汗が原因で、頭皮に「できもの」ができることがあります


ある日気づいた頭皮のできものに、悩んでいませんか?

その「できもの」の正体は何なのか、不安になることもあるでしょう。

悪化したらどうしよう、数が増えたら…なんて考えてしまうこともあるかもしれません。

そもそも、頭皮は汗をかきやすい部分であり、髪の毛に覆われているので、汗や皮脂が汚れとして蓄積されている可能性があります。

この汚れが、頭皮にできものができる原因の一つだといわれているのです。

では、そのできものの正体とは一体何なのか、そして改善方法について解説します。

頭皮の気になるできもののことを知って改善し、健康な頭皮を手に入れましょう。

頭皮にできやすい「できもの」の種類は、たくさんあります

そもそも「できもの」とは、何なのでしょうか。

一般的に「できもの」とは、皮膚にできる盛り上がったものを指します。

そのため、できものにはさまざまな種類があります。

頭皮のできものの種類

  • あせも
  • ニキビ
  • 吹き出物
  • 粉瘤(アテローム)
  • 湿疹

できものとは、これらの総称といってもよいでしょう。

できものの大きさにも、ぷつっとした点のような大きさのものもあれば、ぼこっとした大きなものもあります。

また、プツプツとたくさんできものができる場合や、一つだけできものがある場合、また、かゆみや痛みなどの自覚症状がある場合・ない場合もあります。

そのため、見た目は同じようなできものであっても、全く違うできものである可能性もあり、自分でそのできものの正体を判断するのは難しいのです。

頭皮のできものの原因

できものが頭皮にできる原因には、以下のものが考えられます。

  • 生活習慣の乱れ
  • 汗や皮脂などの汚れ
  • アレルギー
  • 皮膚疾患

もしできてしまったら、刺激を与えないようにしましょう


すでに頭皮にぷつっとしたできものがあるのであれば、適切な対処をとる必要があります。

といっても、何も特別なケアをするわけではありません。

毎日シャンプーで丁寧に洗い、汗や皮脂などの汚れが残らないようにして、頭皮を清潔に保つことが一番大切です。

ニキビや吹き出物のようなちょっとしたできものであれば、自然に治っていくことでしょう。

ただ、気になるからといって何度もシャンプーをしたり、ゴシゴシとこすったりするのはやめてください。

触ったりして刺激を与えてしまうと、できものがつぶれて出血したり、悪化させてしまったりすることがあります。

そうならないためには無暗に刺激を与えないようにしましょう。

頭皮環境が改善すれば、次第に治っていくことが多いので、さほど心配する必要はありません。

痛みや膿が出る場合は、速やかに受診しましょう

ニキビや吹き出物程度なら、頭皮を清潔にしていれば、徐々に改善していきます。

ただし、どんなできものであっても、痛みがあったり膿が出ていたりする場合は、皮膚科を受診しましょう。

なぜなら、痛みがあるということは、できものが悪化し、炎症が起こっている可能性があるからです。

そして膿が出ているのは、さらに進行して、できものの中や外の皮膚が傷つき、そこに細菌が入り込んでしまって化膿しているかもしれないからです。

ひどい炎症を起こし、化膿している場合は、セルフケアでは治りにくくなっていると考えられます。

また、できものの中にも、皮膚炎によるものや粉瘤のように、自然治癒しにくいものや自然治癒しないものもあるので、なかなか治らないできもののときは、適切な治療を受けることが最善策でしょう。

時間がなくて病院に行けない、という方もいるかもしれませんが、早めに治療をしないと、健康な部分の頭皮に炎症が広がり、髪の毛にも影響を与えかねません。

できるだけ早く時間をつくり、受診するようにしましょう。

(まとめ)頭皮のできもの、汗が原因なの?どうすれば治る?

1. 汗が原因で、頭皮に「できもの」ができることがあります

頭皮の「できもの」、原因は、汗や皮脂が汚れとなって蓄積されているからかもしれません。

頭皮は汗をかきやすく、汚れがたまりやすいものです。

汚れによって、頭皮のトラブルが起こりやすい場所だといえるでしょう。

2. 頭皮にできやすい「できもの」の種類は、たくさんあります

頭皮のできものの種類には、以下のようなものがあります。

  • あせも
  • ニキビ
  • 吹き出物
  • 粉瘤(アテローム)
  • 湿疹

できものの大きさや数、痛みやかゆみの有無は、同じ種類のできものであっても異なる場合があります。

できものの原因は、皮脂や汗の汚れ、生活習慣の乱れ、アレルギー、皮膚疾患などが挙げられます。

3. もしできてしまったら、刺激を与えないようにしましょう

頭皮にできものができても、シャンプーで汗や皮脂汚れを落とし、頭皮を清潔に保っていれば、改善していきます。

気になるからといって触ったり、ゴシゴシと無理にこすったりするのはやめましょう。

できものがつぶれて、かえって症状を悪化させることがあります。

4. 痛みや膿が出る場合は、速やかに受診しましょう

ちょっとしたできものなら、頭皮を清潔にしていれば簡単に治ることでしょう。

しかし、痛みや膿が出ている場合は、症状が悪化し、セルフケアだけでは十分に治らない可能性もあります。

さらに進行して、抜け毛や薄毛のリスクを高める恐れもあるので、速やかに受診するようにしましょう。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む