突然、頭や顔に大量の汗をかくようになり困っているという女性の方。その原因は更年期かもしれません。今回は更年期に突然汗をかくようになる原因や、日常生活で出来る汗の対策についてご紹介します。また、頭部多汗症の症状についてもご紹介します。

なぜ女性は更年期になると頭皮などから汗がでる?

更年期障害の代表的な症状「ホットフラッシュ」

発汗、上半身のほてり、のぼせ、などの症状がでる「ホットフラッシュ」は更年期障害の代表的な症状の1つです。

この症状が出ると、夏や梅雨時期のような汗をかくような気温でなくても突然、顔や頭に大量に汗をかき、体が熱くなります。また、脈拍も上昇することからドキドキすることも。
更年期の症状が出る年齢は個人差ありますが、だいたい閉経前後の45~55歳ぐらいの女性に多くでます。

ホットフラッシュが起きる原因

ホットフラッシュが起きる原因として、エストロゲンという女性ホルモンの分泌量が減り、ホルモンバランスが乱れることが考えられています。

女性ホルモンは通常、卵巣から分泌されるものですが、閉経前後の40代後半から50代後半ほどは卵巣の機能が衰えることから、エストロゲンの分泌量が低下します。
エストロゲンが減少すると、血管の収縮と拡張を調節ができなくなり、自律神経のバランスが乱れ、のぼせや発汗などが起きるのです。

更年期の汗がでる症状はいつからいつまで続く?

更年期障害によるホットフラッシュは月経不順になる頃から出始め、閉経前後にピークを迎えます。
症状は、閉経後1年ほどで治まることがほとんどです。

更年期は個人差はあるものの、45歳ごろから50代後半ごろまでが多く、閉経を挟んだ前後約5年、合計約10年の期間が更年期とされています。
このような年代で、頭皮などからの突然の汗が気になる方は更年期による症状の可能性があります。

更年期が原因でかく頭皮の汗の対策方法

汗を抑えるには、まず自律神経を整えることが大切です。
汗を止めることは難しいですが、汗の量を抑える予防策をとることは可能です。ここでは、ホットフラッシュによる発生する汗を抑えるための6つ方法をご紹介します。

・ストレスをためない
・栄養バランスのとれた食事
・適度な運動
・正しい方法でのシャンプー
・規則正しい生活
・病院で適切な治療をしてもらう
ストレスをためない

ストレスや緊張を感じると、交感神経が活発化して汗をかきやすくなります。ストレスを感じたときや、緊張したときにはリラックスを心がけましょう。
自律神経は、交感神経と副交感神経がバランスを取ることで成り立っています。リラックスすることで副交感神経が優位となり、バランスが整い汗を抑えることができるでしょう。

また汗を意識しすぎることも、ストレスにつながります。こんなにイライラしていては、また汗が出る、と思うと、余計に汗がたくさん出てしまうことがあります。
突然でる汗を必要以上に意識せず、自然な流れに身を任せることも大切でしょう。

栄養バランスのとれた食事

バランスのとれた食事をとることで、自律神経を整え、汗を抑えることができます。
和食は「主食・副菜・主菜」となっていて、とてもバランスがとれた食事にすることができます。

また、積極的に大豆食品を取り入れるのもおすすめ。
大豆イソフラボンに含まれる「ダイゼイン」という成分は代謝されると「エクオール」という成分になります。
この「エクオール」は女性ホルモンに似た作用があり、更年期症状の改善することが期待できます。
和食は、味噌汁や納豆、豆腐など大豆製品を多く使うメニューがたくさんあります。和食中心の食生活にすることで、症状の緩和が期待できるでしょう。

適度な運動

適度な運動習慣は、更年期障害の改善にも効果が期待できます。

ただ普段から運動する習慣がない人が、いきなり運動を始めても長続きさせるのは、なかなか難しいもの。
あまり激しい運動をする必要はありません。有酸素運動がおすすめで、ウォーキングから始めてみてはいかがでしょうか。また、プールで水中歩行をするのもよい運動になりますし、天気のいい日に家族でサイクリングをすると、気分転換も出来てよいでしょう。

1週間に3~4回、1日30~60分、週でいうと140~160分ほどの運動が望ましいとされています。うまく生活の中にとり入れてみてください。

正しい方法でのシャンプー

更年期になると、頭皮も汗をかきやすくなっているため、しっかりとシャンプーすることが大切です。頭皮は意外と毛穴が多く、皮脂量はTゾーンの2倍といわれています。
毛穴が多いということは、汗の出る場所もそれだけ多く、汗による影響も受けやすいこと。
汗をかいた頭皮を洗わずに放置すると雑菌が増殖、におい・炎症の原因になってしまいます。
頭皮トラブルを起こさないためにも、家に帰ったらきちんとシャンプーをしましょう。
頭皮を清潔にするシャンプー剤の情報、正しいシャンプーの仕方は別記事をチェックしてください。

≫頭皮を清潔に保てる
おすすめのシャンプー剤はこちら≪

≫正しいシャンプーの方法はこちら≪

規則正しい生活

生活習慣を整えることも、自律神経の乱れを抑えるのに効果的です。
適度な睡眠や運動を心がけましょう。
仕事やプライベートでなにかと忙しく、つい睡眠時間を削ってしまいがちですが、継続して6時以上の睡眠時間を確保するようにしてください。

病院で適切な治療をしてもらう

汗はもちろん、更年期障害の症状がひどい場合には、病院で治療を受ける方法もあります。
更年期障害の症状や期間は個人差がありますが、避けて通れないものです。生活に支障が出る、気になって仕方ないという場合には、専門医の指導で症状を緩やかにすることができます。

検査をして、症状によってはHRT(ホルモン補充療法)、漢方薬、向精神薬を使った治療をしてもらえます。
中でも、HRTは女性ホルモンを飲み薬や貼り薬で体内に補充する方法で、ホットフラッシュに有効とされています。
必要に応じて、治療のために薬を処方してもらえますから、副作用を含め医師と適切な治療方法を相談しながら行いましょう。

また、汗をかかないようにする工夫以外にも、汗をかいた場合のケア方法があります。
詳しい方法は下記の記事をチェックしてください。

≫外出先でも使える
頭皮の汗対策・汗ケアの方法はこちら≪

その他の更年期障害の症状と別の病気の可能性

更年期障害のその他の症状

頭皮から突然汗は出るけども、この症状が更年期か分からない方もいるのではないでしょうか。

更年期を迎えると、女性ホルモンの分量が減るため、ホットフラッシュ以外にも体にさまざまな症状が起きます。
自分のこの症状が更年期かどうか判断に自信のない女性は、他の症状もでていないかチェックしてみましょう。

更年期の代表的な症状は以下の通りです。

・だるい、疲れやすい
・のぼせ、ほてり
・手足の冷え
・めまい、たちくらみ
・動悸
・耳鳴り
・頭痛
・イライラ、情緒不安定
・不眠
その他 頭部に汗をかく可能性

頭皮の汗は、更年期だけが原因ではなく、他の病気の可能性もあります。
まだ更年期の年齢ではない、また他の更年期の症状に当てはまらないという方は、原因が他にあるかもしれません。
場合によっては病気の可能性もありますから、更年期と決めつけず、あらゆる原因を疑いましょう。

頭部多汗症

体の一部から異常に汗がでる場合、局所多汗症の一種である「頭部多汗症」の疑いがあります。この場合、頭から大量の汗をかきます。

具体的な原因はまだわかっていませんが、「遺伝」「精神的要因」「病気」といったものが要因と考えられています。

特に精神的要因は自律神経の乱れ(交感神経が敏感)になることで起きます。
頭部多汗症について、さらに詳しく知りたい方は下記サイトをチェックしましょう。

≫頭部多汗症の原因・対策について
さらに詳しく知りたい方はこちら≪

40~50代女性の頭皮の汗は更年期の可能性も!汗対策をして快適なヘアライフを

40代後半から50代後半の女性で、突然汗が止まらなくなる場合、更年期の可能性があります。更年期で起こる頭皮の汗は、自律神経の乱れが原因であるため、これを整えるよう対策をすることで汗を抑えられるでしょう。

生活習慣の見直しだけでは汗の改善が見込めない場合には、医師に相談し、適切な治療を依頼しましょう。

また頭皮に汗を頻繁にかくようになった場合、そのままにしておくとにおいや炎症の原因になり、頭皮トラブルを引き起こしてしまうことも。清潔に保つよう、いつも以上に心がけてください。

頭皮の汗の原因がわかれば、適切に対策することができ、上手に汗と付き合えるようになるでしょう。汗をきにしすぎず、快適なヘアライフを過ごしましょう。

≫頭皮を清潔に保てる
おすすめのシャンプー剤はこちら≪

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む