冬は乾燥が気になる季節。肌はもちろん、頭皮も乾燥してしまいます。また、頭皮の乾燥によって「フケ」が気になる女性も多いのではないでしょうか。今回は、冬になるとフケがでる原因や、冬に発生しやすいフケの特徴、家でも簡単にできる対策をご紹介します。

冬になると「フケ」がでる原因とは?

冬にフケが発生するのはなぜでしょう?
考えられる原因を解説します。

・紫外線のダメージ
・空気の乾燥
・気候の変化
・食生活の乱れ
・間違った洗髪方法
紫外線のダメージ

頭皮は直接、太陽からの日射しを浴びやすく、紫外線のダメージを受けやすい場所です。
この紫外線からの刺激で頭皮が乾燥すると、かゆみも発生します。
さらに爪などでかいてしまうと皮膚に刺激が加わり、角質層がはがれフケに繋がってしまうのです。

空気の乾燥

冬の寒さで、空気がカラカラに乾燥している…喉が痛いなど感じることはありませんか。
こういった環境では、体の皮膚だけでなく、頭皮も乾燥しやすくなります。
これが乾燥フケに繋がるのです。

気候の変化

湿度の高い夏から、湿度が低く乾燥した秋、冬への気候の変化によって、頭皮のターンオーバーのリズムが崩れ、フケやかゆみの症状が出ることがあります。
夏のダメージと気候の急激な変化が重なる秋は、ぜひ頭皮ケアにも力をいれていきましょう。

食生活の乱れ

食事の栄養バランスがとれていないと、頭皮も栄養不足になり、髪も育たなくなってしまいます。
髪や頭皮の健康を守るために、細胞の機能を活性化させてくれるビタミンは必須です。
特にビタミンA不足で、皮脂腺や汗腺が萎縮して、頭皮の乾燥に繋がってしまうため、注意しましょう。

間違った洗髪方法

洗髪のしすぎが、頭皮の乾燥に繋がることも。
また洗浄力の強いシャンプーを使って爪を立てて洗うと、必要な皮脂まで落としてしまい、頭皮を外部の刺激にさらしてしまいます。

≫正しい洗髪方法を
詳しく知りたい方はこちら≪

冬になると発生しやすい「乾燥フケ」の正体とは?

冬に発生しやすい「乾燥フケ」の正体は、乾燥の原因などで剥がれ落ちた角質です。
そもそもフケとは、皮膚の新陳代謝によって古い角質がはがれ落ちたもの。

また、フケには大きく分けて「乾性フケ」と「脂性フケ」の2種類があります。

乾燥フケの特徴

乾性フケは、白く細かく、パラパラとしていているのが特徴です。
肩の部分にフケが粉のように落ちていることはありませんか。軽いので、払うと簡単にすぐ落ちます。
特に空気が乾燥する冬場は、この乾燥フケが発生しやすくなります。

一方、脂性フケは、頭皮がベタつき脂っぽく夏に多いフケで、触るとベタっとして、大きさも乾燥フケに比べて大きいことが多いです。
どちらのフケも、汚れや皮脂をエサにしている細菌を増やします。

しかし、細菌が増える原因は汚れや皮脂だけではなく、「食生活」「睡眠不足」「ストレス」「喫煙」などが大きく関係しています。
まずは、生活習慣を改善してみましょう。
それでも、フケが改善しない場合は迷わず皮膚科を受診することをおすすめします。

≫年中起こるフケの
基本対策・原因を知りたい方はこちら≪

秋から実践できる!冬の「乾燥フケ」対策ポイント5つ

具体的に誰でも実践できる、冬のフケ対策を解説します。
秋から対策を行っておくと、効果的ですよ。

・バランスの良い食事
・良質な睡眠の確保
・冷え対策
・頭皮の洗髪とシャンプー
・頭皮の保湿
バランスの良い食事

気温や湿度が下がり始める秋には、体調を崩しがち。意識して温かいものを摂取するように心掛けましょう。

頭皮や髪の主成分となる「たんぱく質」「鉄」「亜鉛」などバランスよく取り入れて、食事を作るとよいでしょう。
緑黄色野菜や、レバーに多く含まれるビタミンAも乾燥を防ぐ効果がありますよ。

また、女性ホルモンを整える食べ物は、髪と頭皮の健康を守り、頭皮トラブル改善につながります。代表的なものとしては、大豆イソフラボンが有名です。体のためにも積極的に取り入れたいですね。

これらの栄養素を食事でとることが難しい場合には、サプリメントで補う方法も検討しましょう。

≫女性の髪と頭皮環境を整える
オススメの食べ物≪

良質な睡眠の確保

季節の変わり目は、頭皮に限らず体全体の負担も大きくなります。
体調を整えるには、やはり睡眠が効果的です。
できるだけ7時間以上の睡眠時間を確保するようにし、日々の疲れとともに、夏の疲れをしっかりと修復しましょう。

冷え対策

体を冷やすと血流が滞り、頭皮環境を悪化させる原因になります。
冷えを防ぐために、週2回程度のウォーキングを取り入れると良いでしょう。
運動で筋肉量を増やすと、冷えにくい体質になりますよ。

また、シャワーだけでなく湯船につかって体を温める習慣もつけましょう。

頭皮の洗髪とシャンプー

夏の終わりから秋頃には、頭皮の洗浄と保湿を集中しておこないましょう。
皮脂による毛穴のつまりを取り除き、頭皮環境を整えるヘッドスパに行くのもよいですね。自宅でもできるスカルプクレンジングも手軽に行えるので、おすすめです。

夏限定商品などの、洗浄力や清涼感の高いシャンプーを使っているという人は、秋冬に向けて、保湿力重視のシャンプーに切り替えることも必要です。
頭皮をしっかり洗えるスカルプケアシャンプーに、保湿効果を含む商品も登場していますよ。季節に合ったシャンプーを使用し、頭皮環境を整えましょう。

頭皮の保湿

頭皮乾燥が気になる場合は、頭皮用のローションなどで保湿しましょう。
特にシャンプーした後、そのまま放置すると、保湿成分が蒸発して頭皮が乾燥してしまいます。
顔や肌のお手入れと同様に、頭皮の保湿ケアも怠らないことが大切です。

また紫外線を受けることでも、頭皮は乾燥してしまいます。対策として、帽子や紫外線止めスプレーを活用して、頭皮の日焼けケアも忘れずにおこないましょう。

冬の「乾燥フケ」を抑える!女性におすすめのヘアケア用品

秋から使い始めると効果的な、髪と頭皮に潤いを与える、おすすめのヘアケア商品をご紹介します。

スカルプD ボーテ 薬用スカルプシャンプー モイスト [医薬部外品]

女性の頭皮環境に合わせた潤い成分を配合したスカルプシャンプーです。女性が頭皮の悩みとして多く挙げるのが「ニオイ・ベタつき・フケ・かゆみ」。
天然植物由来の頭皮ケア成分をはじめ、配合されている有効成分が、これらの頭皮トラブルを解消するサポートをしてくれるでしょう。
またモイストタイプは、保湿成分(シロキクラゲ多糖体)が配合されていて、乾燥しがちな秋冬の季節にピッタリ。しなやかでまとまりのある髪へ導くことが期待できますね。

≫商品の詳細ページ≪

スカルプD ボーテ モイスチャーヘアミルク

就寝前やお出かけ前に使えるモイスチャーヘアミルク。
UVプロテクト成分(保湿成分)が配合されていますから、お出かけ前に使うことで、紫外線から髪を守ってくれますよ。それと同時に、一日中まとまるツヤ髪に導くこともできるでしょう。
また、ヒートプロテクト成分がドライヤーの熱から髪と頭皮をしっかり保護してくれます。さまざまなシーンで使えるため、使い勝手がよいですね。

もちろん髪と頭皮をいたわる保湿成分もたっぷり!乾燥が気になるこれからの季節に、ぜひ取り入れたいアイテムです。

≫商品の詳細ページ≪

冬場の「乾燥フケ」は、頭皮の保湿と生活習慣の見直しで改善できる

冬になるとフケがでるのは、食生活の乱れ、誤ったヘアケアの仕方など様々な理由からくる乾燥が原因です。

また、冬に発生しやすい「乾燥フケ」は、頭皮の刺激にならない生活習慣や、毎日のヘアケアを見直すだけで改善できますから、今すぐ実践しましょう。
頭皮の乾燥やフケが気になる方は、まずは日頃のヘアケア用品から見直してみるのもおすすめですよ。

≫女性の頭皮と髪をケアする
おすすめのヘアケア用品≪

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む