女性ホルモンのバランスの乱れは皮脂の過剰分泌を招くとされています


2つの女性ホルモンのうち、プロゲステロンには皮脂の分泌を促す作用があります。

もう一方のエストロゲンには、反対に皮脂の分泌を抑える作用があります。

そのため、2つの女性ホルモンのバランスが乱れ、どちらか一方の女性ホルモンの分泌量が増えると頭皮が皮脂不足で乾燥することや、反対に皮脂の過剰分泌により頭皮がべたつくことになります。

健やかな頭皮環境を保つには、女性ホルモンのバランスを保つことが大事です。

頭皮の皮脂量は女性ホルモン減少にも関係しています

頭皮の皮脂の分泌量は、2つの真逆に作用をもつ女性ホルモンのバランスによって変わってきます。

エストロゲンが多すぎると頭皮がかさつき、プロゲステロンが多すぎると頭皮が脂っぽくなるといった状態になります。

それ以外にも、女性ホルモン自体の分泌量の減少も、皮脂分泌に大きく関係してきます。

女性の体内には、少なからず男性ホルモンも存在しています。

男性ホルモンには、皮脂腺を刺激する作用があります。

そのため、女性ホルモンが減少したりバランスを崩したりすると、体内に少ししかない男性ホルモンの作用が優位に働くため、皮脂の分泌量が増えてしまいます。

その結果、頭皮のべたつきやフケ、臭いや毛穴の詰まりなどの頭皮トラブルを引き起こすことになります。

女性ホルモンバランスの乱れは、脂質の多い偏った食事や無理なダイエット、睡眠不足や運土不足、過度のストレスや体の冷えによる卵巣部の血流低下などが原因とされています。

さらに、加齢と共に女性ホルモン自体も減少していくとされています。

髪や頭皮に優しい生活や食事への改善が必須です


頭皮や髪の健康のため、女性ホルモンバランスを保ち、分泌量を増やすにはまず食生活を見直しましょう。

女性ホルモンと似た作用をもつイソフラボンを含む大豆製品や、女性ホルモンの原料となる脂肪の少ないささみなどの肉や魚などを食事に取り入れましょう。

さらに、女性ホルモンの分泌を促すホウ素を含んだナッツ類やキャベツ、りんごやなし、体を温めるショウガやネギなども有効的だとされています。

また、女性ホルモンの分泌を作用するビタミンを含んだ、ニンニクやマグロ、豚肉やかぼちゃなども食材として使ってみましょう。

忙しい方は、サプリメントで必要な栄養素を補うの一つの手です。

また30分程の短時間のウォーキングや体幹を鍛えるヨガなども、全身の血流を促すので、女性ホルモンの分泌には良いとされています。

そして、女性ホルモンのバランスを調整する自律神経を整えるためには、早寝早起きや起床後は太陽の光を浴びる、朝食を食べて脳を活性化させるなどの生活スタイルが大事です。

また、お風呂では湯船に浸かったることや、ストレスを溜めないように深呼吸やアロマなどで心を落ち着かせるといったことにも心がけましょう。

女性ホルモンは髪や頭皮を健やかな状態にする働きを担っています

女性ホルモンは、頭皮の皮脂量の調整以外にも、女性の体内で様々な役割を担っています。

まず、女性らしい丸みを帯びた体を作り、子宮内膜を分厚くして妊娠の下準備や、脳の視床下部にある体温や食欲などの調節を行う自律神経を整える作用があります。

さらに、エストロゲンにはカルシウムの吸収を促して骨を丈夫にしたり、血液中のコレステロールを減らしたりするなどの働きもあります。

通常女性ホルモンは、年齢と共に自然に減ってしまうとされています。

一般的に、20代で分泌のピークを迎え、40代以降急減に減ってしまいます。

そのため、40代から頭皮環境が悪くなり、フケや臭い、髪の発育不全や抜け毛による薄毛などに悩まされる人が増えるといえます。

さらに、妊娠を機に一気に分泌量が増えますが、出産後急激に体内で減ってしまうので、産後抜け毛や白髪増えてしまう傾向にあります。

つまり、バランスの整った女性ホルモンの作用により、健康な体が維持され、妊娠できる環境が整えられたり、頭皮や髪を良い状態に保たれたりしているといえます。

(まとめ)頭皮の皮脂と女性ホルモンの関係とは?

1.女性ホルモンのバランスの乱れは皮脂の過剰分泌を招くとされています

女性ホルモンには、それぞれ皮脂の分泌を促すプロゲステロンと皮脂の分泌を抑えるエストロゲンの2種類あります。

2つの女性ホルモン量のバランスが崩れると、皮脂の分泌量が減ったり増えたりします。

2.頭皮の皮脂量は女性ホルモン減少にも関係しています

2つの女性ホルモンのバランスが崩れると、皮脂の分泌量にも影響してきます。

さらに女性ホルモンの減少により、皮脂の分泌を促す男性ホルモンが優位になることも皮脂の過剰分泌に繋がります。

3.髪や頭皮に優しい生活や食事への改善が必須です

女性ホルモンのバランスを保つには、イソフラボンを含んだ食品を食べるなど食生活にも気を遣う必要があります。

さらに早寝早起きやストレスを溜めない、朝起きて日光を浴びるなどの生活習慣を身に付けましょう。

4.女性ホルモンは髪や頭皮を健やかな状態にする働きを担っています

女性ホルモンには、皮脂の分泌量の調整以外にも、子宮内膜に厚みをもたせるなど妊娠に備えた体作りや自律神経を整えるなどの作用があります。

加齢や出産後などに急激に減少するため、抜け毛や白髪が増えるリスクが高まります。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む