ぬるま湯だけとシャンプー、二度洗いが良いフケ対策


いわゆる、“湯シャン”が有名人や芸能人が行っていることで注目を集めています。

確かにお湯だけで毛髪や頭皮の汚れやフケを落としきれたら嬉しいです。

シャンプー液にアレルギーがある場合などは、シャンプー液を使うことを中止しぬるま湯だけで洗うことは一つの対策になります。

しかし、日常生活でヘアスタイリング剤を使っている場合や、蒸し暑い時などは頭皮に雑菌が繁殖しやすく、お湯だけで汚れを洗い落とすのは難しいです。

このような場合はシャンプー液をつけて、汚れや皮脂が力を入れて洗わなくても落ちるようにしたほうが頭皮は清潔になり、フケ対策にもなります。

この時大事なことはシャンプー液を使いすぎないことと、シャンプー液をきちんとすすぎ落とすことです。

実は、シャンプーをつける前のブラッシングとぬるま湯での予洗いで大まかな汚れは落とすことができます。

また、毛髪と頭皮をしっかり濡らすとシャンプーの泡立ちが良くなり、泡の力で優しく洗うことができるようになるのです。

湯シャンに効果があるのはシャンプー液が合わないから?

ぬるま湯をじっくり頭皮と毛髪にかけ流して洗う方法は、シャンプー液によってかぶれを起こす人には対策になるかもしれません。

また、すすぎが不十分で、シャンプー液が頭皮に残ってしまい、それがフケの原因になっている場合や、洗浄力の強すぎるシャンプー液を使ったために頭皮の脂を取りすぎて乾燥させてしまった場合にも、ある程度、効果があるかもしれません。

ただ、ぬるま湯はシャンプー液に比べて、洗浄力がありません。

したがって、頭皮のニオイを取ることやワックスなどのヘアスタイリング剤を落とすこと、脂っぽくなりすぎているのを減らしたいという場合は、やはりシャンプー液を使って洗ったほうが良いでしょう。

シャンプー液で洗う場合に重要なことは、洗浄力がちょうど良いものを使うことと頭皮に負担をかけずに洗うことなのです。

髪を洗う時のぬるま湯は35℃~38℃ぐらいで


同じ38℃でも、熱いと感じるかは人によって違います。

熱めのお湯が好き、またぬるめのお湯が好きというのは好みがあります。

頭皮の皮脂を落とすということから考えると、毛髪を洗う時のぬるま湯は35℃~38℃ぐらいです。

このくらいの温度だと、頭皮についた皮脂が柔らかくなる温度になります。

また、ぬるま湯とはお風呂の湯船に入れるお湯の温度より若干低めになります。

35℃以下では、冷たすぎて体が冷えてしまい、シャンプー液が上手く泡立たなくなります。

熱湯だと皮脂は柔らかくなりやすいですが、熱すぎてしっかりと頭皮を濡らすことができません。

数分間は頭にかけ続けられる湯温が洗髪に適したぬるま湯だと言うことを考慮しましょう。

予洗いと本洗い、二度洗いは頭皮に優しい洗い方

まず、毛髪にお湯が通りやすくさせるために、毛髪をブラッシングしましょう。

ブラッシングすることで、大きめの汚れを落とすこともできます。

次に、いよいよ、ぬるま湯をかけます。

シャワーでも湯桶でもいいですが、優しい水量でかけてあげましょう。

この時空いている手で毛髪をかき分け、頭皮までお湯がかかるようにしましょう。

これはぬるま湯での予洗いになるので、ブラッシングで浮かせた汚れが流すつもりで時間をかけてぬるま湯を流します。

頭皮と毛髪が十分濡れたと思ったら、今度はシャンプーを掌に取り、しっかり泡立ててから泡を毛髪と頭皮につけます。

この時、毛髪や頭皮をこする必要はありません。

そしてぬるま湯ですすぎます。

この時、予洗いと同じぐらい時間をかけ、シャンプーの泡が残らないようにすすぎましょう。

毛髪や頭皮にぬるま湯が届くように指先を使って髪の毛をかき分けて、お湯をかけましょう。

濡れたままの毛髪は傷つきやすいのでタオルドライし、水気が十分取れたら、ドライヤーで頭皮から乾かしましょう。

(まとめ)フケを減らすのにぬるま湯洗いは効果がありますか?

1. ぬるま湯だけとシャンプー、二度洗いが良いフケ対策

ぬるま湯だけのいわゆる“湯シャン”ではすべての汚れや皮脂を洗い流すことは難しいです。

シャンプー前のブラッシングとぬるま湯での予洗い、そしてシャンプー液で洗ったらきちんとすすぎ落とすことで、頭皮に優しいフケ対策になるのです。

2. 湯シャンに効果があるのはシャンプー液が合わないから?

すすぎ不足や、シャンプー液でかぶれを起こしている場合、そしてシャンプー液の洗浄力が強すぎる場合には湯シャンは効果があるかもしれません。

ただぬるま湯には洗浄力は無いので、スタイリング剤や過剰な皮脂を落とすにはシャンプー液のほうが適しています。

3. 髪を洗う時のぬるま湯は35℃~38℃ぐらいで

熱いぬるいという感じ方は人によって異なります。

しかし、頭皮の皮脂を落とすことを考えると、お風呂の湯船より低めの35℃~38℃ぐらいが適温です。

また、この温度はシャンプー液を泡立てやすく、数分間かけ続けていても頭や体を冷やさない温度です。

4. 予洗いと本洗い、二度洗いは頭皮に優しい洗い方

最初にブラッシングで大きな汚れを落とします。

次に優しい水量で数分間かけて、頭皮にまでぬるま湯が届くようにかけ流して予洗いします。

シャンプー液を泡立ててつけます。

数分間かけて泡を流してから、ドライヤーをかけましょう。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む