セラミドが不足すると乾燥し、フケがでやすくなります


気になるフケ症状、その原因はセラミド不足かもしれません。

セラミドは、皮膚の角質層に存在し、肌のバリア機能を司っている細胞間脂質を構成する成分です。

細胞間脂質は、水分と油分がミルフィーユ上に重なり合ってラメラ構造を構成し、肌の潤いを保つ重要な役割があります。

しかし、セラミドが不足すると、細胞間脂質の構造が保てず、肌の乾燥を招いてしまうのです。

これは頭皮でも同じことで、セラミドが不足していると頭皮が乾燥し、フケ症状をもたらしてしまいます。

つまり、フケ症状はセラミド不足のサインである可能性があるのです。

セラミドは、皮膚の保湿機能を担っている成分です

セラミドは、皮膚の角質層にある細胞間脂質を構成する成分の一つです。

細胞間脂質の約50%も占めています。

細胞間脂質とは、それぞれの細胞の間を埋めるように存在し、細胞同士をつなぎとめるセメントのような役割をしています。

細胞間脂質の中にセラミドが十分存在していれば、角質が規則正しく整い、水分と油分とのバランスを保ってくれるのです。

そして、水分と油分のバランスが整っていると、細胞同士の間に隙間ができず、外部からの刺激に強く、異物が入り込むことができません。

このように、セラミドは角質層の中で皮膚のバリア機能を果たしているのです。

ところが、セラミドが不足していると、皮膚のバリア機能が正常に働けなくなります。

すると、皮膚内の水分が蒸発しやすく、外部からの刺激によって炎症が起こりやすくなってしまうのです。

セラミドが不足する3つの原因


セラミドが皮膚にとってとても重要な役割を果たしていることがわかっていただけたでしょうか。

セラミドが皮膚内に存在することによって、皮膚は健康に保たれているのです。

しかし、そんな健康な肌に必要なセラミドは、減少し、不足してしまうことがあります。

セラミドはどうして不足してしまうのでしょうか。

ここでは、セラミド不足に陥ってしまう原因について紹介します。

加齢

皮膚内のセラミドは、加齢とともに減少します。

20歳ごろにはほぼ100%だったセラミドは、40~50歳ごろになると半減してしまうのです。

洗いすぎ

セラミドは、洗いすぎによっても減少するといわれています。

ゴシゴシと強くこするシャンプー方法や、頻回なシャンプーによって、必要な皮脂と一緒に洗い流されてしまうのです。

ターンオーバーの乱れ

セラミドはターンオーバーによって生成されます。

しかしターンオーバーが-乱れると、セラミドがうまく生成されなくなってしまいます。

すると、肌に必要なセラミドが足りない状態に陥ってしまうのです。

セラミド不足にならないように、洗いすぎやストレスに注意

セラミド不足が、頭皮の乾燥を引き起こし、フケを発生させてしまいます。

これを防ぐには、以下の2点に注意し、むやみにセラミドが減らないように注意することが大切です。

正しいシャンプーで洗いすぎを防ぎましょう

シャンプーで洗いすぎると、頭皮のセラミドを洗い流してしまいます。

ゴシゴシと力を入れて洗う、一日に何度もシャンプーするのは避け、セラミドを減らしてしまわないようにしなければなりません。

シャンプー回数は一日1回にし、優しく丁寧に洗うことを意識するようにしましょう。

頭皮のターンオーバーを整えましょう

ターンオーバーは、生活習慣の乱れやストレスなど、日々の生活が深く関わっています。

そのため、まずは規則正しい生活を送り、健康的な生活を意識することからはじめましょう。

また、食事面でも栄養を考えたバランスの良い食事を心がけましょう。

セラミドは、食品にも含まれている成分なので、栄養バランスを整えれば次第に摂取する量も増えてくるはずです。

また、ビタミンやミネラルがバランス良く含まれている食事をすれば、肌の新陳代謝を助け、ターンオーバーが乱れるのを防いでくれます。

そして、ストレス対策も重要です。

自分なりのリラックス方法を見つけ、適度にリフレッシュする習慣をつけましょう。

(まとめ)フケがでるのはセラミド不足のサイン?

1. セラミドが不足すると乾燥し、フケがでやすくなります

セラミドは、皮膚のバリア機能を果たす細胞間脂質の成分の一つで、水分と油分のバランスを整え、皮膚内に異物が入り込んだり、乾燥したりしないようにしています。

セラミドが不足すると、皮膚が乾燥し、フケ症状につながってしまうのです。

2. セラミドは、皮膚の保湿機能を担っている成分です

細胞間脂質の成分の一つであるセラミドは、細胞と細胞の間に隙間ができないように埋めることで、肌のバリア機能を高め、皮膚の潤いを保っています。

セラミドが十分皮膚に存在していれば肌は潤い、外部刺激を受けにくくなるのに対し、セラミドが不足すると、バリア機能が働かず、さまざまな皮膚トラブルにつながります。

3. セラミドが不足する3つの原因
加齢

セラミドは、20歳ごろから減少し、40~50歳ごろには半減しています。

洗いすぎ

シャンプーをしすぎるとセラミドまで洗い流されてしまうので注意が必要です。

ターンオーバーの乱れ

ターンオーバーの周期に合わせて生成されるセラミドは、ターンオーバーの乱れでも減少します。

4.セラミド不足にならないように、洗いすぎやストレスに注意

セラミドが減らないようにするためには、洗いすぎを防ぐことと、皮膚のターンオーバーを正常化することが大切です。

そのためには、一日の洗髪は1回にとどめ、優しく洗うことを意識しましょう。

また、生活全般を見直し、頭皮のターンオーバーを整えていきましょう。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む