからといって、必要以上にシャンプーをすることは逆効果になり得ます。

皮脂を落としすぎてしまうからです。

適量な皮脂の分泌があることで、頭皮は乾燥から守られています。

皮脂は汗と混じり皮脂膜となって、頭皮の表面を覆っています。

これによって肌を外部の刺激から守ったり、肌の内側の水分が蒸発しないように蓋の役割をしていたりします。

また皮脂膜は皮膚の表面を弱酸性に保つ働きもあり、これによって雑菌が繁殖するのを防いでいるといわれています。

皮脂の量は多すぎるのも良くありませんが、少ないのも良くありません。

そのため皮脂が不足すると、不足した分を補うために皮脂の分泌が増えるとされています。

朝から髪がべたつくからといって、夜も髪を洗ったのに朝もシャンプーするというのも避けたいところです。

夜のシャンプーを正しく行い、必要以上に髪を洗うことがないようにしましょう。

スタイリング剤の付けすぎや落とし残しにも注意が必要です


シャンプーのしすぎが良くないからといって、スタイリング剤などが頭皮や髪に残っている状態も良くありません。

頭皮に残ったスタイリング剤はきちんと洗えていないと、頭皮がべたつく原因となります。

毛穴を詰まらせたり、皮脂と一緒に酸化してしまったりするといわれています。

頭皮が脂っぽくなるだけでなく、においの原因にもなるとされるので、しっかりと洗い流したいところです。

しかし洗浄力の強いシャンプーで何度も洗うのは、頭皮や髪にとって負担となります。

一度できちんとスタイリング剤の汚れを落とすためには、専用のシャンプーがあります。

通常のシャンプーより洗浄力が強いので、一度のシャンプーでしっかりとスタイリング剤の汚れを落とすことができます。

そもそもスタイリング剤の汚れが落ちにくいのは、油分が含まれているためです。

専用のシャンプーには油分を落とす洗浄成分が配合されています。

専用のシャンプーがないときは、洗い方を工夫します。

シャンプーをする前に、コンディショナーやトリートメントと使うことです。

これらには髪の毛を保護する油分が含まれています。

その油分と汚れの油分を馴染ませることで、汚れを落としやすくする方法です。

濡らした髪の毛にコンディショナーなどを馴染ませていくと髪がほぐれていくので、そうしたら洗い流します。

こうすることで、あとは通常通りのシャンプーでスタイリング剤の汚れが落ちるといわれています。

洗い方の工夫だけでなく、スタイリング剤の使いすぎを抑えることや、頭皮になるべくつけないようにする工夫もすると良いでしょう。

優しくシャンプーすることが大切です

シャンプーは優しくきちんと汚れを落とすことが大切になります。

まず、いきなり髪を濡らすのではなく先にブラッシングをしておくと良いです。

絡まりが取れますし、頭皮の汚れを浮かせて洗いやすくなるといわれています。

次にお湯だけで予洗いします。

ただ髪を濡らすのではなく、この段階で髪についているほこりなどの汚れの多くが落ちてくれます。

シャンプーは頭皮に直接付かないように、手のひらで泡立ててから使うと良いとされます。

爪を立てて洗うと頭皮を傷つけてしまうため、指の腹で頭皮マッサージを行うように洗うと良いでしょう。

最後にシャンプーが頭皮に残らないように、しっかりとすすぐのも大切です。

シャンプーが頭皮に残っていると良くないため、3分以上かけて丁寧にすすぐと良いとされます。

皮脂を落としすぎないように、ぬるめのお湯ですすぐのもポイントです。

また、髪を洗った後はしっかりと乾かすことも大切です。

濡れた髪の毛は頭皮の雑菌を増やすことに繋がり、それが頭皮の皮脂分泌を増やしてしまう可能性があります。

朝まで髪が濡れたままということがないよう、寝る前にはきちんとドライヤーで髪を乾かしましょう。

(まとめ)頭皮が朝に脂っぽくなるのはなぜ?

1.朝から頭皮が脂っぽい原因はシャンプーのしすぎが考えられます

シャンプーをしすぎると頭皮に必要な皮脂まで取ってしまったり、頭皮を傷つけたりする可能性があります。

それにより皮脂が分泌されやすい状態を作ってしまい、朝から脂っぽくなると考えられます。

2.過剰なシャンプーは皮脂の分泌量を増やすといえます

頭がべたつくからといって必要以上にシャンプーするのは逆効果です。

皮脂を落としすぎてしまい、それが皮脂の分泌を促すことに繋がります。

正しいシャンプーで皮脂が過剰に分泌されるのを防ぎましょう。

3.スタイリング剤の付けすぎや落とし残しにも注意が必要です

スタイリング剤の汚れが頭皮に残っていると、べたつきやにおいの原因になるといわれています。

シャンプーをするときには、スタイリング剤の汚れをきちんと落とすようにする必要があります。

4.優しくシャンプーすることが大切です

シャンプーは優しく行い、皮脂を落としすぎないようにしましょう。

指の腹で優しくマッサージするように洗い、最後はすすぎ残しがないように丁寧に洗い流すのがポイントです。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む