皮脂汚れや質の悪い汗が原因かもしれません


暑い日や運動をした後、汗で頭皮がべたついて気持ち悪いという経験はありませんか?

この汗のべたつきは、頭皮に皮脂がたくさん残っている、もしくは、ベタベタした質の悪い汗が出ているからかもしれません。

そして、このようなべたつきが気になる状態を放っておくと、嫌な臭いが発生したり、頭皮トラブルのもとになったりするので注意しましょう。

そこで、頭皮のべたつきの原因と改善策について詳しく解説していきます。

皮脂や汗が分泌される仕組みや汗の性質を知り、頭皮環境改善に役立てましょう。

頭皮のべたつきは、頭皮が皮脂で汚れているのが原因です

頭皮が皮脂で汚れていると、べたつきの原因になります。

皮脂は、字のごとく脂質成分で、皮脂腺から分泌されています。

この皮脂の分泌が正常であれば、べたつきを感じることはありません。

むしろ、汗と混ざり合うことで皮脂膜を作り、頭皮の乾燥を防ぐクリームのような役割を果たします。

また、頭皮を酸性に保ち、常在菌の増殖を防いでくれるので、健康な頭皮を保つためには欠かせないものなのです。

ところが、生活習慣の乱れやストレスなどで皮脂が過剰に分泌されたり、シャンプーで洗い残しやすすぎ残しがあったりすると、頭皮にたくさんの皮脂が残ってしまいます。

すると、汗をかいた後、べたつきを感じやすくなってしまうのです。

また、べたついた頭皮をそのままにしておくと、頭皮の毛穴詰まりやニキビなどの頭皮トラブルを引き起こし、育毛や発毛を阻害することもあります。

べたつきを改善し、頭皮環境を改善するには、皮脂のコントロールが大切です。

汗腺の機能が衰えると、ベタベタした汗が出ます


正常な汗の場合、その成分のほとんどが水分であるため、サラサラしているので、べたつくことはありません。

しかし、汗が出てくる汗腺の機能が弱まっていると、ベタベタした質の悪い汗が出てしまい、頭皮のべたつきの原因になります。

では、どんな時に悪い汗が出てしまうのでしょうか?

べたつく質の悪い汗は、汗腺の機能が衰えると出やすくなります。

以下のような生活を送っていると、誰でも汗腺が正常に働かなくなり、ベタベタ汗になってしまうかもしれません。

運動不足などで汗をかく習慣がない

普段運動をしない人は、あまり汗をかく習慣がありません。

すると、汗腺が衰えてしまい、血液からスムーズに汗を生成して排出することができず、ミネラルなどの身体に必要な成分まで体外に出してしまいます。

ミネラルが汗に含まれていると、蒸発しにくく、べたついてしまうのです。

空調の整った環境で長時間過ごす

最近では、どこに行ってもエアコンで快適な温度に保たれています。

また、家の中もエアコンで一定の温度に保たれていることも多いのではないでしょうか。

しかし、外気の温度に応じて汗を出す汗腺は、このような環境にばかりいると発汗する必要がなくなり、機能が衰えやすくなります。

頭皮のべたつきを改善するコツは2つあります

べたつきのない頭皮にするためには、必要以上に皮脂を残さないことと、質のいい汗をかくことが大切です。

必要以上に頭皮に皮脂を残さない

適度な皮脂は、健康な頭皮には欠かせません。

でも、たくさんあったからといっていいわけではありません。

以下のポイントを抑えて、皮脂の分泌量をコントロールしましょう。

  • 頭皮を洗いすぎない
  • 洗浄力の強すぎるシャンプーは避ける
  • すすぎ残しがないようにする
  • 脂質の多い食事を避ける
  • 規則正しい生活
  • ホルモンバランスを整える

質のいい汗をかく

サラサラとした質の良い汗をかくためには、日頃から汗腺が衰えないように鍛えておくようにしましょう。

たとえば、軽い運動で汗を流したり、お風呂にじっくり浸かって汗を流したりといったちょっとした工夫で、汗腺が衰えないようにすることができます。

(まとめ)汗をかいた後、頭皮のべたつきが気になるのはなぜ?

1. 皮脂汚れや質の悪い汗が原因かもしれません

汗をかいた後のべたつきの原因は、頭皮に残っている皮脂の量が多い、もしくは汗自体がベタベタしている可能性があります。

頭皮のべたつきを放っておくと、嫌な臭いのもとになったり、頭皮トラブルを引き起こしたりすることがあるので注意しましょう。

2. 頭皮のべたつきは、頭皮が皮脂で汚れているのが原因です

頭皮がベタベタする主な原因は、皮脂汚れや皮脂の過剰分泌だといわれています。

皮脂の過剰分泌は、頭皮の乾燥やシャンプーの洗い残し、すすぎ残し、生活習慣の乱れやストレスなどによって起こります。

皮脂で頭皮が汚れていると、髪の毛や頭皮の健康を損ねる可能性もあるので注意が必要です。

3. 汗腺の機能が衰えると、ベタベタした汗が出ます

汗は、血液から汗腺を通って、皮膚の表面ににじみ出てきます。

正常な汗であれば、サラサラしており、べたつきはありません。

しかし、汗腺の機能が衰え、血液からスムーズに汗を生成できなくなると、ミネラルを含んだままになり、べたついてしまいます。

4. 頭皮のべたつきを改善するコツは2つあります

汗をかいた後の頭皮のべたつきを改善するには、必要以上に皮脂を残さないこと、質の良い汗をかくことの2つが大切です。

丁寧なシャンプーでしっかり汚れを落とし、生活習慣を整えて、皮脂の量をコントロールしましょう。

汗の質を改善するには、適度な運動や入浴で汗をかく習慣をつけるようにするのが有効です。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む