汗をかいて頭皮が赤くなる場合は皮膚科受診など早めの対処をとりましょう


頭皮が赤くなってしまっている場合、その原因が汗によるものであっても、そうでなくても、頭皮の炎症が原因の可能性があります。

赤さのほかに、かゆみや痛みなどがある場合は、早めに皮膚科を受診することをおすすめします。

また、なかなか赤みがひかない場合も注意が必要です。

汗による赤みが深刻な頭皮トラブルを引き起こす可能性もあるため、早めに対処するようにしましょう。

頭皮の赤みの原因を知りましょう

頭皮の赤みは、様々な原因から起こります。

本当に汗が原因なのかどうか、まずは、毎日の生活を見直してみましょう。

汗をかくと、頭皮は濡れた状態になります。

湿気は雑菌の繁殖を活発にするものですから、汗をかくことで頭皮が不衛生になり、それが原因で炎症が起こってしまうことがあります。

髪があるためそれほど目立たないものの、頭皮は非常に汗をかきやすい場所ですから、汗かきのかたは意識してみてください。

紫外線

皮膚が日焼けをすると、赤くなることがあります。

これと同じように、頭皮も紫外線の刺激によって赤くなり、ひりひりとした痛みやかゆみなどを感じる場合もあります。

紫外線の強い季節には、帽子を被るなどの対策を取りましょう。

皮膚疾患など

脂漏性皮膚炎やアトピーなど、皮膚のトラブルで頭皮が赤くなることもあります。

頭皮も皮膚の一種ですから、皮膚に問題がある方は同じことが頭皮に起こってしまう可能性があるのです。

また、ほかの部分に問題がなくても、頭皮にだけ皮膚炎などの問題が起こることもあります。

頭皮は清潔に保ちましょう


頭皮の清潔を保つことは、汗による赤みだけでなく、様々な頭皮トラブルに効果的な方法です。

特に、汗をかきやすい季節は、頭皮の清潔を心がけましょう。

拭きとり

汗をかいたな、と思ったら、ティッシュペーパーなどで素早く汗を抑えるようにしてください。

ハンカチなどでも問題はありませんが、汗をかくたびに同じハンカチで拭っていると、ハンカチ自体が不衛生になってしまう場合もありますから、汗かきの方は替えを持つようにしてください。

シャンプー

汗をかいた日の夜は、シャンプーをして頭皮の汗を洗い流すようにしてください。

汗は高温でなくても落とすことができますから、頭皮に無理な刺激を与えることは避け、指の腹でマッサージをするように洗うのがポイントです。

また、寝汗をかいた場合は、朝と夜2度髪を洗うことがあるかもしれません。

このようなときは、頭皮の皮脂を余分に落とし過ぎることがないよう、朝の洗髪ではシャンプー剤をつかわず、ぬるま湯で軽く流すだけにしておきましょう。

通気性

通気性の悪い帽子で紫外線対策をしていると、汗で頭皮が蒸れてしまいます。

湿気は頭皮トラブルの元ですから、なるべく通気性のよい素材の帽子を利用しましょう。

頭を覆わない日傘などもおすすめです。

掻いたり乱暴に拭いたりしてはいけません

汗が頭皮を流れ落ちる感覚は、とても気持ちの悪いものです。

また、汗がつたっているとなんとなく頭皮がむず痒く感じられて、ごしごしと乱暴に拭いたり、掻いてしまったりすることがあるかもしれません。

ましてや、頭皮が赤くなっている場合は、痒みを伴うこともあるため、無意識のうちに頭皮に爪を立てている可能性もあります。

しかし、このような頭皮への刺激は、赤みを悪化させる原因になってしまいます。

頭皮が痒いと感じたら、無理に掻いたり、力を入れてごしごしと拭いたりするのではなく、冷やすなどして痒みを散らすように心がけましょう。

また、洗髪後や汗を拭きとるときも、力を入れて頭皮をこする必要はありません。

水分を抑えるように、タオルやハンカチなどを頭皮や髪に押しあてて吸収させるようにしてください。

頭皮はデリケートなものですから、無理な負担をかけないように気を付けることが大切です。

夜寝ている間に掻いてしまうという方は、手袋などをして、爪を立てられないようにするのがおすすめです。

(まとめ)頭皮が汗で赤くなるときの対処法は?

1.汗をかいて頭皮が赤くなる場合は皮膚科受診など早めの対処をとりましょう

汗をかいて頭皮が赤くなっているときは、頭皮に炎症が起こっている可能性があります。

頭皮トラブルに繋がる可能性もあるため、皮膚科にかかるなど早めに対処しましょう。

2.頭皮の赤みの原因を知りましょう

頭皮の赤みは、汗によって雑菌が繁殖してしまうことや、紫外線による頭皮への刺激、アトピーや脂漏性皮膚炎といった皮膚トラブルなどが原因で起こります。

毎日の生活の中でこのようなトラブルに心当たりがないか考えてみましょう。

3.頭皮は清潔に保ちましょう

頭皮に汗をかいたときは、こまめに拭きとるようにして、夜は必ずシャンプーで汗による汚れを洗い流しましょう。

また、通気性のよくない帽子は汗をかいた頭皮にはよくありません。

通気性のよい素材を選びましょう。

4.掻いたり乱暴に拭いたりしてはいけません

汗が頭皮を伝ったり、頭皮が赤くなってしまっていると、痒みを感じることもあります。

しかし、頭皮はデリケートなので、爪を立てて掻いたり、乱暴に力を入れて拭いたりしないように気を付けましょう。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む