夏の頭皮からの汗の臭いは防げるといえます


夏の頭皮から汗は臭いが気になることがありますが、工夫次第で防ぐこともできます。

頭皮から顔へと汗がしたたり落ちている様子は見苦しいものですが、さらに臭いが強いとなると周りへの迷惑も無視できません。

適切な方法を用いてしっかりと制汗、消臭するようにしましょう。

頭皮が臭うのは原因があります

夏の汗などで頭皮が臭うのは、頭皮由来のものと毛髪由来のものがあります。

自分がどちらに当てはまっているのか、まずは正確に理解するようにしましょう。

頭皮由来の臭い

頭皮は人体の中でも汗腺と皮脂腺が多く存在している部位です。

頭皮の表面や毛穴には常在菌がいて、常に臭いを発生させる可能性はあります。

しかし、健康な頭皮は適度な皮脂膜で覆われていて、常在菌の繁殖を抑えているので悪臭が発生することはありません。

しかし、皮脂分泌が過剰になると、頭皮が持つそのようなバリア機能が低下してしまいます。

汗をかくことなどによって常在菌にエサを与えると過酸化脂肪特有の臭いが発生してしまうのです。

毛髪由来の臭い

健康な毛髪の外側はキューティクルでしっかりと覆われています。

しかし、ヘアカラーやパーマなどで傷んだ毛髪はキューティクルが剥がれた状態になっているのです。

夏の強い紫外線もキューティクルにダメージを与える一因になっています。

顔のUVケアはしっかりとしていても、頭皮は剥き出しのままという人も少なくありませんが、良いこととはいえません。

汗をかいて髪が濡れていると、さらにキューティクルが欠けてているところから臭いが入り込みやすくなっているので注意しましょう。

頭皮の臭いを抑えるには正しいヘアケアが必要です


夏の汗による頭皮の臭いを抑えるには、正しいヘアケアがポイントになります。

ヘアケアの基本はシャンプーであることはいうまでもありませんが、毎日夜は必ず行うようにしましょう。

皮脂や汗の汚れをそのままにして就寝すると、寝ている間に雑菌が繁殖してしまいます。

もし、整髪剤を使用していたならば、さらに症状を悪化させることになるでしょう。

臭いだけではなくフケや痒みの原因にもなるので注意してください。

シャンプーをする前に必ずぬるま湯で十分に髪を濡らすようにしましょう。

シャンプー剤を手のひらで泡立てて、指の腹で頭皮をマッサージするように洗います。

すすぎをしっかりと行い、シャンプー後はドライヤー等で乾かしてから寝ましょう。

雑菌の繁殖を抑えるためにも、毛髪を湿ったままにしておくことはおすすめできません。

もし、寝汗がひどかったようならば、朝もシャンプーをしても良いでしょう。

夜のうちの汗をそのままにしておくことも、嫌な臭いを発生させる原因になります。

ただし、急いでいるからといってドライヤーを省略することはおすすめできません。

朝のシャンプーも自然乾燥にせず、しっかりとドライヤーで乾かすことで汗による悪臭を防ぎましょう。

汗の臭いを抑制するには食事にも注意しましょう

頭皮からの汗の臭いを抑制するには、食べ物に注意することも必要です。

頭皮の健康を保つためには、バランスの良い食事を心がけるようにしましょう。

頭皮も毛髪も主にケラチンというタンパク質で構成されています。

ケラチンを体内で合成するためにはもちろんタンパク質も欠かせませんが、ビタミンB、亜鉛、鉄なども必要です。

赤身の肉、魚などとともに根菜、海藻、きのこなどを使ったメニューを考えるようにしてください。

汗の悪臭の元となる皮脂の分泌を抑えるには、ビタミンBやビタミンAを積極的に摂取するようにしましょう。

油分の多い食品はもちろん、高GI値糖質も控えるようにしてください。

また、臭いの元となる過酸化脂質を増やさないためには、抗酸化作用が高いポリフェノール、ビタミンC、ビタミンEなどが有効といわれています。

アンチエイジング効果も期待できるので、毎日の食卓に取り入れてみてはいかがでしょうか。

(まとめ)夏の頭皮からの汗の臭いを防ぐことができる?

1.夏の頭皮からの汗の臭いは防げる

といえます
夏の頭皮からの汗の臭いは防ぐことができます。

頭皮からの汗が顔に大量に流れている様子は見苦しくもあり、臭いまで強いとなったら周囲へも大変な迷惑です。

適切な対処を施すようにしましょう。

2.頭皮が臭うのは原因があります

頭に汗をかいた時に臭いが発生するのは、頭皮由来と毛髪由来の原因が考えられます。

頭皮の過剰分泌や、キューティクルの脱落が起きていないかどうか、頭皮と毛髪の健康に心を配りましょう。

3.頭皮の臭いを抑えるには正しいヘアケアが必要です

夏の汗による頭皮の臭いを防ぐには、正しいヘアケアが必要です。

夜寝る前に必ずシャンプーをしてその日の汗と皮脂汚れをしっかりと落としましょう。

寝汗を落とすために朝のシャンプーをしてもかまいませんが、自然乾燥にせずドライヤーを必ずかけるようにしてください。

4.汗の臭いを抑制するには食事にも注意しましょう

汗の臭いを抑制するには、食事にも注意してください。

頭皮と毛髪の主成分となるタンパク質はもちろんのこと、ビタミンA、ビタミンB、亜鉛、鉄などの栄養をバランス良く摂取するようにしましょう。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む