1日で治すのは難しいですが、急なフケには頭皮にワセリンを


フケを治す場合、シャンプー剤、洗い方、生活習慣などの改善が求められ時間がかかります。

フケを1日で治すことは非常に難しいことです。

しかし急な仕事や冠婚葬祭などで、スーツや黒い服を着なければならいなときにフケが発生したら、どう対処すればよいのでしょうか。

黒い服に白いフケが落ちれば、フケが目立ちすぎて相手にも悪い印象を与えてしまうかもしれません。

そこで、急ぎの対処方法として「白色ワセリン」を使うことがおすすめです。

白色ワセリンは、ドラッグストアで購入することができ、フケをおさえるのに役立ちます。

使うときは、米粒くらいの少量のワセリンを指先で取り、両手で十分に伸ばします。

そして、頭皮の表面に薄くつけることがポイントです。

ワセリンは、頭皮の奥へと入っていく心配がなく、3日間ぐらいで新陳代謝とともにアカとなってなくなります。

次に、すぐできる対処方法としては、シャンプーを変えることです。

シャンプーによっては、頭皮のたんぱく質を溶かしてしまい、皮脂を過剰に奪うことがあります。

その結果、頭皮のバリア機能が低下してしまい、フケなどの頭皮トラブルが起きやすくなるのです。

しかし、フケの異常を感じるときには、皮膚炎を起こしている可能性があります。

セルフケアをしても治らない場合は、迷わず皮膚科へ行くようにして下さい。

正常な頭皮であればフケが適度に存在します

私たちの体の皮膚や頭皮は、約28日間で新しい皮膚へと生まれ替わっています。

一般的に、このサイクルを「ターンオーバー」といいます。

では、もう少し具体的にみていきましょう。

皮膚の一番表面にある「角質細胞」は、古くなった細胞からできています。

この角質細胞は、化学物質や細菌が体内へ入れないようにしたり、水分を蒸発させないようにしたりとバリア機能を担っています。

やがて、この角質細胞も2日から5日後に自然とはがれ落ち、再び新しい角質細胞へと入れ替わります。

このとき、古くなってはがれ落ちた角質細胞がいわゆる「フケ」です。

体ならば「アカ」ともいいます。

つまり、フケは正常な頭皮であれば適度に存在するものということです。

多少のフケならば、神経質になる必要はありません。

頭皮がシャンプーを異物と判断する場合があります


「急にフケが発生する」「かゆみがある」という場合は、使用したシャンプーが肌に合っていない可能性があります。

すぐに、使用を中止しましょう。

肌に合わないシャンプーを使うと、頭皮はそれを異物と判断し、外へ出そうとして炎症を起こします。

その後、炎症が起きた部分を修復するため、頭皮の下では急いで新しい細胞をつくり出します。

そうしてできた新しい細胞は、皮膚の一番上にある炎症部分にたどりつくため、古くなった細胞をどんどん押し上げていきます。

その結果、頭皮の表面にある古い角質がどんどんはがれ落ちて、大量のフケが出るというわけです。

頭皮にはフケが適度に存在するのが正常ですが、大量のフケは頭皮にとって悪影響です。

シャンプーに違和感を覚えるときは、洗浄力の弱く、頭皮に優しいアミノ酸系シャンプーを使って様子をみましょう。

生活習慣を改善しても、異常なフケが出るときは皮膚科へ

フケが大量に発生する場合は「食生活」「睡眠」「ストレス」「運動不足」などさまざまな生活習慣が関係しています。

たとえば、肉類など脂肪の多い食品を多めに取れば、皮脂が過剰に分泌され、頭皮の働きを低下させる恐れがあります。

また、運動不足から血行不良が起これば、頭皮環境を悪化させてしまいます。

まずは、生活習慣を改善してみましょう。

それでも、「肩が真っ白くなるような大量のフケ」「脂っぽくベタつくフケ」「ニオイがあるフケ」などが出る場合は明らかに異常なフケです。

何らかの原因で、皮膚炎を起こしている可能性があります。

迷わず、皮膚科へ行きましょう。

フケの治療で皮膚科に行けば、保険も適応されます。

脂漏性皮膚炎

よく知られている皮膚炎に「脂漏性皮膚炎」という症状があります。

原因は、「男性ホルモンによる皮脂の過剰分泌」「マラセチアというカビによるもの」「体質」などがあります。

脂漏性皮膚炎になると、脂っぽい大きめのフケが出たり、頭皮が赤くなったりする症状が発生します。

(まとめ)パラパラと落ちるフケを1日で治す方法はありますか?

1. 1日で治すのは難しいですが、急なフケには頭皮にワセリンを

フケを治すには、シャンプー剤、洗い方、生活習慣などの改善が求められ時間がかかります。

そこで急なフケの対処法として「白色ワセリン」がおすすめです。

使うときは、米粒くらいの少量のワセリンを両手で伸ばし、頭皮の表面に薄くつけます。

2. 正常な頭皮であればフケが適度に存在します

皮膚の表面にある角質細胞は、古くなった細胞からできています。

この角質細胞はバリア機能がありますが、時間がたつとはがれ落ち、新しい角質細胞へと入れ替わります。

このとき、はがれ落ちた角質細胞を「フケ」と呼び、誰にでも存在するものです。

3. 頭皮がシャンプーを異物と判断する場合があります

肌に合わないシャンプーを使うと、頭皮が炎症を起こします。

すると、炎症を起こした部分を修復するため、急いで新しい細胞をつくることになり、頭皮の表面では古い角質がどんどんはがれ落ちていきます。

これが、フケの大量発生につながります。

4. 生活習慣を改善しても、異常なフケが出るときは皮膚科へ

フケが大量に発生する場合は「食生活」「睡眠」「ストレス」「運動不足」などが関係しているため、生活習慣を改善してみましょう。

それでも、症状が治まらないときは、皮膚炎を起こしている可能性があります。

迷わず、皮膚科へ行きましょう。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む