頭皮のかゆみが気になる時は、シャンプーを変えてみましょう


頭皮のかゆみが気になる時、原因を探すにあたっていくつかのチェックポイントがあります。

かゆみの原因は、頭皮の乾燥、皮脂の過剰分泌、頭皮の血行不良、頭皮の病気などが一般的ですよね。

これらの部分はご自身で気がついて対策をする方が多いのですが、1つ忘れられがちなのがシャンプーの種類。

多くの方は「ずっと同じブランドのものを使用しているのだから問題ない」と考えがちなようです。

でも、年齢を重ねて体が変化していくように、頭皮も、年齢と共に変化していきます。

それまでは大丈夫でも、加齢や体調の変化などが原因となって突然、合わなくなってしまうケースもあるのです。

そんな時は症状に合わせてシャンプーを変えてみると良いかもしれません。

かゆみが気になる時は、頭皮が炎症をおこしています

頭皮のかゆみが気になる時は、炎症をおこしている可能性が高いです。

頭皮がかゆくなる理由は人それぞれですが、「乾燥」「皮脂の過剰分泌」「頭皮の血行不良」が原因として多いのではないでしょうか。

どれも初期の段階ならセルフケアで対応が可能ですので、原因の見極めと対策が重要になります。

乾燥・頭皮の血行不良

乾燥や頭皮の血行不良は、保湿やマッサージなどが効果的です。

シャンプーの際は、お湯の温度を38度程度とぬるめにし、すすぎをしっかり行うことが重要です。

皮脂の過剰分泌

皮脂が過剰分泌される原因は、過度のストレス、睡眠不足、食生活の乱れ、ホルモンバランスの乱れなどが多いようです。

生活サイクルを見直したり、こまめなストレス発散を心がけたりしてください。

とくに、ジャンクフードや揚げ物など脂質が多い食事を好む方は、皮脂の過剰分泌がおきやすい傾向にあります。

「ずっと使っているから」は、大丈夫な理由になりません


乾燥や、皮脂の過剰分泌などに気をつけていても、かゆみが改善されないことがあります。

そのような時、もしかしたら普段使っているシャンプーが原因になっているかもしれません。

シャンプーは、比較的同じブランドのものを使い続けているという方も多いですよね。

そのため「昔からずっと使っているから、きっと問題がない」などと考えてしまいがちです。

しかし、年齢やその時の頭皮の状態によって突然シャンプーが合わなくなってしまうというケースも多いのです。

年齢と共に、体質や肌質は変化していきますし、その時の体調も影響します。

若い頃は皮脂分泌が多めだったから問題がなかったようなシャンプーも、年を重ねて肌の乾燥が気になるようになってくると炎症の原因になりえるのです。

年齢に合わせて化粧品を変えるように、シャンプーも、頭皮の状態に合わせて見直していくことをお薦めします。

頭皮の状況に合わせた適切なシャンプーを選びましょう

かゆみやフケといった頭皮トラブルは、シャンプーが原因になっていることがあります。

そのため、自分の頭皮の状態に合わせたシャンプーを選ぶことも重要です。

選ぶ際に注意したい点は、どのような洗浄剤(界面活性剤)が使用されているかという部分です。

高級アルコール系界面活性剤

鉱物油や植物性油脂などを化学合成して作られています。

ドラッグストアーやスーパーに並ぶシャンプーの多くは、この高級アルコール系です。

成分表に「ラウリル硫酸ナトリウム」「ラウレス硫酸ナトリウム」「ラウレス硫酸アンモニウム」など「硫酸」という文字が含まれています。

泡立ちがよく洗浄力が高いため、脂性の方や、汗を多くかく方に良い反面、刺激が強いので乾燥肌や敏感肌の方にはお薦めできません。

石鹸系界面活性剤

ヤシ油などの天然油脂または脂肪酸ナトリウムなどから作られており、石鹸素地と表記されている場合もあります。

頭皮への刺激は弱いのですが、洗浄力は高めです。

ただし、髪のパサツキやキシミが気になる方もいるようです。

アミノ酸系界面活性剤

合成または天然のアミノ酸から作られており、成分表には「ラウロイルメチルタウリンNa」「ココイルメチルタウリンNa」「ラウロイルメチルアラニンNa」などと表記されています。

洗浄力は低めですが低刺激のため、敏感肌の方や、既に炎症をおこしている方でも使用が可能。

弱酸性なので、髪のキシミがないことも特徴です。

(まとめ)頭皮がかゆい!ずっと同じシャンプーを使っていて大丈夫?

1. 頭皮のかゆみが気になる時は、シャンプーを変えてみましょう

頭皮のかゆみは、乾燥、皮脂の過剰、血行不良が原因になっていることが一般的です。

しかし、まれにシャンプーが合わなくて炎症をおこしている時があるので、体調や肌コンディションに合わせて見直しをしましょう。

2. かゆみが気になる時は、頭皮が炎症をおこしています

かゆみが気になる時、頭皮が炎症をおこしている可能性が高いです。

乾燥や血行不良が原因の場合は保湿やマッサージ、皮脂の過剰分泌の場合は食生活や睡眠などを見直すことで改善されることがあります。

3. 「ずっと使っているから」は、大丈夫な理由になりません

肌は年齢やその時の体調によって異なります。

ずっと同じシャンプーだからといって安心していてはいけません。

同じシャンプーを使い続けていても、シャンプーが原因でかゆみがおきてしまうことがあります。

4. 頭皮の状況に合わせた適切なシャンプーを選びましょう

シャンプーは洗浄成分である界面活性剤の種類によって、洗浄力や頭皮への刺激が異なります。

かゆみが気になる時は洗浄成分が穏やかで、刺激が少ないアミノ酸系のシャンプーに変えてみることがお薦めです。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む