グリセリンは頭皮を保湿するので、上手に使えばフケ対策に


グリセリンはよく知られた頭皮に優しい保湿剤です。

市販のシャンプーやトリートメント、頭皮保湿ローションにもグリセリン(濃グリセリン)は含まれています。

ところでフケ対策には汚れをきちんと落とすことと、保湿をすることが大切です。

グリセリンは適度な量を清潔な頭皮に使うと、頭皮が保湿されてフケを抑えます。

ただし、使う量や使い方には注意が必要で、グリセリンの特徴を理解しておかなくては逆効果になります。

手作り化粧品でグリセリンを使って頭皮のフケ対策をするときは留意が必要です。

また、グリセリン以外にも頭皮を保湿する成分はセラミドやヒアルロン酸など様々あり、それらが含まれたシャンプーなどのヘアケアアイテムもあります。

頭皮の脂っぽさ、乾燥やアトピーなどフケの原因によって必要な保湿成分は異なります。

したがって、グリセリンを上手に使って保湿することは、他の保湿成分を使うことと同じようにフケ対策になるのです。

グリセリンや濃グリセリンを使ってみましょう

グリセリンと濃グリセリンは同じものですが、濃グリセリンの方が濃度が高いものです(日本薬局方グリセリン84~87%、同濃グリセリン98%以上)。

他に不純物が取り除かれた精製度が高い局方グリセリンというものもありますが、純度が違うだけで同じものです(98.5%以上)。

グリセリンはパーム油やヤシ油から作った植物性のものと石油を合成して作ったものがあります。

グリセリンはヒトの体の中にある中性脂肪の主要な成分です。

また、肌表面の常在菌がグリセリンを作るため、ヒトがアレルギーを起こすことはほとんどないといわれています。

また毒性もありません。甘みがあり、常温で液体ですが水によく溶ける性質を持っています。

加えて保湿性と吸湿性、可燃性もあります。

したがって、医薬品や甘味料として多く使われています。シャンプーや頭皮ローションに保湿剤として多く使われる成分です。

グリセリン以外にも頭皮を保湿する成分があります

  • セラミド

    肌の細胞の間の隙間を満たす成分です。

    乾燥した頭皮では肌のバリア機能が弱くなっていますが、このときセラミドが不足しています。

    セラミドを補う成分入りの頭皮ローションを塗布することで、頭皮を保湿します。

  • ヒアルロン酸

    皮膚や血管の成分の一つです。頭皮に塗った場合、体内に入らずに皮膚の上に残り、体内から水分が蒸発するのを防ぎます。

  • オイル

    オリーブオイルやホホバオイル、馬油などがあります。

    洗髪前にオイルマッサージを取り入れると、汚れが浮き上がり、頭皮の血行もよくなります。

  • コラーゲン

    最近コラーゲンと薄毛の関係が注目されています。

    しかし、コラーゲンは外から与えても体内でアミノ酸になってしまうことが判明しています。

    体内でコラーゲンを作るためにはいろいろな食品と共にビタミンCを食べるとよいといわれています。

    シャンプーの保水のために用いられています。

手作りでフケ対策化粧品を作るときは、濃度と量に注意

  • 濃度に注意、たくさん入れないこと

    たくさん入れすぎると、グリセリンの吸湿性により皮膚の水分を吸うことで、皮膚を乾燥させてしまい、逆効果になってしまいます。

    手作りで保湿ローションを作りたい場合、3~10%入れましょう。

    また、グリセリンは毒性もなく、アレルギーもほとんど起こらないといわれていますが、体質によっては刺激を感じる人もいます。

    したがって、始めて作るときは少量から始めましょう。

  • 作ったら早めに使い切る

    手作り化粧品には市販の化粧品のように保存料を使いません。

    しかし、頭皮や毛髪に使うものは、温度も湿度も高いお風呂場に置くので、品質の劣化が早くなります。

    作ったら1~2週間で使い切るように、量を調整しましょう。

    もしもそれができないのならば、市販の保湿ローションを使用することを考慮しましょう。

(まとめ)グリセリンで頭皮を保湿するとフケ対策になりますか?

1. グリセリンは頭皮を保湿するので、上手に使えばフケ対策に

グリセリンはヘアケアアイテムによく使われる保湿剤です。

しかし、グリセリンは使い方に注意が必要です。

フケ対策になる頭皮の保湿剤にはグリセリン以外にもいろいろあります。

2. グリセリンや濃グリセリンを使ってみましょう

グリセリンと濃グリセリン、局方グリセリンは濃度や純度が異なるだけの同じものです。

植物性のものと石油から作ったものがあり、化粧品や医薬品、甘味料として使われます。

水に溶け、吸湿性があり、毒性もなく、ほとんどアレルギーも起こしません。

3. グリセリン以外にも頭皮を保湿する成分があります

セラミドは皮膚の細胞間を埋める物質で、肌バリアを守ります。

ヒアルロン酸は頭皮や血管の弾力や保湿成分です。

オリーブオイルなどの様々なオイルは保湿やマッサージに使われます。

シャンプーの保水として使われるのがコラーゲンです。

4. 手作りでフケ対策化粧品を作るときは、濃度と量に注意

グリセリンはたくさん使うと吸湿性がでて、乾燥を引き起こし逆効果です。

定められた割合で使いましょう。

また、手作り化粧品は品質が劣化しやすいので、作ったら早めに使い切るようにしましょう。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む