年齢によって頭皮の汗の量は変わります


女性の体は、年を経るごとに刻々と変化していきます。

第二次性徴期や妊娠、出産、閉経などによって、女性のホルモンバランスは大きく変化し、それと同時に汗の量も変わっていくのです。

ただし、こうした変化には個人差があります。

誰かがそうだったからといって自分も必ずそうなるとは限らないため、思いこみで行動せず、きちんと症状を見極めましょう。

女性ホルモンの増減によって汗をかく量が変化します

女性の体は、女性ホルモンのバランスによって様々な調節を行っています。

こうした女性ホルモンがバランスを崩すことによって、汗が出てしまうことがあります。

妊娠

10代から40代頃までの女性に起こり得る女性ホルモンの大きな変化に、妊娠が挙げられます。

妊娠することで、女性の体は体温が上昇し、汗をかきやすい状況になります。

妊娠による発汗は、どの女性にも起こることで、20代だから、30代だから、というものではありません。

妊娠や子育てに適した体作りをする中で起こることですから、妊娠中の発汗はその場その場の対処で乗り切るようにしましょう。

更年期

更年期に起こる様々な身体の不調のうち、よく知られているもののひとつに「ホットフラッシュ」があります。

顔のほてりやのぼせ、発汗が主な症状です。

顔が赤くなったり、驚くほどたくさんの汗をかいたりといった症状が出ることから、人目が気になって精神的にもつらいという方も多くいます。

更年期は閉経前後の10年間と言われており、40代後半から50代の方に多く見られるものです。

しかし、最近では若年性更年期という若い年代に更年期の症状が見られるケースや、更年期が長く続き、60代になっても治らないケースなどもあります。

老年期の汗は一般的に減少しますが増加したと感じる場合もあります


高齢者は、若者に比べて熱中症になる可能性が高く、夏になると病院に運ばれたというニュースをよく耳にするようになります。

これは、高齢者が若者に比べて抵抗力や体力が少なく、同じ環境にいても危険に陥りやすいためです。

また、それと併せて、高齢者は体温調節の機能が若者に比べて衰えてきているためという理由も考えられます。

人間は、暑さを感じると汗をかきます。

これは、汗によって体内の温度調節をしているためです。

ところが、年齢が高くなっていくと、体温調節をするための「エクリン腺」という汗腺の働きが弱まっていきます。

そのため、汗の量が減って、結果、体温調節がうまくいかずに熱中症になりやすくなってしまうのです。

反対に、「年齢を重ねると共に汗が増えた気がする」と感じている方は、更年期か、あるいは、エクリン腺の働きが弱まったことによって、ある一部の汗が出づらくなり、その分ほかの場所から発汗しているという可能性があります。

頭皮にだけ汗をかくというような場合、それ以外の部分の汗をかきづらくなっていないか考えてみましょう。

年齢に応じた対策をとって快適に過ごしましょう

頭皮の汗が増えたと感じたら、それぞれの年齢に合った対処法を取るようにしましょう。

また、原因がはっきりしない場合は自己判断せずに医師の診断を仰ぐことも大切です。

若年期

若い年代の突然の発汗や、頭皮からの異常な量の発汗は、緊張などの極度のストレスによるものの可能性があります。

緊張を強いられる場面で特に症状がひどい場合は、ストレスを逃がす方法を考えましょう。

妊娠期

妊娠中の発汗は、出産が終われば自然と落ち着くものですから、それほど心配する必要はありません。

気になる場合は、髪を短くしたり、こまめに汗をふいたりなどして対応しましょう。

熟年期

熟年期は、汗をむやみに止めようとすると却って熱中症などになってしまう恐れもあります。

顔のほてりなどを感じたら、首筋を冷やしたり、空調機器などを利用したりするなどしてなるべく涼しく過ごせるようにしましょう。

また、更年期障害による発汗の場合は、生活習慣を見直して、自律神経を正常に保てるように心がけてください。

(まとめ)年齢によって頭皮の汗の量が変わることがある?

1.年齢によって頭皮の汗の量は変わります

汗をかく量をふくめ、女性の体には年齢によって様々な変化が訪れます。

しかし、こうした変化の在り方は人によって違うものですから、「必ずそうなる」と言い切れるものではありません。

2.女性ホルモンの増減によって汗をかく量が変化します

女性は、妊娠や更年期などに女性ホルモンのバランスが崩れることで汗の量が増えてしまうことがあります。

妊娠は比較的若い世代、更年期は中高年の女性に多いものですが、最近では若年性更年期障害などに悩む若い女性も出てきています。

3.老年期の汗は一般的に減少しますが増加したと感じる場合もあります

高齢者は、体温調節のためのエクリン腺という汗腺の働きが弱くなることから、汗が少なくなり、体温調節がうまくいかなくなりがちだと言われています。

一方、一部のエクリン腺が動きを弱めたことで、却って他の場所の汗が増えたと感じる場合もあります。

4.年齢に応じた対策をとって快適に過ごしましょう

若い時期の発汗は、ストレスなどが原因の可能性がありますから、ストレス発散について考えてみましょう。

また、妊娠期の発汗は産後に落ち着くため、心配のしすぎは良くありません。

一方、熟年期の発汗は長引くこともあります。

自律神経を整えましょう。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む