女性の頭皮にできるポツポツの正体は頭皮湿疹です

417edf3bdeac707024c272f222f298cd_s
頭皮にできてしまう赤いポツポツの正体は、頭皮湿疹の可能性があります。

頭皮湿疹とは、頭皮が赤くなって湿疹ができ、かゆみを生じるという症状です。

放っておくと悪化して抜け毛や薄毛になってしまう可能性もあるため、早めの対処しましょう。

頭皮湿疹の対策方法としては、使用しているシャンプーを見直したりビタミンの摂取量を増やしたりすることです。

頭皮湿疹は頭皮へのダメージが原因で表れてしまいます

頭皮湿疹は、頭皮や生え際の近くに出来る赤いポツポツのようなもので、乾燥肌や敏感肌の方は特に起こりやすいといわれています。

この湿疹は、脂漏性皮膚炎やアトピー性皮膚炎などの皮膚炎が頭皮や生え際で起こっているものです。

脂漏性皮膚炎の場合、頭皮から分泌される皮脂の量が多くなり、それによって頭皮に住んでいる常在菌が増殖してしまいます。

ある程度常在菌がいることに問題は無いのですが、常在菌が増えすぎてしまうと頭皮に刺激が増えてしまい炎症を起こしやすくなるのです。

アトピー性皮膚炎の場合は頭皮が乾燥しており、バリア機能が低下している状態で雑菌が頭皮で繁殖してしまうと、それを防ぐ機能が衰えていることもあり炎症につながってしまいます。

また、洗浄力の強いシャンプー、ヘアカラーやパーマなどを利用していると頭皮に強い刺激が加わってしまい、それが原因で頭皮湿疹が起こってしまう場合があります。

このように、さまざまな原因から頭皮湿疹を招いてしまう恐れがあるので注意が必要です。

シャンプーの仕方やドライヤーの当て方も頭皮湿疹の改善につながります


頭皮湿疹を改善させるためには、頭皮へのダメージを極力減らすことが大切です。

例えば洗髪する時に熱いお湯を使っていると、皮脂が余分に流れ落ちてしまい、頭皮が乾燥してしまう原因にもつながります。

あまり熱いお湯は使わず、シャンプーも爪を立てないように優しく頭皮を洗っていきましょう。

また、ドライヤーを当てる時、近くでずっと同じ場所に当てていることも乾燥につながってしまいます。

皮膚のバリア機能が低下している場合、ビタミンが不足していることも原因になっている可能性があります。

特にビタミンB2やB6が不足している場合があるので、食生活にビタミンB2やB6が含まれている食材を取り入れるようにしましょう。

ビタミンB2を多く含んでいる食材は、納豆やレバー、海苔などがあり、B6を多く含んでいる食材はまぐろやかつお、にんにく、かぶの漬物などがあります。

頭皮へのダメージを少なくするように心掛けたとしても症状がなかなか治らないことはあります。

特に湿疹は痒みがひどい場合があるので、そういった時には病院で診てもらうか頭皮湿疹に効果が期待できる市販薬を使うようにしましょう。

頭皮湿疹に最適なシャンプーを使いましょう

頭皮湿疹で痒みがひどい時は汚れをきちんと落とさなくてはと思い、洗浄力の強いシャンプーを使ってしまう方もいるかもしれません。

しかし、洗浄力が強すぎるシャンプーを使うと、かえって頭皮のダメージが悪化してしまったり、頭皮の乾燥にもつながって湿疹が起こりやすくなったりと、悪循環が生まれてしまう場合があります。

そのため、頭皮湿疹に悩んでいる方は洗浄力の強いものではなく、なるべく刺激の少ないものを選択するようにしましょう。

例えば、スカルプシャンプーとも呼ばれているアミノ酸系シャンプーは、低刺激で髪の毛や頭皮のダメージも最小限に抑えることができます。

頭皮と同じ弱酸性なので、保湿力が高いこともメリットの一つに挙げられます。

頭皮湿疹がある方、かゆみが気になる方は、こうしたシャンプーを選ぶようにしましょう。

早めに対策することで、抜け毛や薄毛などの症状に悪化する心配も少なくなります。

(まとめ)女性の頭皮にできるポツポツの正体とは?

1.女性の頭皮にできるポツポツの正体は頭皮湿疹です

頭皮にできてしまうポツポツは頭皮湿疹である可能性があります。

頭皮湿疹の対策としては、シャンプーを見直したりビタミンの摂取量を増やしたりすることです。

悪化する前に早めに対策しましょう。

2.頭皮湿疹は頭皮へのダメージが原因で表れてしまいます

頭皮湿疹は皮膚炎が原因で起こってしまう湿疹で、脂漏性皮膚炎やアトピー性皮膚炎などの皮膚炎が頭皮で引き起こされることでできてしまいます。

また、シャンプーやカラーリングなど、頭皮に強いダメージが加わるものを使っていることでもなりやすいです。

3.シャンプーの仕方やドライヤーの当て方も頭皮湿疹の改善につながります

頭皮湿疹を改善するには、頭皮ダメージを減らすことが大切です。

熱いお湯を使わず洗髪する、ドライヤーを当て過ぎないなど、ダメージを軽減するよう心掛けましょう。

バリア機能を高めるために、ビタミンB2やB6を含む食品を取り入れるのも効果的です。

4.頭皮湿疹に最適なシャンプーを使いましょう

頭皮湿疹の場合はシャンプーの選び方にも気を付けなくてはなりません。

刺激が強い高級アルコール系や石鹸系ではなく、刺激の少ないアミノ酸系を使うようにしましょう。

アミノ酸系であれば保湿力も高く、湿疹時でも乾燥を悪化させることはありません。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む