禁煙により頭皮の皮脂量が減るとされています


タバコにはさまざまな有害物質が含まれており、なかにはニコチンのように頭皮の皮脂の分泌を促す作用のある成分もあります。

また、皮脂の分泌を抑えるビタミンCを破壊する成分も含まれています。

そのため、喫煙をし続けると頭皮がべたつきやすい傾向にあります。禁煙をすればこういった有害成分が体内に入ることもなくなるため、頭皮の皮脂量が抑えられることに繋がります。

よって、べたつきの治まりを感じるという人も増えるのです。

禁煙すれば、タバコの皮脂分泌を促す作用を受けなくなります

脳内には視床下部という場所があります。これは、体温や血圧の調整や、自律神経のバランスを保つ役割を担っているのですが、タバコの主成分ニコチンはその視床下部を興奮状態にさせる作用があるのです。

興奮状態なった視床下部からは、汗や皮脂の分泌が促されます。

そのため、通常よりも皮脂の分泌量が増え、頭皮のべたつきが酷くなるというわけです。

また、喫煙によりコルチゾールという、男性ホルモンの分泌を増やす作用のある物質の分泌が促されます。

男性ホルモンが過剰に増えると、皮脂腺が刺激を受けて活発になり、頭皮の皮脂量も増えるといわれています。

さらにタバコには、髪や頭皮を健やかな状態に保つ女性ホルモンを破壊する成分も含まれています。

喫煙により、女性ホルモンが減って男性ホルモンが増えることになるので、頭皮のべたつき加速するということになります。

他にもタバコには皮脂の分泌を抑制するビタミンCを破壊する成分も含まれています。

禁煙すれば、ニコチンやコルチゾールなどの皮脂腺に刺激を与える物質の影響を受けなくなるため、ホルモンバランスも整い、皮脂量の分泌が正常化します。

その結果、皮脂の分泌量が抑えられるため、頭皮のべたつきも治まるというわけです。

タバコは他にも、肌や体に様々な悪影響を及ぼします


タバコは頭皮環境を悪化させるのみならず、体にいろいろな弊害をもたらします。

まず、タバコの成分は体内の免疫力を低下させるので、女性特有の子宮頸がんを始め、肺がんや咽頭がん、食道がんなどのがんの発症率を高めることが分かっています。

さらに、体内でカルシウムが吸収されにくくなるので、女性に多い骨粗しょう症の発症確率も高まるとされています。

そして、ニコチンには生理不順になるリスクが高く、他にも閉経が早まるなど体を老化に導く原因になるともいわれています。

また、ニコチンは肌細胞の代謝の弊害ともなるので、肌色が悪くなり、シワやくすみ、肌のたるみなどを招きます。

歯や歯茎もヤニなどで茶色く変色するので、見た目にも良いとはいえず、口臭も強くなる傾向にあります。

禁煙することで、タバコの有害成分が体に及ぼす弊害をシャットアウトできます。

体の健康のためにも、肌や口内を若々しく保つためにも、禁煙はとても大事なことだといえます。

健康な髪や頭皮づくりには禁煙は大事です

これまで息抜きやストレス解消などで喫煙していた人が、いきなり禁煙するのは結構辛いものです。

しかし、頭皮や髪、そして体の健康や見た目の若々しさを保つためには禁煙は避けて通れないでしょう。

禁煙を成功させるには、人からいわれて決めるのではなく自分の確固たる意思で始めることが大事です。

気持ちを切り切り替えるために、禁煙する理由を明確にし、途中で挫折しないために周りの人に宣言するのも大切です。

次に1日のなかで、喫煙したくなるタイミングなどを把握し、喫煙の代わりとなる対処法を考えます。

例えば、起床後や食後に吸いたくなるなら、歯磨きをしたり、ガムを噛んだりしましょう。水を飲む、体操をして体を少し動かすなどすることで気を紛らわすのも良いです。

飲酒時に吸いたくなるのであれば、タバコを吸わない人の横や煙が来ない場所へ移動することが大事です。

身の回りの灰皿などを処分し、喫煙者が多いパチンコ店などには近寄らないなど環境改善にも取り組みましょう。

禁煙開始時は、禁断症状が強く吸いたいという衝動に駆られるので、禁煙が成功しづらい人も少なくありません。

そんなときは、クリニックの禁煙外来を受診すると、専門医の助けを借りることができますし、禁煙補助薬を処方してもらえる場合もあります。

(まとめ)禁煙すると頭皮の脂のべたつきが治まるって本当?

1.禁煙により頭皮の皮脂量が減るとされています

タバコには、頭皮の皮脂分泌を促進したり、皮脂を抑えるビタミンCを破壊したりする成分が含まれます。

禁煙することで、皮脂の分泌量がタバコの成分に影響されなくなるので、皮脂量が正常化するとされています。

2.禁煙すれば、タバコの皮脂分泌を促す作用を受けなくなります

タバコに含まれるニコチンは視床下部を刺激して皮脂の分泌を促します。

さらに、皮脂を増やす作用のある男性ホルモンの分泌を促す、コルチゾールの分泌量も増えます。

また、皮脂を抑えるビタミンCや女性ホルモンを減らす成分もタバコには含まれています。

3.タバコは他にも、肌や体に様々な悪影響を及ぼします

タバコは子宮頸がんや肺がんなどの発症リスクを高め、カルシウムの吸収を阻害するなど体にも悪影響を及ぼします。

さらに、肌のくすみやしわを増やしたり、歯や歯茎の変色を招いたりなど様々な弊害をもたらします。

4.健康な髪や頭皮づくりには禁煙は大事です

髪や頭皮を健やかにするには、自分の意思で禁煙する必要があります。

禁煙を成功させるには、喫煙したい気持ちを紛らわす方法を実践することや、身の回りの喫煙に関するものを排除することなどが大事です

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む