寝起きの頭皮からの汗を放置するのは良くありません


寝起きの頭皮からの汗を放置したままでいると、頭皮にも毛髪にも悪影響を及ぼすため、必ず何らかの対処をするようにしましょう。

健康な人でもある程度の寝汗をかくものですが、毎晩大量の汗をかくことが続いているならば注意しなくてはいけません。

頭皮からの寝汗の原因を正しくつきとめて、適切な処置をしましょう。

寝起きの頭皮からの汗には原因があります

寝起きの頭皮からの汗にはいくつか原因があります。

特に夏場は朝起きた時に体はもちろん頭皮からも汗をかいていることが少なくありません。

寝ている間の異常発汗には以下のような理由が考えられます。

寝室の温度が高すぎる

汗は体温を下げるためにかくものです。

寝室の温度が高すぎても、寝ている間に頭皮に大量の汗をかいてしまいます。

夏は湿度も高いため、頭皮表面に熱がこもりやすく、朝起きた時にベトベトになっているというのでは毛髪の健康のためにも良くありません。

ストレスがたまっている

発汗は自律神経によって制御されています。

自律神経がストレスによって乱されがちです。

ストレスがたまり自律神経が不調を起こして交感神経が優位な状態が続くと、異常発汗などを引き起こしてしまいます。

ストレスを解消してリラックスして眠ることも大事なのです。

基礎体温が高くなっている

基礎体温が高くなっている生理前、妊娠中も寝汗をかきやすいといわれています。

ただしこれは自然な生理現象で病気ではないので、あまり心配する必要はありません。

何らかの病気にかかっている

異常な寝汗は何らかの病気のサインの場合もあります。

特に汗腺が集中している頭部は症状が出やすいので注意しましょう。

自律神経失調症、更年期障害の疑いがあるならば、早目にクリニックを受診してください。

寝起きの頭皮からの汗を解決する方法があります


寝起きの頭皮からの汗を解決するには、いくつかの方法があります。

毎日のちょっとした習慣を変えてみることから始めてみてはいかがでしょうか。

朝シャワーを浴びる

寝起きの頭皮がベタベタしている時は、朝のシャワーを習慣にしてみるのも一つの方法です。

ベタつきを除去するために朝晩シャンプーをしてしまうと、かえって髪の健康に必要な皮脂まで落としてしまうことになりかねません。

朝はシャワーのみ、夜にシャンプーというのを毎日の習慣にしてみてはいかがでしょうか。

クーラーを適度に使用する

特に夏の熱帯夜には頭皮から寝汗をかきやすくなっています。

クーラーを適度に使用して、安眠できる環境を整えましょう。

クーラーはかけすぎても健康被害を及ぼすことがあるので、28度前後を3~4時間キープできるようにタイマーをセットすることをおすすめします。

就寝前は水分を控える

寝る前に水分を摂りすぎても寝汗を促進してしまいます。

かといって水分が不足していても脱水症状を引き起こしてしまうでしょう。

適度な水分補給を心がけるようにしてください。

頭皮の寝汗は病気の可能性もあるので注意しましょう

頭皮の寝汗の多くは生理現象ですが、病気由来のケースもあるため注意しましょう。

健康な人でもコップ1.5杯程度の寝汗をかくといわれていますが、毎晩、枕がビショビショになるほどの発汗があるならば、何らかの病気かもしれないため要注意です。

たとえば、頭皮だけではなく全身から汗をかき、毎朝シーツがぐっしょり濡れているというならば、もしかしたら自律神経失調症かもしれません。

自律神経失調症の場合、寝ている時だけではなく昼間にも異常発汗が見られます。

頭皮だけ、手足だけと一部分だけ異常発汗することもあるので留意しましょう。

また、女性の場合は更年期障害の可能性もあります。

40代後半ぐらいから女性ホルモンのバランスが崩れ始め、寝汗が増えることも少なくありません。

更年期の女性は精神的に不安定になることも多く、ストレスから自律神経を乱して夜間の異常発汗につながることもあります。

更年期は薄毛も、頭皮の寝汗を放置しているとますます悪化してしまうでしょう。

できるだけ早く対処することをおすすめします。

(まとめ)寝起きの頭皮からの汗を放置するのはNG?

1.寝起きの頭皮からの汗を放置するのは良くありません

寝起きの頭皮からの汗は放置していてはいけません。

毎晩、異常発汗しているようならば何らかの対処が必要です。

原因を正しくつきとめて、適切な処置を施すようにしなければいけません。

2.寝起きの頭皮からの汗には原因があります

寝起きに頭皮に大量の汗をかいているならば、寝室の温度が高すぎるのが原因の一つかもしれません。

その他、ストレスがたまっていることや、基礎体温の高温期などが誘引になっている可能性もあります。

自律神経失調症、更年期障害の疑いがあるならば、医師に相談してください。

3.寝起きの頭皮からの汗を解決する方法があります

寝起きの頭皮からの汗を解決するには、たとえば朝のシャワーを習慣にするのも良いでしょう。

朝晩シャンプーをしてしまうとかえって髪の健康を損なうこともあるので気を付けてください。

クーラーを適度に使用し、寝る前の過剰な水分摂取もひかえるようにしましょう。

4.頭皮の寝汗は病気の可能性もあるので注意しましょう

頭皮の寝汗は病気由来のこともあるという点には注意が必要です。

枕やシーツがビショビショになるほどの発汗があるならば、もしかしたら自律神経失調症かもしれません。

中高年女性は更年期障害の疑いもあるので、早目に対処するようにしましょう。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む